マンションを購入した後にすぐに転勤が決まってしまった、という人も少なくありません。

家族を残して単身赴任するケースもあれば、転勤している間だけ賃貸にするケース、きれいさっぱり売却して赴任先にいくケースもあると思います。

今回は、転勤によってマンションを売却することにしたケースに焦点を当てて解説していきますので、参考にしてください。

この記事では、「転勤によるマンション売却の流れ」から「転勤時のマンション売却を成功させるコツ」、「転勤時のマンション売却で損をすることはあるのか」について紹介していきます。

転勤によるマンション売却の流れ

転勤でマンションを売却する

転勤が決まり、マンションを売却することにしたときの流れは、以下のとおりです。

  1. 売却スケジュールを確認する
  2. 住宅ローン残債を確認する
  3. マンションがいくらで売れるか調べる
  4. 営業力のある不動産会社に売却依頼する
  5. 売却活動をおこなう
  6. 買い手が見つかったら売買契約を締結する
  7. マンションを引き渡す

マンションを売却することにした場合、まずは住宅ローン残債とマンションの価値を調べます。

マンションの価値より住宅ローン残債のほうが高ければ、預貯金を返済に充てて住宅ローンを完済させる必要がありますので注意してください。

転勤時のマンション売却では売却期間が重要になりますので、いつまでに売却しなければならないのかを明確にし、それまでに売却してくれる営業力のある不動産会社に売却依頼しましょう。

マンション売却の流れについてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却の流れや売る時に失敗しないための注意点を解説!

マンションの売却の流れや気をつけるポイントなど簡単ステップで解説しています。初めてマンションを売るときに知っておきたい注意点や少しでも高く売るコツを、管理人の体験談も踏まえて分かりやすく解説します。

転勤時のマンション売却を成功させるコツ

転勤時のマンション売却を成功させるコツ

転勤時のマンション売却を成功させるコツは、以下のとおりです。

  • 転勤後でも安心して任せられる不動産業者を選ぶ
  • リフォームしてきれいにする

転勤後でも安心して任せられる不動産業者を選ぶ

転勤が決まると、赴任日までにマンションを売却するために動き出すと思いますが、赴任日までに売却が間に合わないことも少なくありません。

あらかじめ不動産業者に売却を依頼しておけば、売主が赴任先へいってからも売却活動を続けてもらえます。

ただし赴任先からでは不動産業者の動きが分かりづらくなりますので、信頼できる不動産業者選びが重要です。

また転勤後は不動産業者を変更することが難しくなるため、「頼りないな」と感じたら転勤前に見切りをつけましょう。

業者選びには不動産一括査定サイトがおすすめ

信頼できる不動産会社を見つけるためには、何社かを比較することが大切です。

「転勤前で時間的余裕がないから比較するのは難しい」という人もいるかもしれませんが、不動産一括査定サイトを利用すれば、ネット上で一度、物件情報を入力するだけで複数の不動産会社にまとめて査定依頼できます。

一括査定サイトの画像

最近、利用者が急増したことから知名度が上がったため、知っている人も多いのではないでしょうか。

営業力のない不動産会社を選んでしまうと、安く売られてしまったり、売れ残ってしまったりしますので、転勤前で時間がないからといって業者選びは妥協するべきではありません。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたいという人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

リフォームして物件をきれいにする

リフォームして物件をきれいにすることで、買い手からの印象が良くなり、高く、そして早く売却することができます。

売却できるまで住宅ローンや管理費、また修繕積立金を支払わなければならないことを考えると、多少のリフォーム代をかけても早く売れたほうが得です。

リフォームでとにかく綺麗にしよう、という感覚でやってしまうと、1,000万円かけたのに300万円しか高く売れなかった、という状態に陥るリスクがあります。

またリフォームすることを前提に中古マンションを購入する人も多いので、大々的なリフォームは必要はありませんし、タイムリミットがあるので大きなリフォームをしている時間的余裕もないと思います。

買い手の購入意欲が下がらないように最低限の修復は大切ですが、必要以上やりすぎないように注意しましょう。

転勤時のマンション売却で損をすることはある?

転勤時のマンション売却で損をすることはある?

転勤によるマンション売却で、損をすることはないのでしょうか。

基本的に住まない不動産を所有し続けることにメリットはないため、売却するのが最善の方法です。

しかし以下のケースについては、マンションを売却することで損をする可能性がありますので注意してください。

所有期間5年以内のマンションを売却すると税金が高い

マンションを売却したことによって生じた所得は、譲渡所得として税金がかかります。

譲渡所得によってかかる税金額は、マンションの所有期間が5年を超えるかどうかによって異なり、5年以内に売却する場合、5年を超えて売却するよりも2倍高くなります。

またマンションを売却して譲渡損失がでた場合に、所有期間が5年超の場合にのみ受けられる控除もあるので、所有期間が5年以内のマンションを売却すると損をしてしまうケースがあるかもしれません。

ただし売却価格が3,000万円以下であれば、「3,000万円の特別控除」によって税金はかからないため、マンション売却で損をするかどうか知るためには、まずは売却価格がいくらになるのか調べる必要があります。

マンションの価値を知るためだけに不動産会社に査定依頼するのは気が引けると思いますが、一括査定サイトのイエウールは、値段を知りたいだけという人でも利用できるのでおすすめです。

クレームに厳しいため、不動産会社からしつこく勧誘を受けることもありません。

3,000万円の特別控除…居住用財産を譲渡して譲渡益が生じた場合、譲渡所得の金額から最高3,000万円を控除することができる制度

赴任期間が短ければ、賃貸や空き家にすることを考える

赴任期間が1年以内と短く、帰ってくる予定があるのであれば、マンションを売却せずに賃貸や空き家にすることを考えても良いかもしれません。

ただしマンションを賃貸にすることには借主とのトラブルやマンションが劣化するというデメリットがありますし、空き家にすると家は急速に痛んでいきますので、誰かにメンテナンスをお願いする必要が出てきます。

賃貸や空き家にすることを検討する前に、それぞれのデメリットについて理解したうえでマンションの行く末を決めてください。

転勤時にマンションを賃貸や空き家にするメリットとデメリットについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

海外赴任・転勤になったらマンションはどうする?売るべき?貸すべき?

海外赴任のとき購入したマンションはどうする?売却?賃貸?空き家なら電気は必要ない?この記事では海外転勤で持ち家を貸すときの税金や固定資産税の納め方についても紹介しています。

マンション売却は転勤後でも大丈夫?転勤後に売却するメリットは?

転勤後にマンションを売却するメリット

なるべく転勤前にマンションを売却してしまいたいのが本音ですが、必ずしも転勤前に売却しなければならない訳ではなく、転勤後にマンションを売却することにもメリットはあります。

転勤後にマンション売却をするメリットは、以下のとおりです。

  • 内覧会が成功しやすい
  • 価格が下がりにくい

内覧会が成功しやすい

転勤前に売却する場合、所有者がマンションに住んでいる状態で購入希望者に内覧してもらうことになります。

その際、あまりにも生活感のある部屋だと購入希望者からの印象が悪く、なかなか売却が決まらなかったり、価格が下がってしまったりするデメリットがあります。

転勤後であれば所有者の引っ越しは済んでおり、マンションは綺麗に片付いている状態なので、購入希望者に住んでからのイメージをさせやすくなり、売却が決まる可能性が高くなるのです。

価格が下がりにくい

転勤するまでにマンションを絶対に売る、とタイムリミットを決めてしまうと、どうしても売却価格が安くなりがちです。

転勤後であれば売却期間にこだわる必要がなく、価格が下がることはないので、その後の生活資金をできるだけ多く残すことができます。

住宅ローンや管理費などの支払いはマンションを所有している限り続くため、赴任先で住む家の家賃と支払いが重なり、金銭的負担が大きくなるという点には注意が必要です。

時間に余裕を持たせることでマンションが高く売れれば、そのぶん精算できるかもしれませんが、一時的な支払いも難しいのであれば、やはり転勤前に売却する必要があります。

転勤前にマンションを売りたい!とにかく早く売却する方法

転勤前に売りたい!とにかく早く売却する方法

住宅ローンと家賃が二重になることや、資産計画が立てづらいなどの理由から、転勤前にマンションを売りたい人も多いと思います。

タイムリミットがあり、とにかく早く売りたい場合の売却方法について、紹介していきます。

不動産会社の査定額より2割安く売る

価格を安くすれば買い手が現れやすくなりますので、とにかくマンションを早く売りたい場合は、不動産会社が提示する査定額より2割安い金額で売り出すと良いでしょう。

大切なマンションを安く売ることは不本意かもしれませんが、転勤までにというタイムリミットがある場合、仕方ありません。

ただし不動産会社に早く売りたいことを伝えてあった場合、それを考慮したうえで相場より安く見積もられている可能性がありますので注意してください。

不動産業者の買取サービスを利用する

通常、マンション売却にかかる期間は3ヶ月ほどです。

赴任日までに時間的余裕がなく、売却に3ヶ月かけることができない場合、不動産業者の買取サービスを利用すると良いと思います。

人気エリアの物件は割高で買い取ってくれるケースもありますが、基本的には相場の7割程度になってしまうという点には注意してください。

また買取サービスは、資金力のある不動産会社のみ提供しているサービスのため、買取サービスをおこなっている不動産業者を探す必要があります。

買取サービスを利用すれば約1週間で現金化できるため、売却価格が安くなってしまっても、とにかく早く売りたいという人は、利用すると良いでしょう。

買取サービスについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションの「買取」は損をするって本当?高く買い取ってもらうコツは?

マンションの買取は損をするって本当?この記事では、買取保証についてや買取のメリット・デメリット、高く買い取ってもらうコツについても紹介しています。手軽だからといって安易に買取を選択してしまうと、思わぬ不利益を被るかもしれません。

知り合いに買ってもらう

知り合いにマンションを購入してくれる人がいれば、買い手を探す手間が省けるため、すぐに現金化することができます。

お互い相手のことがわかっているため取引もスムーズにいくケースが多く、仲介業者抜きで売買されることも多く、仲介手数料を節約できるというメリットもあります。

ただし名義変更の手続きは少し複雑になりますので、司法書士に代行してもらったほうが良いと思います。

また知人だとしても、領収書なしの取引は問題が起こりやすいため、売買代金を受け取った際には必ず発行してください。

知人へのマンション売却について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

友人や知人にマンションを売ると関係に亀裂が入る?口約束は厳禁

友人や知人にマンションを売る方法と注意点を解説しています。知り合いに不動産を売却するときのトラブル回避のコツについても紹介していますので参考にしてください。仲介手数料を節約したいからといって個人的に取引をおこなうと、友人との関係に亀裂が入りかねません。

管理人からの一言「転勤時のマンション売却では良質な不動産会社を選ぶことが重要」

不動産会社の腕次第で、マンションが早く売れるか、売れ残るか決まるといっても過言ではありません。

時間に制限のある転勤時のマンション売却は、信頼できる不動産会社選びが最も重要であるということです。

たとえ赴任日までの期間が短く、売却が間に合わなかったとしても、信頼できる不動産会社であれば、安心して赴任先へ向かうことができます。

信頼できる不動産会社かどうかを見極める最大のポイントは、最初から一社に頼るのではなく、複数の不動産会社を比較することです。

ただし不動産会社を一社一社まわることは、時間があまりない転勤時において賢いやり方とはいえません。

効率的に不動産会社を比較できる一括査定サイトを利用し、信頼できる不動産会社に最短で出会いましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。