マンション画像

マンションを高く売却するためにはレインズについて知り、取引状況をしっかりと確認することが大切です。

今までレインズは不動産業者しか閲覧することができなかったため、インターネット上でもその情報が多く残っていますが、平成28年1月から売主もレインズを見ることができるようになりました。

売主自身が知識を身につけたうえでマンション売却に挑まなければ、悪質な不動産業者につけこまれ、安く売却することになりかねません。

キャラ

今回は「レインズとは」から「レインズの取引状況の確認方法」について紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

レインズ(指定流通機構)とは

レインズ(指定流通機構)とは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、不動産業界全体が連携してマンションの買い手を探すために作られた、物件検索システムです。

レインズへの登録は売主が直接するわけではなく、売却を依頼した不動産業者がおこないます。

レインズを利用した不動産取引の仕組みは、以下のとおりです。

レインズ

レインズに売却物件を登録することで、マンションの売却機会を格段に広げることができます。

売主もレインズでマンションの取引状況が確認できる

平成28年1月よりレインズにおいて、取引状況の登録制度の導入と売却依頼主専用確認画面の提供が開始されました。

取引状況は、「公開中」「書面による購入申込みあり」「売主都合で一時紹介停止中」の3種類で表示されます。

取引が全く進んでいないにもかかわらず、「書面による購入申込みあり」や「売主都合で一時紹介停止中」になっていたら、おかしいということです。

これまでレインズは不動産業者しか閲覧することができなかったため、レインズに登録するだけして、すぐに削除するという悪質な不動産業者も存在していました。

他の不動産業者に物件情報を公開したくないという、売主の利益を無視した不動産業者の悪しき思考があったからです。

両手取引を狙った「囲い込み」の被害にあう可能性がある

不動産会社は売主のみの仲介をする「片手取引」よりも、売主と買主の双方の仲介をする「両手取引」をしたいと考えています。

両手取引と片手取引

両手取引をすると不動産会社は、売主と買主の双方から仲介手数料が受け取れるのですから、積極的に狙いたい気持ちはわかります。

しかし両手取引を「囲い込み」をしてまで狙おうとする、悪質な不動産会社の存在が問題となります。

囲い込みは、他の不動産会社から問い合わせなどがあっても「取引が進んでいます」などと嘘をつき、何としてでも自社で買主を探そうという不動産会社の利益を優先させたものです。

両手取引と片手取引

囲い込みをされてしまうと売主は売却機会を奪われることになり、マンション売却で不利になります。

他の不動産業者が探してきてくれた購入希望者の中に、高く買ってくれる人がいたかもしれないからです。

取引状況の登録制度の導入と売却依頼主専用確認画面の提供が開始されたことにより、売主の安心と安全が確保され、レインズを通じた購入検討者の探索が円滑におこなわれることが期待されます。

ただし閲覧できる対象物件の条件は、専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約の売り物件であり、平成28年1月以降にレインズに登録・変更・再登録されたものに限られます。

レインズで取引状況や登録内容が確認できるようになったメリット

今までレインズは不動産会社しか閲覧することができなかったため、「きちんと掲載しています」と言われればそれ以上、確認することはできませんでした。

しかし売主もレインズを閲覧できるようになったことで、マンションの登録内容や取引状況の確認がおこなえるようになりました。

売主から閲覧できるようになったため、取引状況や登録内容をごまかす不動産業者はいなくなったとは思いますが、売主自身でしっかりと確認することが大切です。

ではマンションの取引状況や登録内容が確認できるようになったことで、売主にどのようなメリットがあるのかについて紹介していきます。

囲い込みのリスクを減らせる

前述でも説明しましたが、マンション売却には囲い込みという隠れたリスクがあります。

両手仲介を狙う仲介業者が不動産物件情報を独り占めし、たとえ他の仲介業者から問い合わせがあっても、売主の知らないところで断っている可能性があるのです。

しかし売主が取引状況を確認できるようになり、仲介業者は「取引が進んでいるため物件の紹介はできません」などの嘘がつきにくくなりました。

売主が取引状況を確認できるようになったことで、今まで水面下でおこなわれ、発見することが難しかった囲い込みが飛躍的に減ることが見込まれるということです。

買主を探しやすくなる

今までは登録内容について不動産業者に任せるしかありませんでしたが、これからは売主の意見を反映させやすくなるでしょう。

物件のアピールポイントなどをレインズに反映させることで買主が見つかりやすくなり、マンション売却の成功が近づきます。

気になることや意見があれば、遠慮なく不動産業者に伝えてください。

そこで面倒くさがって対応してくれない不動産業者であれば、その不動産業者に売却を任せるかどうか再検討したほうが良いかもしれません。

取引状況をレインズで確認する方法

平成28年1月以降に専任か専属専任で不動産仲介会社にマンションの媒介を依頼し、レインズに物件を登録すると、「登録証明書」が発行されます。

その登録証明書に専用確認画面を開くためのURLや、物件ごとに付与されたID、パスワードが記載されていますので、不動産仲介会社から登録証明書を受け取り、インターネット上で売却物件の登録内容や取引状況を確認してください。

売却依頼主専用確認画面を開くための手順

売却依頼主専用確認画面を開くための手順について、簡単に説明します。

まず登録証明書に記載のURLにアクセスし、「売却依頼主向け」専用のログインボタンを探してください。

レインズのホームページ

ログインをクリックすると以下の画面に進みますので、登録証明書に記載された確認用IDとパスワードを入力し、ログインします。

レインズのホームページ

ログインすると売主専用の確認画面に進み、売却しているマンションの取引状況や価格、面積などの登録内容を確認することができます。

取引状況や登録内容に誤りはないかどうかしっかりと確認し、万が一、間違いがあればすぐに不動産業者に言って修正してもらいましょう。

マンションを売却するときに重要なレインズを解説まとめ

レインズに売却するマンションを登録することで、多くの買い手に物件情報が行き渡り、比較的スピーディに購入者を見つけることができます。

また売主もレインズの閲覧が可能になったことにより、囲い込みのリスクを減らすことができるようになりました。

ただし完全にリスクがなくなったわけではなく、一部の悪質な不動産業者は知識のない売主を狙って囲い込みを続けています。

そのような不動産業者に当たらないよう、売主自身も不動産取引に関する知識を身につけたうえで売却に挑むのはもちろん、不動産業者の選択を間違えないようにしましょう。

不動産業者の選択に失敗したくなければ、一括査定サイトから複数の不動産業者を比較し、吟味したうえでマンション売却に進むことをおすすめします。