不動産屋 断り方

不動産売却をすると、複数社に査定依頼したときや、売却依頼していた不動産会社の対応が気に入らなくて他社に乗り換えるときなど、どうしても断らないといけない状況になることがあります。

誰しも断るのは苦手だと思いますが、断らないといつまでも営業電話がかかってきたり、買主を探し続けてしまったりしますので、必ず連絡しなければなりません。

キャラ

この記事では、「不動産屋の正しい断り方」から「不動産屋と直接話さずに断る方法」について紹介していきます。

不動産屋の正しい断り方

不動産屋の正しい断り方の画像

不動産屋に断りの連絡を入れる際、「なんて言って断れば角が立たないかな」「連絡を断ったら察してくれるかな」と考える人も多いと思います。

断るのが苦手な人がほとんどだと思いますので、そのように考えるのも仕方ないかもしれませんが、断る理由を偽ったり、音信不通になったりするのは賢明ではありません。

不動産屋への正しい断り方は、以下のとおりです。

  • 断る理由は正直に話す
  • なるべく早く断る
  • 連絡方法はメールでもよい

断る理由は正直に話す

断る理由は、偽らずに正直に話したほうがスムーズです。

ただし詳細まで説明する必要はなく、簡潔に伝えましょう。

たとえば他社に依頼したのであれば、他社に依頼したことだけを伝え、会社名や査定額は言わなくても良いということです。

中には、「売却するのをやめました」などと嘘をつく人もいますが、売却活動を始めれば物件情報は全国の不動産会社に共有されるため、すぐにバレてしまいます。

買主は売却依頼した不動産会社が見つけてきてくれるとは限らず、他社から紹介された買主と契約を交わすケースも少なくありません。

断った不動産会社が見つけてきた買主と、売買契約を締結する可能性があるということです。

しかし断るときにその場しのぎの嘘をついたり、誠意のない断り方をすると、不動産屋も人間ですので、物件にぴったり合う買主がいても紹介してくれないかもしれません。

不動産会社に断りの連絡をするときは、感謝の言葉を添えつつ、正直かつ簡潔に断ることをおすすめします。

なるべく早く断る

断ることが決定したら、なるべく早く断りましょう。

しっかりと断らないと、いつまでも営業電話がかかってきたり、買主を探し続けられてしまったりします。

断ることが決まると不動産屋からの連絡が煩わしく感じるかもしれませんが、見込み客に営業電話をかけることも、買主を探すことも、不動産屋の仕事です。

不動産屋は仕事を全うしているだけであって、売主にその気がないのであれば、はっきりと断ったほうがお互いのために良いと思います。

売主はしつこい勧誘を受けて不快な思いをしなくて済みますし、不動産屋は違う物件に使える時間が増えます。

断ることが決まったら、いつまでも営業電話を受けないためにも、不動産屋に無駄な仕事をさせないためにも、なるべく早く断りの連絡を入れましょう。

連絡方法はメールでもよい

不動産屋への連絡方法は、メールでも問題ありません。

営業マンからもらった名刺にメールアドレスが載っていると思いますので、そちらにメッセージを送ってください。

わざわざ事務所に出向いたり、電話をしたりする必要がないため、断るのが苦手という人でも気が楽なのではないでしょうか。

不動産屋は断られることに慣れている

不動産屋は断られることに慣れている

不動産屋は売主から断られることに慣れているため、必要以上に気を遣ったり、労力を費やす必要はありません。

売主からすると、査定してもらったり、熱心に働いてくれたりした不動産屋に断りの連絡を入れるのは躊躇すると思います。

確かに、不動産業界は成功報酬のため、買主を見つけてきてくれた不動産屋以外はタダ働きということになってしまいます。

しかし不動産業界とはそういうものであり、不動産屋もしっかりと理解しているため、売主が必要以上に考えることはありません。

上述で紹介した断り方を参考に、誠意を持って断れば、後腐れなく売却活動を進めることができると思います。

不動産屋への間違った断り方

不動産屋への間違った断り方

不動産屋に断るときに、電話を無視したり、悪口を言って断ったりすることは賢明ではありません。

電話を無視する

不動産屋に断るのが嫌だからといって電話を無視する人がいますが、問題を先延ばしにするだけであり、賢明な判断ではありません。

不動産屋の見込み客リストに載っている限り、いつまでも営業電話を受けてしまうからです。

営業マンに無駄な労力を使わせないためにも、断るのであればはっきりと、そしてなるべく早く断りましょう。

一度断ってしまえば、しつこく営業電話をかけてくることはよっぽどありませんので、後回しにせずに早く終わらせてしまったほうが精神衛生上良いと思います。

悪口を言って断る

不動産屋に不満があって他社に乗り換える場合、最後だからと悪口を絡めて断る人がいますが、これも賢明ではありません。

不動産売却では、売却依頼した不動産屋が買主を見つけてきてくれるとは限らないからです。

もしかすると、断った不動産屋が買主を見つけて紹介してくれる可能性があります。

断った不動産屋にとっても物件の紹介料として買主から仲介手数料を受け取れるというメリットはありますが、断るときに関係を悪くしてしまうと気まずさから紹介してもらうことができず、売却チャンスを逃してしまうかもしれません。

不満をぶつけたいという気持ちも分かりますが、依頼を取り下げたい旨を伝えるだけにしておきましょう。

不動産屋と直接話さずに断る方法

不動産屋と直接話さずに断る方法

どうしても自分で断るのは気が重いという人は、不動産一括査定サイトのイエイを利用すれば、代わりに断ってもらうことができるので、チェックしてみてください。

不動産一括査定サイトとは、ネット上で物件情報を入力するだけで複数の不動産会社にまとめて査定依頼できるサービスで、利便性の高さから利用者が急増しているため、知っている人も多いのではないでしょうか。

イエイは断るのが苦手な人のために、独自のサービスとして「お断り代行サービス」をおこなっています。

イエイを通して査定依頼した不動産会社でなければ代行してもらえないのでは、と思われるかもしれませんが、お断り代行サービスではイエイと提携していない不動産会社への連絡も代行してくれます。

売主自身で見つけた不動産会社であっても、もっと他に良い会社があるのではないかと感じていたり、対応が悪くて断りたいのであれば、イエイを利用することでストレスなく乗り換えられるでしょう。

管理人からの一言「不動産屋の断り方の基本は正直かつ迅速に」

不動産屋への正しい断り方をまとめると、正直かつ迅速に、感謝の言葉を添えつつ断るということになります。

嘘をついたり、悪口を言ったりして、わざわざ関係性を悪くすることはありません。

不動産売却を最後まで気持ち良く終わらせるためには、多少嫌な不動産屋に当たったとしても、優秀な不動産屋を判断する目を養えたと思ってスルーしましょう。

イエイで一括査定したら410万円も高くなった

管理人がイエイで一括査定してみたところ、大手不動産会社より410万円も高い査定額をだしてもらえました。

イエイはお断り代行サービスがあるので、営業電話を断るのが苦手という人も心配ありません。

物件情報を入力するだけの簡単査定で、すぐに査定額が分かるのもイエイを利用するメリットです。