買主からマンションの売却理由を聞かれた場合、何と答えるのがベストなのでしょうか。

離婚や近所トラブルなど、言いたくない場合もあると思いますが、売主の勝手な判断で伝えないという選択をしてしまうと、後々トラブルに発展しかねません。

キャラ

この記事では、「売却理由は何と答えるべきか」から「正直に話したほうが良い理由」「売却理由を伝えるときの注意点」について紹介していきます。

マンションの売却理由はなんて答える?

マンションの売却理由の画像

マンションを売ることになるきっかけは人それぞれですが、ネガティブな売却理由で、買主に伝えるべきか迷う場合もあると思います。

まずは売主の「できれば言いたくない」という気持ちは一旦置いておき、伝えても問題ない売却理由と不利になってでも伝えるべき売却理由について確認していきます。

正直に伝えても問題ない売却理由

以下の売却理由であれば、買主の印象を悪くして売却が不利になることはありません。

  • 相続したけど誰も住まないから
  • 離婚で財産分与のために現金化したいから
  • 家族が増えて手狭になった、などの理由で住み替えたいから
  • 転勤になってしまったから
  • 転職などによって通勤が困難になったから
  • 結婚して夫あるいは妻の持ち家に住むことになったから

意外かもしれませんが、ネガティブな売却理由であっても、離婚であれば買主からの印象が著しく悪くなることはありません。

確かに、買主の中には縁起が悪いと考える人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は気にしないため、嘘をつくよりも正直に話したほうが良いと思います。

後から近所の人の噂で買主の耳に入り、嘘の売却理由を言ったことがバレてしまえば、信頼関係が崩れてしまう可能性があるからです。

どうしても話したくなければ、会社や実家の近くに引っ越す等、嘘にならない理由を伝えると良いでしょう。

不利になっても伝えるべき売却理由

下記の売却理由は買主に不安を与えるため、売却が不利になります。

しかし隠したまま売却してしまうと、後々大きなトラブルに発展する可能性があるため、隠さず正直に話しましょう。

  • 近所トラブルで居づらくなった
  • 騒音問題に悩まされていた
  • 事故や事件があった
  • 建物に瑕疵(欠陥)がある

不動産売買において売主は、物件の瑕疵を買主に全て伝える義務があります。

もしも買主に伝えずに売却して後から瑕疵が発覚した場合、売主は瑕疵担保責任を負うことになりますので注意してください。

最悪の場合、裁判沙汰になり、損害賠償や契約解除を求められる可能性があります。

裁判になってしまえば、精神的にも金銭的にも相当な苦痛を強いられるため、不利になり得る売却理由であっても売主自身の身を守るために正直に話すのが賢明です。

買主に伝えるべき瑕疵の範囲について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却時の告知義務はどこまで?【隣人トラブル・騒音問題】

マンション売却時の告知義務の範囲について説明しています。隣人トラブルや騒音問題、物件の瑕疵について正しく告知することでトラブルを未然に防ぐことができます。

売却理由は正直に、できるだけ詳しく伝えるのがベター

売却理由は正直に、できるだけ詳しく伝える

買主からマンションの売却理由を聞かれたら、正直かつできるだけ詳細に伝えることをおすすめします。

詳しく説明すればするほど話しの信ぴょう性が増し、買主からの信頼を得ることができるからです。

買主が売主に売却理由を聞くのは、何か問題があるから引っ越すのでは、という疑念がある場合がほとんどになります。

「転勤になったから」とだけ伝えるよりも、「◯月から〇〇に転勤することになった」と詳しく説明したほうが買主を安心させられます。

あまり詳しく話したくなければ、不動産会社と相談して、どこまで話すか打ち合わせをしておくと良いでしょう。

新築・築浅マンションは必ず売却理由を聞かれる

新築・築浅マンションは必ず売却理由を聞かれる

新築・築浅マンションは、必ず売却理由を聞かれると思っておいたほうが良いでしょう。

買主が「購入したばかりなのになぜ売却するのだろう」と疑問を抱くのは、当然です。

もしも買主から聞いてこなかったとしても、不安に感じている可能性は高く、購入を躊躇する原因になりかねません。

聞かれる前に伝えれば好印象を与えられますし、不安を取り除いてあげることでスムーズに売買契約に進む可能性があります。

また新築・築浅マンションの売却では、売却理由を伝えるのと合わせて、売り出し価格の設定に注意しなければなりません。

マンションには新築であることに対して付加価値がつく、新築プレミアムというものがあるからです。

購入金額と同額、あるいはそれに近い金額で売却したいという気持ちも分かりますが、購入金額にこだわりすぎると売却相場より高くなり、買主から見向きされなくなってしまいます。

新築プレミアムを除いた物件本来の価値から、売り出し価格を設定しましょう。

新築プレミアムについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

新築で購入したマンションを売るときは新築プレミアムに注意する

新築プレミアムとは?新築マンションを売却すると損する可能性があります。この記事では新築マンションを売るときの注意点について紹介しています。

家を売るきっかけで多いのは?【売却理由ランキング】

家を売るきっかけで多いのは?

どんなことがきっかけで、家を売却する人が多いのでしょうか。

よくある売却理由は、以下のとおりです。

1位 より良い住まいに住み替えるため 42.3%
2位 資金が必要となったため 12.9%
3位 今が売り時だと考えたため(税制改正などから) 9.4%
4位 勤め先の転勤のため 7.9%
5位 住まいを相続した/することになったため 7.5%

上記以外には、離婚や家族との同居、自分や子供の通勤・通学のためという理由も多いようです。

中古マンションの売却理由を伝えるときの注意点

マンションの売却理由を伝えるときの注意点

中古マンションの売却理由を買主に伝える際には、以下の3点に注意してください。

  • 隠したり、嘘をついたりしない
  • 営業担当者と打ち合わせをしておく
  • できるだけ詳しく説明する

隠したり、嘘をついたりしない

売却理由を隠したり、嘘をついたりすることには、トラブルに発展するリスクがあります。

あまり言いたくない、という人もいると思いますが、できるだけ正直に伝えましょう。

売主自身の口から伝えるのが嫌なのであれば、不動産会社の人から伝えてもらうと良いと思います。

売主の勝手な判断で売却理由を隠したり、嘘をついたりした場合、何かトラブルに発展してしまったとしても不動産会社は責任をとってくれませんので注意してください。

営業担当者と打ち合わせをしておく

買主に売却理由を聞かれたら何と答えるか、営業担当者と事前に打ち合わせをしておくと良いでしょう。

売主ではなく不動産会社に売却理由を聞く買主も少なくありませんし、認識を合わせておかないと知らない間に矛盾が生じ、買主に不信感を抱かせてしまう可能性があります。

特に売却が不利になることであれば、どこまで正直に話すか相談し、不動産会社の指示に従ってください。

不動産会社が伝えなくても良いと判断した事柄に関しては、不動産会社も売主と同等の責任を負わなければならないため、いい加減なことは言わないはずです。

伝え方を工夫する

売却理由は伝え方によって、悪印象を与える可能性があるため注意が必要です。

たとえば売却理由で最も多い、より良い住まいに住み替えたい、というケースで考えてみます。

「もっと良い家に住みたい」とだけ伝えた場合、買主はどう思うでしょうか。

物件を気に入っていたとしても、何となく気持ちが後ろ向きになってしまう人がほとんどだと思います。

「通勤に1時間かかるため会社の近くに引っ越す」「子供が成長したため広い家に住み替える」など、具体的に説明すれば悪い印象を与えることはありません。

正直に話すだけでなく、できるだけ悪印象を与えないように伝え方を工夫することも必要です。

管理人からの一言「買主は売却理由が気になっている」

買主は、「なんで売却することにしたのか」という点を非常に気にします。

安価のものであれば、買ってすぐに壊れてしまったとしても諦めることができますが、金額の大きい不動産売買ではそうはいきません。

絶対に失敗したくない、リスクをできるだけ減らしたい、と思うのは当然です。

売主は買主が納得できるよう、売却理由についてしっかりと説明できるようにしておきましょう。

ホームズで一括査定したら380万円も高くなった

管理人がホームズで自宅マンションを一括査定したところ、大手不動産会社より380万円も高い査定価格をだしてもらえました。

ホームズはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくる心配もありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。