誰しも、マンションをできるだけ高く売りたいと思いますよね。

中には「売却できればいい」と思っている人もいるかもしれませんが、その場合でも高く売れれば嬉しいはずです。

しかし人生で一度あるかないかのマンション売却では、知識や経験不足によって失敗してしまう人が多く、素人が家を高く売るためには、それなりに知識を身に付けたうえで売却に臨む必要があります。

キャラ

この記事では、「マンションを高く売る方法とコツ」から「高く売れた人の売却体験」について紹介していきます。

マンションを高く売る方法

高く売る方法

マンションを高く売るためには、売却の戦略を立てることが重要です。

自分で考えることをせず不動産会社に丸投げしてしまう人は、当然ながらマンション売却を失敗させやすい傾向にあります。

いつまでに売るのか、いくらで売り出すのか、どの不動産会社と契約を結ぶのか、など。事前に策略を練ってください。

無計画で高く売れるほど、マンション売却は簡単ではありません。

時間をかけて売る

マンションを高く売るためには、時間をかけて売るというのが非常に大切です。

高い値段でも長期間、売り出し続けていれば、誰かが買ってくれる可能性がありますが、売却期限が短い場合は、高値をつけることはできません。

売却の期限がある場合は「売りたい価格」ではなく、「売れる価格」で市場に出すことになります。

高く売ることと早く売ることは、通常は相反関係にあるため、高く売りたければ早く売ることを諦めなければなりません。

不動産業者の努力で高く売ってもらう

家を高く売却するためには、不動産業者の協力と努力が不可欠です。

ただし、どの不動産業者でも良いわけではなく、きちんと仕事のできる、信頼できる業者を選びましょう。

間違っても、下記のような不動産業者は選ばないように気をつけてください。

選ぶべきでない不動産業者の特徴
  • 両手取引を狙って、自社だけで顧客を見つけようとする業者
  • 査定額の根拠を聞いてもあやふやな回答しかしない業者
  • 相性が悪い業者
  • 行政処分履歴のある業者

信頼できる業者選びができたからといって、不動産業者に丸投げしてはいけません。

不動産業者のやる気が出るように売主が動くことも、戦略の一つです。

売主が積極的に販売活動に参加すれば、不動産業者もがんばろうと思い、やる気を出してくれます。

高く売れるタイミングで売り出す

高く売れるタイミングで売り出すことも、マンションを高く売る方法の一つです。

高く売れるタイミングとは、需要が高い時期と言い換えることができます。

春や秋の人が動く時期を狙えば、単純に買主の母数が多いため、高く購入してくれる人が現れる確率が高くなります。

相場価格より1〜2割高めに売り出す

マンションを相場よりも高く買ってくれる人を見つけるためには、相場価格に1〜2割程度、上乗せした価格で売り出して、買主の反応を見ましょう。

最初から安く売り出してしまえば、高く売れる可能性はありません。

売主が設定した金額から、「◯◯円高く買います」という買主はいないからです。

高値売却に対して妥協しない

マンションをできるだけ高く売るためには、売主が高額売却に対して妥協しないということも大切です。

売主の中には、「高く売れなくても、とりあえず売却できればいい」と思っている人もいますが、それでは高く売れるものも売れません。

買主はできる限り安く買いたいというのが本音であり、売主に高く売りたいという気持ちがなければ、買主の希望に寄った売買取引になってしまいます。

家を高く売る5つのコツ

家を高く売る5つのコツ

家を高く売る5つのコツは、以下のとおりです。

  • 時間的余裕を持つ
  • 不動産一括査定を利用する
  • 内覧の準備は手抜かりなくおこなう
  • 売却物件のアピールポイントを考える
  • 買主のターゲットを決める

戦略を練ったうえで販売活動をすれば、マンションが高く売れたときの喜びもひとしおだと思います。

時間的余裕を持つ

家を高く売るためには早く売ることを諦め、時間的余裕を持った売却計画を立てましょう。

時間をかければかけるほど、高く売れる可能性は高くなります。

物件情報をより多くの人に知ってもらうことができるため、単純に買主の母数が多く、高額売却が期待できるからです。

最低でも、売り出しから売却まで4ヶ月以上の余裕は持っておくことをおすすめします。

不動産一括査定を利用する

マンションを高く売ってくれる不動産業者を見つけるコツは、不動産一括査定サイトを利用することです。

良質な不動産業者を見つけるためには、複数社を比較することが非常に重要になります。

結婚式を挙げる際に何箇所か式場を回って雰囲気や値段を比べるのと同様に、不動産売却をする際も複数社を比較したうえで決めないと損をする可能性があります。

しかし不動産売却では、経験者の話を聞く機会が極端に少なく、不動産会社は比較するべきであるということを知らない人も少なくありません。

また、事務所を回るのは面倒だ、という人も多いのではないでしょうか。

不動産一括査定サイトは複数社を比較するために作られたサービスで、手続きもインターネット上で物件情報を入力するだけなので簡単です。

複数社に同時に査定依頼できる不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

内覧会を成功させるコツ

内覧会を成功させれば、マンション売却が成功するといっても過言ではありません。

内覧会は、買主が実際に物件を見て、買うか買わないか決めます。

高くても買いたいと思ってもらえるか、値下げを希望されるかが決まるのも内覧会です。

内覧会を成功させるための準備は、手抜かりなくおこないましょう。

  • スリッパを新調する
  • 掃除をして物を減らしておく
  • 水回りはハウスクリーニングしておく
  • 当日はカーテンや扉を全て開ける
  • 購入時のパンフレットを用意する
  • アピールポイントや周辺環境がわかる手作りのチラシを用意する
  • できるだけ無臭にしておく

手間に感じるかもしれませんが、物件の印象を良くすることによって100万、200万高く売れる可能性があり、やる価値は十分にあるといえます。

内覧を成功させるコツについては、下記の記事で詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

マンション売却の内覧を成功させるコツと事前準備!やりがちな失敗パターン

この記事では、マンション売却の内覧のコツと注意点について紹介しています。居住中のマンションを売るときに失敗しないための掃除とお茶を出すタイミングのポイントについて押さえておきましょう。

売却物件のアピールポイントを考える

買主は家を購入するにあたって、必ず複数の物件を比較しています。

そのためアピールポイントがないと、他の物件と差をつけることができません。

複数ある選択肢の中から選んでもらうためには、他の物件にはない個性を見つけることが大切です。

アピールポイントは、万人受けするものである必要はありません。

たとえば駅から遠いことは一般的にデメリットとして扱われますが、閑静な住宅街にあるマンションは車通りが少なく、子育て世帯には安心できる要素になります。

物件の良さを評価する買主をみつけることが、高く売るコツです。

買主のターゲットを決める

上記の例でいうと、駅から遠いということは買う人を選びます。

そのため売却物件のターゲットを絞り、その人に向けた宣伝をおこなう必要があります。

たとえば駅から遠い物件であるにもかかわらず、電車を利用する人が多く集まる駅周辺で広告を出すのは、賢い方法ではありません。

売却物件のアピールポイントに合ったターゲットを考え、販売活動をおこないましょう。

マンションが高く売れた人の売却体験談

マンションが高く売れた人の売却体験談

不動産業者の査定額以上でマンションを売ることができた人の、売却体験を紹介していきます。

60代・女性の体験談

娘がピアノをやっていたため、500万円かけて防音室を作りました。娘が結婚して巣立ったことをきっかけにマンションを手放すことを決め、不動産業者に査定依頼したところ、査定額は3,000万円でした。査定額には防音室の価値が反映されていなかっただけでなく、防音にしたぶん部屋がせまくなって価値が下がったとさえ言われました。確かに、防音室を必要とする人は少ないかもしれませんが、欲しい人は必ずいるという確信がありました。そのため不動産業者の査定額を鵜呑みにせず、防音室の価値も含めて3,500万円で売り出すことにしました。結果、自宅でピアノ教室を開きたいという方が、ほぼ満額で購入してくれることになりました。

50代・男性の体験談

1年前にリフォームしたばかりで見た目はきれいだったにもかかわらず、築35年の古いマンションだったため、耐震性の観点から非常に低く査定されました。施工は有名な大手会社でしたし、旧耐震基準といっても耐震性が劣っているとは限らないと思っていたため、不動産一括査定を利用して5社にそのことを伝えました。その中で共感してくれる会社を見つけることができ、他の業者よりも450万円も高く査定してくれました。結果、希望価格で売却することができ、諦めなくて良かったと思います。

30代・男性の口コミ

マンションを売却することになり、とりあえず大手なら間違いないだろうと、大手不動産会社に査定依頼しました。査定結果は、ローンを返済できるギリギリの価格で、これ以上下がったらローン残債を下回って売却できないというラインでした。他の不動産業者でも同じなのか気になったため、売却物件の近くにある小さな不動産業者にも査定依頼したところ、大手の査定額よりも600万円も高く、驚きました。金額の根拠を訪ねたところ、その不動産業者の周辺で家を探している人がよく集まるということで、すぐに買い手が見つかるとのことでした。売り出してから1ヶ月で本当に買い手が見つかり、価格も30万円の値引きだけで売却できました。

家というのは、全く同じ商品が存在しない一点モノです。

同じマンションの同じ間取りの部屋であっても、階が違えば窓から見える景色は違います。

近隣相場にかかわらず買主が欲しいと思えば、相場より多少高かったとしても買ってもらうことができます。

買った時より高く売れるケースもある

買った時より高く売れるケースもある

不動産流通経営協会の調査によると、マンションを売却した人の29.3%が、買った時よりも高く売ることができているそうです。

買った時よりも目減りしているというのが一般的な考え方ですが、例外もあるということが分かります。

最初から価値が下がっていると決めつけてしまうと、高値売却のチャンスを逃してしまうかもしれません。

ただし高く売れると過信して相場からかけ離れた金額にしてしまうと、売れ残るリスクがあります。

売却物件の相場をしっかりと見極めたうえで、値段設定しましょう。

購入時よりも高く売れたら税金がかかる?

購入時よりも高く売れたら非常に嬉しいですが、税金について気になると思います。

購入時よりも値段が下がっていれば税金が課税される心配はありませんが、マンション売却で利益が出た場合、譲渡所得となり納税の義務が生じる可能性があります。

譲渡所得の計算式は、以下のとおりです。

譲渡所得=売却価格−(購入した値段+売却にかかった諸費用)

ただし上記の計算式で譲渡所得が出たからといって、必ずしも所得税が課税されるわけではありません。

マイホームの売却には、譲渡所得から3,000万円控除できる特例が利用できるからです。

買った時から3,000万円も高く売れることは現実的ではなく、マンション売却で譲渡所得税がかかるケースはほとんどないといえます。

住宅ローン返済中でも家は売れる

ローン返済中でも家は売れる

住宅ローン返済中にマンションを売れるか心配される人もいますが、ローン残債があってもマンションを売却できます。

ただし、売却価格がローン残債を上回るケースに限られるため注意してください。

住宅ローン返済中の人は、特に高く売ることにこだわる必要があります。

ローン残債を上回る価格で売却する

住宅ローン返済中の人は、家のローン残債がいくらあるか、しっかりと把握しなければなりません。

ローン残債よりも高く売却しなければ、マンションを売ることができないからです。

もしも売却価格がローン残債を下回ったとしても、不足分を預貯金等から補えば売却できます。

しかし高く売ることができれば持ち出しをなくせる可能性があり、何の工夫もせずに売却するのは勿体無いと思います。

マンションを売る時にかかる費用を知る

マンションを売る時にかかる費用を知る

マンションを売る時にかかる費用は、以下のとおりです。

  • 不動産会社へ支払う仲介手数料
  • 抵当権抹消登記にかかる登録免許税
  • 登記を依頼する司法書士へ支払う手数料
  • 収入印紙代
  • リフォームなど物件を綺麗にするためにかかる費用

売却価格3,000万円のマンションを売る時にかかる費用は、だいたい140万円が相場になります。

ただし売却価格やリフォームをどこまでやるかによって金額は大きく異なるため、自分の物件は売る時にいくらかかるのか、事前に計算しておきましょう。

マンションを売る時にかかる費用について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却でかかる諸費用を解説!売却時に「戻ってくるお金」も把握しよう

マンション売却でかかる諸費用は?戻ってくるお金があるって本当?この記事では、マンションを売ったときの手取りを把握するために、仲介手数料の相場や司法書士費用、リフォーム費用について紹介しています。火災保険の保険料、団信の保証料は返金されます。

管理人からの一言「マンションを高く売るためには努力が不可欠」

マンションを高く売るためには、売主の努力が不可欠です。

努力というと大げさかもしれませんが、工夫や戦略なしで高く売れるほど不動産売却は簡単ではありません。

少しの工夫で何十万、さらには何百万もの差が生じる可能性があります。

この記事で紹介した高く売るコツに、実践が難しいものはないと思いますので、ぜひ売却活動に活かしていただければと思います。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。