最近では、買取保証サービスをおこなっている不動産会社が増えてきました。

どんなサービスなのかは知っている人も多いと思いますが、利用することでどんなメリットやデメリットがあるのか、しっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。

買取保証は非常に良いサービスですが、デメリットについても知っておかないと、後悔することになります。

キャラ

この記事では、「そもそも買取保証とは」から「買取保証のメリット・デメリット」について紹介していきますので参考にしてください。

買取保証とは

買取保証とは、不動産会社が「期限までに買い手を見つけられなかった場合、当社で買取ります」という約束付きで売却活動をおこなうことです。

不動産会社がパイプ役となって買い手を探してきてくれる仲介と、不動産会社が直接買い手となる買取を組み合わせたのが、買取保証制度になります。

買取保証によって不動産会社に家を買い取ってもらう場合、瑕疵担保責任が免責されたり、仲介手数料が不要であるという利点がありますが、売却相場は仲介に比べて安くなる傾向にあります。

また買取の場合、不動産会社はできるだけ安く買い取りたいと思っている一方、売主はできるだけ高く売りたいと思っているため、利益が相反するという点には注意が必要です。

不動産売却で買取保証を利用するメリット

買取保証の画像

不動産売却で買取保証を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 売却スケジュールが立てやすい
  • 高値売却の可能性が残せる
  • 売却金額が明確だから資金計画が立てやすい

売却スケジュールが立てやすい

不動産売却で買取保証を利用すると、売却スケジュールが立てやすくなります。

仲介の場合、買い手が見つかるまでにかかる期間が明確でないため、スケジュールを立てるのは困難です。

新居の契約日や相続税納税期限など、いつまでに売らなければならないという制限がある場合には、買取保証を付けて売却することをおすすめします。

高値売却の可能性が残せる

買取保証は、仲介で売れなかった場合に買取で売却する方法のため、高値売却の可能性が残っています。

即日即金の買取だと不動産会社が決めた金額で売却することになりますが、仲介であれば売主が金額を決められるため、相場以上での売却も可能です。

期限までに確実に売却できるという保証付きで、高値売却のチャンスを得られるというのが、買取保証の最大のメリットといえます。

売却金額が明確だから資金計画が立てやすい

不動産会社に売却査定してもらうのと同時に買取査定をしてもらうため、最終的にいくらで売却できるのかが明確です。

仲介の場合、買い手が現れなくて途中で値段を下げたり、買い手からの値下げ交渉に応じたりする必要があるため、必ずしも最初に設定した売り出し価格で売却できるとは限りません。

買取保証付きでの売却なら最低売却金額が決まっているため、住宅ローンは完済できるのか、いくらの新居を購入できるのか、など資金計画が立てやすいというメリットがあります。

不動産売却で買取保証を利用するデメリット

買取保証を利用するデメリット

不動産売却で買取保証を利用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 売却活動に力をいれてもらえない可能性がある
  • 相場よりも安く買い取られてしまう

買取保証を利用することで安心しきってしまうと、思わぬ落とし穴がありますので注意しましょう。

売却活動に力を入れてもらえない可能性がある

買取保証付きで売却すると、不動産会社が売却活動に力を入れない可能性があります。

売却活動に人件費や広告費などをかけても、最終的に買取になってしまえば仲介にかけた費用が回収できないからです。

頑張っても売れなかった場合に損をするのは不動産会社のため、どうしても頑張らずに期限を待とうと考える不動産会社が出てきてしまいます。

買取保証を利用して売却する人のほとんどは、「仲介で売却できたら嬉しいけど、買取になっても仕方がない」と考えている傾向にあり、しっかりと売却活動がおこなわれていなくても気付かないケースが少なくありません。

相場よりも安く買い取られてしまう

売却期間中に買い手が見つかれば良いのですが、見つからなかった場合、相場よりも安く買い取られてしまうというデメリットがあります。

不動産会社は売主から買い取った後、リフォームで物件をきれいにしたりして転売します。

転売で利益を得るためには、商品をできるだけ安く仕入れることが必須です。

逆に売却相場で買い取ってしまうと不動産会社が赤字になってしまうため、どれだけ良心的な不動産会社でも売却相場より安くなってしまうのは避けられません。

不動産を買取保証で売却したときの相場はいくら?

不動産を買取保証の相場はいくら?

不動産を買取保証で売却したときの相場は、売却価格の7〜8割です。

不動産会社によって設定金額は異なるため、複数社に査定依頼して見積もり金額を比較すると良いでしょう。

当然ながら売却力のある不動産会社のほうが、買取保証の金額も高くなります。

買取保証サービスをおこなっているという理由だけで売却依頼する不動産会社を決めてしまわず、売却力の有無にも注目してください。

どこが売却力のある不動産会社なのか分からない、と思われるかもしれませんが、複数社を比較すれば、初心者でも売却力のある不動産会社が見分けられるようになります。

早く売却したいからといって業者選びを妥協してしまうと、何百万円も損をしてしまう可能性がありますので、最低でも3社の見積もりを集めて比較してください。

その際、不動産一括査定サイトを利用すると一社一社に連絡する必要がなく、ネット上で物件情報を一度入力するだけでまとめて査定依頼できるので非常に効率的です。

無料で利用でき、査定依頼したからといって必ずしも契約を結ぶ必要はありません。

また不動産一括査定サイトは悪徳不動産会社が排除されているというメリットもありますので、利用して損はないと思います。

買取保証制度を利用して不動産を売却する流れ

買取保証の流れ

買取保証を利用して不動産を売却する流れは、以下のとおりです。

不動産会社に相談する

まずは買取保証をおこなっている不動産会社に、売却相談をします。

不動産会社によって、買取保証金額に数百万円の差が生じることも珍しくありませんので、最低でも3社に売却相談し、査定額を比較してください。

上述しましたが、不動産一括査定サイトを利用すると、簡単に複数社の比較ができるのでおすすめです。

媒介契約を結ぶ

売却相談した不動産会社の中から1社選び、媒介契約を結びます。

このときに買取保証について記載された覚書や買取保証書を渡されますので、大切に保管しておきましょう。

売却活動をおこなう

売却期限まで、不動産会社に売却活動をおこなってもらいます。

不動産会社が手を抜かないよう、活動報告書をしっかりとチェックしましょう。

買取保証は、あくまでも売れなかったときの保険です。

仲介で売れたほうが売却代金は高くなるのですから、不動産会社に任せっきりにせず、売主も売却活動に参加することをおすすめします。

売買契約を結ぶ

不動産会社が見つけてきた買主と、売買契約を結びます。

もしも売却期限までに買い手が見つからなかった場合は、媒介契約時に取り決めた内容で、不動産会社と売買契約を結びます。

物件引渡し

売買契約を結んだ相手に、物件を引き渡します。

物件引渡しと同時に売却代金を受け取り、所有権者の変更をおこなったら、不動産売買取引は完了です。

買取保証を利用したほうが良いケース

買取保証を利用したほうが良いケース

どんな時に、買取保証を利用して不動産売却するのが良いのでしょうか。

買取保証を利用したほうが良いケースは、以下のとおりです。

  • 住み替えや相続、転勤などで売却期限がある場合
  • 築年数の古いマンションなど売れづらい物件を売却する場合
  • 売れるかどうか心配したくない場合

住み替えや相続などの関係で「◯月までに売却しないといけない」という場合や、築年数が古くて売れ残ってしまいそうな場合は、買取保証のある不動産会社で売却したほうが良いと思います。

万が一買い手が見つからなくても、不動産会社に買い取ってもらえるので安心です。

売れるかどうか心配したくないという人も買取保証付きで売却すれば、高額売却のチャンスを残しつつ確実に売却できるので、精神的に楽に売却活動がおこなえます。

売却期間があまりにも短く、売却活動をおこなう時間がないという人は、そのまま不動産会社に買い取ってもらうこともできます。

買取サービスについて紹介している、下記の記事も合わせてご覧下さい。

マンションの「買取」は損をするって本当?高く買い取ってもらうコツは?

マンションの買取は損をするって本当?この記事では、買取保証についてや買取のメリット・デメリット、高く買い取ってもらうコツについても紹介しています。手軽だからといって安易に買取を選択してしまうと、思わぬ不利益を被るかもしれません。

買取保証サービスをおこなっている不動産会社

買取保証サービスをおこなっている不動産会社

買取保証サービスを受けたくても、どの不動産会社が実施しているか分からないという人も多いと思います。

買取保証サービスをおこなっている主な大手不動産会社は、以下のとおりです。

それぞれ買取保証をおこなう条件や内容が少しずつ違うため、ホームページを見るか、問い合わせて確認してください。

管理人からの一言「まずは仲介で売却することを目指すべき」

買取保証が付いていたとしても、まずは仲介で売却することを目指してください。

不動産会社の買取になってしまうと、どうしても相場よりも安く売却することになってしまいます。

誰しも、大切な資産である不動産はできるだけ高く売却したいはずです。

買取保証は、あくまでも売却できなかったときの保険と考え、まずは仲介で高値売却を狙いましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。