マンション

SRE不動産(旧ソニー不動産)は、ゲームや音楽、アニメ、金融など幅広い分野を手がけているソニーグループが運営する不動産会社です。

2014年に設立されて以来、独自のサービスである売却エージェント制によって常に注目を集めてきました。

管理人は、これまでの不動産業界の当たり前をくつがえし、悪しき慣習を断とうとしているSRE不動産(旧ソニー不動産)を高く評価しています。

とはいえ、一般の人からすれば「売却エージェント制って何?」「何がそんなにすごいの?」と思われる人がほとんどでしょう。

キャラ

この記事では、「管理人が売却エージェント制を支持する理由」から「実際に利用した人の口コミ」について紹介していきます。

SRE不動産(旧ソニー不動産)売却エージェント制で不動産業界に新風

ソニー不動産

売却エージェント制とは、売主の担当だけをおこなうことをいいます。

SRE不動産(旧ソニー不動産)が売却エージェント制を発表したとき、他の不動産会社は焦ったことでしょう。

なぜなら、一般の人にはあまり知られていなかった両手取引についてバラされてしまったからです。

両手取引とは?片手取引との違い

両手取引

特徴 仲介手数料
両手取引 売主と買主の双方の担当をすること 双方から受け取る
片手取引 売主あるいは買主のどちらか一方の担当をすること どちらか一方から受け取る

売主と買主の利益は、相反関係にあります。

にもかかわらず同じ営業マンが担当すれば、どちらか一方に偏った営業になるのは容易に想像ができます。

しかし一つの案件で2倍の仲介手数料を受け取れる両手取引は、仲介業者にとってメリットが大きく、積極的に狙う業者がほとんどです。

とはいえ、両手取引をおこなうこと自体が問題なのではありません。

問題なのは、売主の利益を無視し、囲い込みをおこなってまで両手取引をねらう業者が多いことです。

売却エージェント制なら囲い込みのリスクゼロ

不動産売却で囲い込みをされてしまうと、売却チャンスは著しく減ってしまいます。

【囲い込みとは】

囲い込み

自社で取引相手を見つけるために、他社に物件情報を公開しないこと。昔から不動産業界で横行する根深い問題。

SRE不動産(旧ソニー不動産)は、売却エージェント制を打ち立てたことによって、囲い込みをおこなっている仲介業者に異議を唱えたのです。

公式ホームページにも、以下のように記載しています。

ソニー不動産は売主様だけを担当する売却エージェント制度を採用しております。この制度によりソニー不動産では「囲い込み」ができない仕組みになっています。

囲い込みという悪しき慣習が世間で認知されるきっかけとなり、仲介業者は囲い込みをおこないにくくなったでしょう。

しかし大手から中小まで、まだまだ囲い込みをおこなう仲介業者は多く存在します。

売主自身でしっかりと見極めなければ、大切な資産が囲い込みにあい、正当な価格で売れなくなってしまうということです。

売却エージェント制は失敗という噂があるけど大丈夫?

マンション

2018年6月にソニー不動産株式会社からSREホールディングス株式会社へ社名変更した際に、売却エージェント制が失敗したから社名変更したのではないかと噂されました。

しかし、これは根も葉もないただの噂です。

社名変更が行われた本当の理由は、ソニー不動産で開発された高性能AI技術を幅広いジャンルで活用していくうえで、社名から「不動産」をなくしたいという目的がありました。

失敗どころか、事業拡大のために行われた社名変更ということです。

結局のところ、売却エージェント制は成功?失敗?

SRE不動産(旧ソニー不動産)は、囲い込みが周知することによって都合が悪くなる他の不動産会社や専門家から、売却エージェントについて悪く言われることもあります。

しかし売却エージェント制が間違っていないことは、顧客満足度などを見れば一目瞭然です。

画像引用元: SRE不動産の公式サイト

SRE不動産(旧ソニー不動産)は設立から4年のまだ新しい仲介業者のため、大手不動産会社と比べると販売実績などで負けているのは事実です。

一方で、大手不動産会社が囲い込みや不正していたニュースを見て、透明性の高いSRE不動産(旧ソニー不動産)を注目する人は確実に増えています。

成功かどうかを判断するにはまだ早いですが、管理人は必ず成功すると考えています。

進捗があり次第、追記していきますが、なんの根拠もなく言っているのではありません。

海外ではエージェント制が当たり前であり、未だに両手取引をおこなっているのは日本くらいです。

「公平な取引をおこなってほしい」

それは、誰もが望むことではないでしょうか。

今のところ、売却エージェント制をうたっているのはSRE不動産(旧ソニー不動産)だけです。

不動産売却で失敗したくなければ、SRE不動産(旧ソニー不動産)を選択するのが良いのではないでしょうか。

ソニー不動産

「とりあえず価格が知りたい」というだけでも利用できますので、安心してください。

評判はどうなの?SRE不動産(旧ソニー不動産)を利用した人の口コミを紹介!

実際にSRE不動産(旧ソニー不動産)を利用した人はどのような感想を持っているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

利用者の口コミをまとめましたので、参考にしてください。

顧客満足度92.9%なだけあって、さすがに良い評判ばかりでした。

60代・女性の口コミ

★★★★★
初めてだったので不安でしたが、とても丁寧に対応してくださいました。また担当者のアドバイス通りにリフォームしたのですが、そのおかげで見学者さんからは「キレイですね」と褒めていただくことが多く、最終的に購入してくださった方からは「購入の決め手となった」とも言ってもらえました。友人にも勧めたい不動産会社です。

40代・男性の口コミ

★★★★★
SRE不動産に売却を依頼してからすぐに10組の内覧希望の連絡があり、正直驚きました。その中から購入者も決まり、とてもスピーディに売却することができたので大変満足しています。

60代・男性の口コミ

★★★★☆
火曜日と水曜日が休みという点に少し不便を感じましたが、成約価格、売却期間ともに希望通りだったので満足です。今後の活躍をさらに期待しています。

買取サービスを利用すれば最短10日以内に現金化できる

SRE不動産(旧ソニー不動産)の買取サービスを利用すれば、最短10日以内に現金化することができます。

SRE不動産(旧ソニー不動産)の買取サービスに適した人
  • とにかく早く売りたい人
  • 周りに知られずに売却したい人
  • 内覧の準備や対応をしたくない人
  • 現金化を急いでいる人
  • 他社からの買取価格に納得がいかない人

一般的に買取サービスは値段が安くなるというデメリットがありますが、SRE不動産(旧ソニー不動産)ならより相場価格に近い金額で買い取ってもらうことができます。

また買取サービスは仲介手数料がかからず、部屋の汚れや設備の不具合もそのままで引き渡すことができるので、売主の負担を大幅に減らせるメリットがあります。

「とにかく早く現金化したい」「売却のストレスから解放されたい」という人はSRE不動産(旧ソニー不動産)の買取サービスがおすすめです。

仲介手数料はいくら?割引制度はある?

計算機

仲介手数料の上限は、宅地建物取引業法によって決められており、SRE不動産(旧ソニー不動産)もそれに則って金額を設定しています。

仲介手数料の計算方法は、以下のとおりです。

売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

仲介手数料についてさらに詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法は?値引きは損って本当?

マンション売却にかかる仲介手数料の相場はいくらなのか、計算方法と早見表(消費税10%の場合も記載)で分かりやすく紹介!値引き交渉したり、無料や半額にしている不動産会社に売却依頼するのは本当にお得なのかについても解説しています。

9,831view

上記はあくまでも上限額であって、絶対に請求される金額ではありません。

とはいえ、不動産業界では上限額いっぱいに設定するのが通例となっています。

SRE不動産(旧ソニー不動産)はそこに目をつけ、設立当初は実際にかかった費用のみを請求していました。

しかし、売主側になかなか受け入れてもらえなかったからでしょう。

現在は、通常の仲介手数料となっています。

仲介手数料の割引が浸透しなかったワケ
  • 上限額での請求が当たり前になりすぎていて、安いと逆に「動いてもらえないのでは」と勘ぐる人が多い
  • 割引額に期待されすぎて、安くなっているにもかかわらずガッカリされてしまうケースが多い

仲介手数料の割引をおこなっていた仲介業者は他にもありましたが、やはり同じように上限で請求するスタイルに変えています。

あまりにも安い家は、「安かろう悪かろう」と考えられてしまい、敬遠されるのと同じです。

最近は高くてもいいから良いサービスを受けたい、という人が増えており、特に金額の大きい不動産の売却では、お金を出して安心したい人が多いのだと思います。

おうちダイレクトを利用すれば手数料カットできる

Yahoo!JAPANとSRE不動産(旧ソニー不動産)が共同で企画・運営している「おうちダイレクト」を利用すれば、仲介手数料をゼロにできます。

おうちダイレクト

おうちダイレクトとは、不動産会社を通さずに中古マンションの売却をおこなえる新サービスで、サイト内に物件情報を掲載しておくだけで買主を募集できる仕組みになっています。

ただし完全な個人間売買ではなく、売主の「売りたい」と買主の「買いたい」がマッチングした後は、SRE不動産(旧ソニー不動産)が仲介して手続きを進めてくれるので安心です。

不動産売却の経験が何度もあって慣れている人は、Yahoo!JAPANとSRE不動産(旧ソニー不動産)が運営するおうちダイレクトでの売却に挑戦してみても良いかもしれません。

おうちダイレクトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

おうちダイレクトで失敗しないためのコツとメリット・デメリットを解説

おうちダイレクトで失敗しないためのコツとメリット・デメリットを解説しています。ソニー不動産とYahoo!JAPANが作った新しいビジネスモデルは、仲介手数料無料というものです。気になる実績や成約数、失敗しないコツについても紹介していますので参考にしてください。

5,908view

おうちダイレクトを利用する場合であっても、SRE不動産(旧ソニー不動産)の話を聞いたほうが良いと思いますので、とにかく一度相談してみましょう。

店舗にいくより査定サイトを利用するのがベター

ソニー不動産

池袋や渋谷、銀座のオフィスにいけばSRE不動産(旧ソニー不動産)の営業マンに直接、査定依頼できますが、まずは査定サイトから見積もり依頼するのがベターです。

査定サイトを利用すれば、事務所に出向く手間を省けるだけでなく、売却に至らなかった場合も断りやすいというメリットがあるからです。

SRE不動産(旧ソニー不動産)は営業マンの質が非常に高いため断ったからといって、しつこく勧誘をしてくることはありません。

しかし営業マンの質が高いからこそ、「親身に相談に乗ってもらったのに断るのが気まずい…」と感じる利用者が多いようです。

査定サイトから見積もり依頼すればメールで査定結果を受け取ったうえで、どうするか検討できます。

前もって見積もりを出してもらっているので、店舗に足を運んだときに手続きがスムーズに進むという利点もあります。

SRE不動産(旧ソニー不動産)の査定サイトは、利用しやすいように工夫されているため、パソコンやスマートフォンの操作に慣れていない人でも問題ありません。

査定サイトの使い方を詳しく紹介していきますので、参考にしてください。

査定サイトの使い方

まずはSRE不動産(旧ソニー不動産)の公式サイトにいき、「無料査定」というボタンを押します。

「売却査定のお申し込み」というページが表示されるので、記載内容に沿って入力してください。

入力事項は売却物件の基本情報と売主の連絡先のみなので、PCやスマートフォンの操作に慣れていない人でも、そんなに時間はかからないと思います。

物件の面積について入力する箇所もありますが、任意ですので入力してもしなくてもどちらでも構いません。

より正確な査定結果を提示してもらいたい場合は、事前に調べておくと良いでしょう。

すべて記載できたら、「確認画面に進む」というボタンを押して次へ進んでください。

入力事項の確認画面が出てきますので、内容に誤りがないか確認して申し込みボタンを押せば、査定依頼は完了です。

査定結果は早ければ当日、遅くても3営業日以内には届きます。

直接、事務所に出向いて査定依頼した場合も、タイミングによっては査定結果が後日になり、二度手間になる可能性があります。

まずは査定サイトから見積もり依頼しておき、査定結果が出てから事務所に話しを聞きにいくのがスムーズです。

SRE不動産(旧ソニー不動産)のデメリットは対応エリアが限られていること

マンション

SRE不動産(旧ソニー不動産)の営業範囲は、以下の1都2府5県です。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 京都府
  • 奈良県

上記以外にある不動産は、取り扱ってもらうことができません。

以前は1都3県だったため対応エリアは増えていますし、今後も順次拡大予定となっていますが、現在のところは限られた地域の物件しか売却依頼できないので注意しましょう。

対応エリア内の物件であれば、どの不動産業者よりも好条件で売却することができますので、1都2府5県に不動産を所有している人はSRE不動産(旧ソニー不動産)がおすすめです。

SRE不動産(旧ソニー不動産)は信用できる会社?

SRE不動産(旧ソニー不動産)は、大手ソニーグループが2014年から始めた新事業で、今話題の不動産会社です。

ソニーグループといえば誰もが知っている大手企業の一つで、プレイステーションを代表作に持つゲーム業界から音楽業界、また保険業界と幅広く事業を展開しています。

ただしSRE不動産(旧ソニー不動産)が話題になっているのは運営会社が大手企業だからというだけではなく、不動産業界の常識を打ち破る経営をしているからです。

会社名 SREホールディングス株式会社
設立 2014年
所在地 銀座オフィス/銀座第2オフィス/銀座第3オフィス、渋谷青山オフィス、池袋オフィス
電話番号 0120-213-919(受付時間 10:00〜18:30)※火曜日、水曜日を除く
お客さま満足度 92.9%
対応範囲 1都2府5県
取り扱い種別 マンション、一戸建て、2世帯住宅、土地、駐車場、収益用不動産

2018年に業績が赤字から黒字へ!

SRE不動産(旧ソニー不動産)の業績が、4期目にして黒字へ転じたことが発表されました。

2017年3月期のSRE不動産(旧ソニー不動産)の業績は、日本経済新聞に以下のように記載されていました。

17年3月期の売上高は20億円で9千万円の営業赤字だった。西山和良社長は「早期の上場をめざす」としている。

不動産業界に参入したばかりで、まだまだ認知度が低かったのが赤字となった原因でしょう。

しかしSRE不動産(旧ソニー不動産)の存在が広まり、従来の常識にとらわれない経営スタイルが世間から認められるのも時間の問題でした。

営業黒字となったことで、対応エリアの拡大も早急に進められていくのではないでしょうか。

管理人から一言「対応エリア内の不動産売却はSRE不動産(旧ソニー不動産)がベスト」

SRE不動産(旧ソニー不動産)の対応エリアは限られているため、全国対応の不動産会社と比べると対応できる物件が少ないデメリットがあります。

しかし営業範囲を限定しているからこそ、その地域に関してはどの不動産会社よりも強いという特徴があるのです。

売却物件が東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都、奈良にある場合は、ソニー不動産で売却するのが最善の方法でしょう。

SRE不動産(旧ソニー不動産)で一括査定したら310万も高くなった

管理人がSRE不動産(旧ソニー不動産)で自宅を一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

SRE不動産(旧ソニー不動産)はクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。

ソニー不動産