マンション購入後に転勤が決まり、泣く泣く売却することにした、という人も多いと思います。

転勤時のマンション売却では、赴任日までに売れるのか気になりますよね。

キャラ

この記事ではマンションを早く売却することに焦点を当て、「転勤時のマンション売却で気をつけること」から「転勤前にマンションを売るコツ」について紹介していきます。

転勤後でも安心して任せられる不動産業者を選ぶ

転勤でマンションを売却する

転勤が決まると、赴任日までにマンションを売却するために動き出すと思いますが、赴任日までに売却が間に合わないことも少なくありません。

あらかじめ不動産業者に売却を依頼しておけば、売主が赴任先へいってからも売却活動を続けてもらえます。

ただし赴任先からでは不動産業者の動きが分かりづらくなりますので、信頼できる不動産業者選びが重要です。

また転勤後は不動産業者を変更することが難しくなるため、「頼りないな」と感じたら転勤前に見切りをつけましょう。

転勤後にマンションを売却するメリット

なるべく転勤前にマンションを売却してしまいたいのが本音ですが、転勤後にマンションを売却することにもメリットはあります。

内覧会が成功しやすい

転勤前に売却する場合、所有者がマンションに住んでいる状態で購入希望者に内覧してもらうことになります。

その際、あまりにも生活感のある部屋だと購入希望者からの印象が悪く、なかなか売却が決まらなかったり、価格が下がってしまったりするデメリットがあります。

転勤後であれば所有者の引っ越しは済んでおり、マンションは綺麗に片付いている状態なので、購入希望者に住んでからのイメージをさせやすくなり、売却が決まる可能性が高くなるのです。

価格が下がりにくい

転勤するまでにマンションを絶対に売る、とタイムリミットを決めてしまうと、どうしても売却価格が安くなりがちです。

転勤後まで売却期間と考える余裕があれば、売却価格が下がることはないので、その後の生活資金にすることもできるでしょう。

マンションが売却できるまで住宅ローンを支払わなければいけませんので、赴任先の家賃と二重で支払うこととなり、負担が大きくなります。

時間に余裕を持たせたことでマンションが高く売れれば、そのぶんを精算できるかもしれませんが、一時的にでも二重で支払うのが難しいのであれば、やはり転勤前に売却しなければなりません。

転勤前にマンションを売るコツ

転勤前にマンションを売るコツ

住宅ローンと家賃が二重になることや、資産計画が立てづらいなどの理由から、転勤前にマンションを売りたい人も多いと思います。

タイムリミットがあり、とにかく早く売りたい場合の売却方法について、紹介していきます。

リフォームしてきれいにする

きれいな家は早く売れます。売却できるまで住宅ローンや管理費、また修繕積立金を支払わなければならないことを考えると、多少のリフォーム代をかけても早く売れたほうが得です。

リフォームでとにかく綺麗にしよう、という感覚でやってしまうと、1,000万円かけたのに300万円しか高く売れなかった、という状態に陥るリスクがあります。

またリフォームすることを前提に中古マンションを購入する人も多いので、大々的なリフォームは必要はありませんし、タイムリミットがあるので大きなリフォームをしている時間的余裕もないと思います。

買い手の購入意欲が下がらないように最低限の修復は大切ですが、それ以上はやりすぎないように注意しましょう。

不動産屋の査定より2割安く売る

価格が安いマンションは買主が現れやすいという特徴がありますので、マンションを早く売るためには、価格を安くすれば良いということです。

大切なマンションを安く売ることは不本意かもしれませんが、転勤までにというタイムリミットがある場合、仕方ありません。

買主にとって魅力的な価格にして早く売るためには、不動産屋の査定額から2割安くするのがベターです。

不動産業者に買い取ってもらう

通常、売却には3ヶ月ほどかかってしまいます。

転勤までに時間がなくて売却に3ヶ月もかけることができない場合、数社の不動産会社にいくらで買い取ってもらえるか聞いてみましょう。

人気エリアの良好な物件は、割高で買い取ってくれることもあります。

ただし資金力のある会社でないと買い取ってくれないので、事前に聞いておく必要があります。

会社によっては、1週間くらいで現金や振込で支払ってくれる場合もありますので、活用してみると良いでしょう。

知り合いのお金持ちに買ってもらう

自分の知人が、マンションを買ってくれることがあります。

お互い相手のことがわかっているため取引もスムーズにいくケースが多く、その場合、仲介業者抜きで売買されることがほとんどです。

仲介業者を通さないので仲介手数料はかかりませんが、名義を変えるときには司法書士に代行してもらったほうが無難です。

当人同士でできないことはありませんが、素人には手続きが煩雑で、何度も法務局に足を運ぶことになるでしょう。

また知人だとしても、領収書なしの取引は問題がおこる可能性があるので、代金を受け取ったときに必ず発行します。

転勤でマンション売却して損をすることはある?

転勤でマンション売却して損をすることはある?

転勤によるマンション売却で、損をすることはないのでしょうか。

基本的に住まない不動産を所有し続けることにメリットはないため、売却するのが最善の方法です。

しかし以下のケースについては、マンションを売却することで損をする可能性がありますので注意してください。

所有期間5年以内のマンションを売却すると税金が高い

マンションを売却したことによって生じた所得は、譲渡所得として税金がかかります。

譲渡所得によってかかる税金は、マンションの所有期間が5年以内か5年超かによって異なり、5年以内の売却は5年超の売却よりも2倍の額になります。

またマンションを売却して譲渡損失がでた場合に、所有期間が5年超の場合にのみ受けられる控除もあるので、所有期間が5年以内のマンションを売却すると損になる場合があるかもしれません。

ただし「3,000万円の特別控除」を受けられれば税金がかからない可能性が高いので、税金が高くなるかどうか知るためには、売却価格がいくらになるのかを調べる必要があります。

まずは一括査定サービスでマンションの相場価格を把握してから、マンションの売却を決めるのが良いでしょう。

3,000万円の特別控除…居住用財産を譲渡して譲渡益が生じた場合、譲渡所得の金額から最高3,000万円を控除することができる制度

マンションを売却するときに使える特例や減税について詳しく知りたい場合は、「マンションを売却したときに控除が受けられる特例や減税まとめ」の記事も合わせてご覧ください。

赴任期間が短ければ、賃貸や空き家にすることを考える

赴任期間が4年以内と短く、帰ってくる予定があるのであれば、マンションを売却せずに賃貸や空き家にすることを考えても良いかもしれません。

ただしマンションを賃貸にすることには借主とのトラブルやマンションが劣化するというデメリットがありますし、空き家にすると家は急速に痛んでいきますので、誰かにメンテナンスをお願いする必要が出てきます。

賃貸や空き家にすることを検討する前に、それぞれのデメリットについて理解したうえでマンションの行く末を決めてください。

転勤時にマンションを賃貸や空き家にするメリットとデメリットについては、「海外赴任・転勤になったらマンションはどうする?売るべき?貸すべき?」の記事で説明していますので、合わせてご覧ください。

管理人からの一言「転勤時のマンション売却では良質な不動産会社を選ぶことが重要」

不動産会社の腕次第で、マンションが早く売れるか、売れ残るか決まります。

時間に制限のある転勤時のマンション売却は、信頼できる不動産会社選びが最も重要ということです。

たとえ赴任の日までの期間が短くて売却が間に合わなかったとしても、信頼できる不動産会社であれば、安心して赴任先へ向かうことができます。

そして信頼できる不動産会社かどうかを見極める際の最大のポイントは、最初から一社に頼るのではなく、複数の不動産会社を比較することです。

とはいっても自分で不動産会社をまわって比較することは、時間があまりない転勤時において賢いやり方とはいえません。

不動産一括査定サイトなら、インターネット上で複数の不動産会社に無料査定を依頼できるのでおすすめです。

効率的に不動産会社を比較できる一括査定サイトを利用すれば、転勤前に売却できる可能性は高くなるでしょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がマンションの売却相場を知りたくて、イエウールで6社に一括査定をしたところ、街の不動産会社より310万も高い査定価格をだしてもらえました。

簡単査定なら情報を入力するだけで、その日のうちに連絡をくれる会社もあり、売却相場がすぐに分かります。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からのしつこい営業電話がかかってくることはありません。

イエウールで簡単査定(無料)してみる