マンションを売ることを決めたら、誰しも「早く」売りたいと思うのではないでしょうか。

売却期間が長くなれば管理費など、マンションの維持費がかさみますし、内覧の予定が入ればスケジュールを空けないといけないという煩わしさもあります。

また転勤や相続、住み替えなど、家を早く売らなければならない事情があるという人も少なくないと思います。

キャラ

この記事では、「家を早く売る方法とコツ」から「早く売るときの注意点」、「早く売却した人の体験談」について紹介していきますので、参考にしてください。

そもそもマンション売却にかかる期間はどのくらい?

早く売るの画像

そもそもマンション売却には何ヶ月かかるのが普通なのか、どのくらいで売却できれば早いのか、最初に確認しておきましょう。

まず、マンション売却にかかる期間の平均は3ヶ月です。

マンションの立地や築年数、また管理状態によって買い手の付きやすさが決まり、売却期間に影響します。

また売り出し価格も、売却期間に影響を与える大きな要因の一つになります。

ここで覚えておいていただきたいのが、不動産会社が提示する査定額は、媒介の契約期間である3ヶ月で売れることを目安に算出しているということです。

3ヶ月以内に売れたら「早い」

売却期間の平均からみると、3ヶ月以内に売れた場合に、「早く売れた」ということができます。

もちろん転勤などの事情により、1〜2ヶ月で売らなければならないケースもあると思います。

その場合、売却期限までに売るためにはどうすれば良いのか、しっかりと戦略を立てましょう。

下記で家を早く売る方法を紹介していきますので、自分のケースに合った売却方法を見つけてください。

家を早く売る方法

家を早く売る方法

家を早く売ることが最優先事項である場合の売却方法は、以下のとおりです。

  • 相場より価格を下げて売り出す
  • 不動産会社に買取ってもらう
  • 親族に買取ってもらう

相場より価格を下げて売り出す

相場よりも価格を下げて売り出すことで、早く売ることができます。

上述でも説明しましたが、不動産会社は3ヶ月で売れるであろう金額を査定額として提示します。

もしも6ヶ月を目安にした場合、査定額は高くなり、2ヶ月を目安にした場合、安くなるということです。

一般的な相場価格は3ヶ月で売れる金額のことを指しますので、早く売りたければ相場よりも安く売り出す必要があります。

相場を知りたい場合

マンションの相場を知りたい人は、不動産一括査定サイトなどを利用して多数の業者に見積もりを依頼しましょう。

一つの業者だけに査定を依頼すると、その価格が適切かどうか判断できないため、複数の業者に見積もりを出してもらうことは非常に重要です。

不動産一括査定サイトなら物件情報を一度、入力するだけで一括して複数社に見積もり依頼できるため、一社一社まわるよりも効率的、かつ簡単にマンションの相場が分かります。

下記の記事で不動産一括査定サービスについて詳しく解説していますので、参考にしてください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

不動産会社に買取ってもらう

最もスピーディーにマンションを売却する方法は、不動産会社の買取サービスを利用することです。

買取サービスとは、その名のとおり不動産会社が物件を買い取る方法で、2週間〜1ヶ月程度で売却することができます。

ただし買取サービスの場合、売却価格が相場の7割程度になるというデメリットがあるため注意してください。

早く売ることが最優先事項だとしても、なるべく高く売りたいというのが心情だと思います。

買取保証がある業者に仲介を依頼するという方法もありますので、検討してみましょう。

買取保証がある業者に仲介を依頼する

買取保証がある業者に仲介を依頼すれば、なるべく高く売りたいという売主の希望は残しつつ、売却期限までに確実に売却できるという安心感があります。

買取保証サービスを利用した場合の売却スケジュールは、以下のとおりです。

一般的な売却方法で一定期間売り出し、期日になったら不動産会社に買い取ってもらいます。

マンションの買取について詳しく知りたい場合は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションの「買取」は損をするって本当?高く買い取ってもらうコツは?

マンションの買取は損をするって本当?この記事では、買取保証についてや買取のメリット・デメリット、高く買い取ってもらうコツについても紹介しています。手軽だからといって安易に買取を選択してしまうと、思わぬ不利益を被るかもしれません。

親族などに買い取ってもらう

親族や友人などにマンションを買い取ってくれる人がいれば、すぐに売却することができます。

親族や友人などにマンションを売却する場合、将来マンションを買い戻すことができるという利点もあります。

当然ながら売却時にしっかりとルールを取り決める必要はありますが、転勤などのケースではこの方法は有効でしょう。

親族や友人との売買取引には、トラブルになりやすいという側面があるため、注意してください。

マンションを早く売却するコツ

マンションを早く売却するコツ

マンションを早く売却するためには、戦略を立てることや売主自身の努力も重要です。

  • 一般媒介ではなく専任媒介で契約する
  • 営業力のある不動産会社を見極める
  • 内覧会に力を入れる

一般媒介ではなく専任媒介で契約する

マンションを早く売却するためには、不動産会社と一般媒介ではなく専任媒介を結びましょう。

一般媒介と専任媒介の大きな違いは、一般媒介が同時に複数の不動産会社に仲介を依頼できるのに対して、専任媒介は一社にしか仲介を依頼できないという点です。

一見すると一般媒介のほうが多くの不動産会社に買い手を探してもらえるため、早く買い手が見つかるように思えるかもしれません。

しかし不動産業界は成功報酬のため、ライバルが多く、手数料が受け取れない確率が高い一般媒介は、積極的に販売活動をしてもらえないという隠れたリスクがあります。

営業力のある不動産会社を見極める

営業力のある不動産会社なら、幅広く買い手を探せるネットワークの広さ、的確なターゲット設定、有力な販売方法によって早く売却することができます。

逆に営業力のない不動産会社と媒介契約を結んでしまうと、なかなか買い手が見つからなかったり、必要以上に値段を下げられてしまったりする可能性があります。

マンションの売買が得意な会社を選ぶ

マンションの売買が得意な会社を選ぶと早く、そしてできるだけ高く売ることができます。

はじめてマンションを売却するという人からすると、どの不動産会社も同じように見えるかもしれませんが、不動産会社にはそれぞれ得意、不得意があります。

売買や賃貸、投資などのジャンルごと、また一戸建てやマンション、ビルなどの物件種別によっても得意分野は分かれているため、マンションの売買を得意とする不動産会社を見つけて媒介契約を結びましょう。

素人が不動産会社の得意分野を見極めるのは難しいため、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。

不動産一括査定サイトは、売却物件に合った不動産会社を紹介してくれるため、素人でも不動産会社を正しく選択することができます。

ネット上で個人情報を入力することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、イエウールなどの大手不動産一括査定サイトなら、個人情報保護に十分な配慮があり、厳重に管理されているため漏洩の心配はありません。

内覧会に力を入れる

内覧会を成功させることは、マンションを早く売るために重要です。

内覧会を成功させるポイント
  • モデルルームを見に行き、部屋をより良く見せるテクニックを盗む
  • ホームステージングを利用する
  • 内覧会当日は部屋を明るくする
  • 余分な荷物は捨てて部屋を広く見せる
  • 徹底的に掃除する、臭いをなくす
  • 新品のスリッパを用意する

マンションの第一印象を良くすることで買い手が付きやすくなり、早く売却できます。

どんなに不動産会社が頑張って購入希望者を見つけてきても、内覧会での物件の第一印象が悪ければ売買契約まで進みません。

マンションを早く売るときの注意点

マンションを早く売る注意点

マンションを早く売るときの注意点は、相場よりも安くなる可能性があるということと、不動産会社の言いなりにならないということです。

相場よりも安くなる可能性がある

マンションを早く売りたい場合、相場よりも安くなる可能性が高いという点に注意が必要です。

早く売ることを優先すると、どうしても価格は安くなる傾向にあります。

しかし相場より安くなるのは仕方ないからといって、安すぎる価格に設定して、損をしてしまう人がいます。

相場観を養っておき、売却期間から見て売り出し価格が妥当かどうか判断できるようにしておきましょう。

相場観を養うためには、多数の不動産会社の見積もりを集めるのがベストです。

上述でもおすすめしましたが、一括査定サイトを利用すれば簡単に複数社の見積もりを比較することができます。

しつこい営業電話を懸念する人は、不快な勧誘がないイエウールがおすすめです。

不動産会社の言いなりにならない

早く売りたいという希望を不動産会社に伝えると、必要以上に値下げを迫られたり、不要なリフォームを強要される可能性があります。

確かに値下げやリフォームをすれば早く売れるかもしれませんが、売主に利益があるとは限りません。

早く売りたいという売主の気持ちを煽って、売主の利益を無視する不動産会社の言いなりにならないようにしましょう。

マンションを早く売却した人の体験談

マンションを早く売却した人の体験談

マンションを早く売却することができた人の、売却体験談を紹介します。

40代・男性の体験談

売却する前に欲しい家が見つかり、先に購入の手続きをしていたため、とにかく早く売却する必要がありました。しかし、できるだけ高く売りたいという気持ちも捨てきれず、高く早く、という無茶振りを不動産会社にしました。値段を妥協するよう説得してくる業者がほとんどだったのですが、一括査定サイトを利用したら、トントン拍子で売却できました。マンションの売買に精通している業者を選んだのが、成功の秘訣だと思います。

30代・男性の体験談

海外転勤が決まり、とにかく早く売却する必要があったため、不動産会社に買い取ってもらいました。3週間後には売買代金が銀行に入金されていて、非常に助かりました。海外転勤前に売却でき、良かったです。

30代・女性の体験談

離婚をきっかけにマンションを売却しました。できるだけ早く離婚を成立させたかったため、早く売りたいということを不動産会社に伝えました。担当営業マンから早く売るためには値段を下げる必要があると言われたため、言われたとおり値段を下げたところ、1ヶ月も経たずに売却できました。しかし相場よりかなり安かったことが後から分かり、モヤモヤした気持ちになっています。

マンション売却で「早く売る」は「高く売る」より簡単

「早く売る」は「高く売る」より簡単

不動産会社にとって物件を高く売るよりも、早く売るほうが多く利益を得られるため、売主の早く売りたいという希望は叶いやすい傾向にあります。

不動産会社が受け取る報酬は売却価格のおおよそ3%と決められているため、高く売れれば売れるほど報酬額も増えて利益になるのでは、と思う人もいるかもしれません。

しかし家が100万円売れた場合、売主が得られるメリットは100万円ですが、不動産会社が得られるメリットは3万円しかありません。

100万円高く売るために販売期間が1ヶ月長くなれば、不動産会社はその間に何人ものお客さんを案内しなければなりませんし、マンションを売るための広告掲載料金もかさんでしまいます。

不動産会社にとって物件を高く売るよりも、できるだけ早く売ってしまったほうが、仕事が少なく、利益が大きくなるということです。

管理人からの一言「早く売っても失敗しないコツは相場観を養うこと」

マンションを早く売ることは、それほど難しくありません。

しかし早く売ることにこだわりすぎると、価格を安くしすぎてマンション売却を失敗させる可能性があります。

早く売りたいというのが優先事項だとしても、できるだけ高く売れるに越したことはないと思います。

相場価格をしっかりと把握し、安く売りすぎてしまう失敗を避けましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。