不動産鑑定士にマンションを査定してもらえば、物件の資産価値を把握することができます。

ただしマンションの価値を調べるのに、必ずしも不動産鑑定士に査定依頼するのが適切だとは限りません。

キャラ

この記事では、「マンションを不動産鑑定士に査定依頼するケース」から「自宅マンションの売却では不動産会社の無料査定がベターである理由」「不動産鑑定士による査定費用」について解説していきます。

不動産鑑定士とは

不動産鑑定士とは、専門的な知識によってマンションや一戸建てを評価し、値段を付ける人です。
国家資格なので誰でもなれる訳ではなく、不動産を熟知し、知識量が豊富にある人でなければなることはできません。

また「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づいて業務をおこなっているため、不動産鑑定士によって算出された不動産査定額は非常に精度の高いものになっています。

不動産会社が業務の一環としておこなっている無料査定とは違い、不動産鑑定士は査定を業務の主としています。

マンションを不動産鑑定士に査定依頼するケース

不動産鑑定士の画像

マンションを不動産鑑定士に査定依頼するケースは、以下のとおりです。

  • マンションを売却するとき
  • マンションを賃貸に出すとき
  • マンションを証券化するとき
  • 相続したマンションを遺産分割するとき
  • マンションを担保に設定するとき

上記のようにマンションの資産価値を把握する必要がある場合に、不動産鑑定士に査定依頼します。

不動産鑑定士による査定と不動産会社による査定の違い

不動産鑑定士と不動産会社の査定の違い

不動産会社もマンション査定をおこなっていますが、不動産鑑定士による査定と不動産会社による査定には、どのような違いがあるのでしょうか。

不動産鑑定士と不動産会社の査定の違いは、以下のとおりです。

費用 査定額 査定方法
不動産鑑定士 有料 安い(保守的) 法律に基づいて査定
不動産会社 無料 高い(強気) 過去の売却事例を参考に査定

不動産鑑定士は国家資格者として査定をおこなうため、当然ながら査定依頼するにはお金がかかります。

ただし不動産鑑定士による査定は、裁判などで証拠資料として扱われるほど精度が高く、厳格なものになります。

査定額は保守的で、不動産会社が提示する金額よりも安い傾向にあるというのが、不動産鑑定士による査定の特徴です。

自宅マンションの売却では不動産会社の無料査定がベター

自宅マンションの売却では無料査定がベター

国家資格者である不動産鑑定士による査定は、非常に正確です。

しかし個人が自宅マンションを売却する場合は、不動産会社による無料査定のほうが合っています。

なぜならマンション売却ではたった一人、物件を気に入ってくれる人がいれば、売買取引が成立するからです。

仮に不動産鑑定士による査定額が3,000万円だったとしても、市場では3,500万円の価値がある可能性もあります。

マンション売却では不動産鑑定士による正確な査定ではなく、不動産市場における需要を考えて算出された不動産会社による査定のほうが合っています。

自宅マンションを売却するという人は、わざわざ費用をかけて査定してもらう必要はなく、不動産会社の無料査定を利用するのがベターです。

ただし不動産会社が提示する査定額は、過去の売却事例を参考に算出したものであるため、査定する不動産会社によってズレが生じるという点には注意してください。

一社の査定額を鵜呑みにすると、数百万円という単位で損をする場合がありますので、必ず複数の不動産会社の見積もりを集めて適正価格を把握しましょう。

不動産会社へ無料査定を依頼するなら一括査定サイトがおすすめ

不動産会社へ無料査定を依頼するなら、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。

不動産一括査定サイトとは、ネット上で物件情報を入力するだけで複数社にまとめて査定依頼できる便利ツールです。

一括査定サービスは利便性の高さから人気が急増し、現在では不動産売却時の利用が定着したといっていいでしょう。

不動産一括査定サイトについてさらに詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧下さい。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

不動産鑑定士による査定費用はいくら?

不動産鑑定士による査定費用はいくら?

不動産鑑定士による査定費用は、だいたい15〜40万円ほどです。

査定対象によって金額は異なり、マンション一部屋を査定してもらう場合は20万円前後が目安になります。

ただし鑑定事務所によって値段設定は違うため、査定依頼する前に事務所のホームページで料金表を確認すると良いかもしれません。

またマンションの相続税評価額は不動産鑑定士に査定依頼する以外にも、自分で調べる方法があり、必ずしも不動産鑑定士に査定依頼しなければならない訳ではありません。

査定費用を節約したいという人は、マンションの相続税評価額の調べ方について解説している下記の記事も合わせてご覧下さい。

マンションの相続税評価額の調べ方と計算方法について徹底解説!

この記事では、マンションの相続税評価額の調べ方と計算方法について紹介しています。分譲マンションの固定資産税評価額を把握するためには、固定資産評価証明書と課税明細書の見方を知る必要があります。実勢価格についても解説していますので、参考にしてください。

管理人からの一言「とりあえず不動産会社に相談するのがベター」

個人が不動産鑑定士に査定依頼することは、ほとんどありません。

不動産鑑定士に査定依頼するのは、裁判で使う証拠資料が欲しいというレアケースです。

マンションの売却価格や賃料などを知りたい場合は、不動産会社に査定依頼するのが適切といえます。

不動産鑑定士に査定してもらう必要があるケースでも、とりあえず不動産会社に相談しておけば間違いありません。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。