マンションを売り出してからすぐに購入希望者が現れたり、複数人の購入希望者が現れたりしたら、「もう少し高く売れるのではないだろうか」と思う売主もいるのではないでしょうか。

しかし、すでにその金額で購入希望者がいる場合には値上げすることはできません。

正確に言えば、値上げすることは可能ですが、するべきではないのです。

また購入希望者がいない場合の値上げも現実的ではありませんし、やるべきではありません。

キャラ

ただし購入希望者がいない場合には戦術上、値上げするケースもありますので、それについては「購入希望者がいる場合は値上げするべきではない理由」の後で紹介します。

購入希望者がいる場合には値上げできない

値上げ

購入希望者がいる場合の値上げは、売却チャンスを逃すことになります。

売却チャンスを逃すことは、売主にとって最も避けるべきことであり、マンション売却そのものを失敗させるリスクがあります。

そのため売り出し活動の途中で値上げすることは、基本的にできないと思ってください。

購入希望者への印象が良くない

買い手の立場にたって考えてみましょう。

マンションは気軽に買えるものではありませんので、買い手は自分の予算内で最も良い条件のマンションを探すために、不動産業者をまわったり、内覧にいったりと、労力や時間を費やします。

そうやって検討を重ねて購入を決断したにもかかわらず値上げをされたら、買い手は憤りを感じるでしょう。

購入をやめてしまうかもしれませんし、トラブルになる可能性もあります。

購入希望者を見つけてきた不動産会社に対して不誠実

不動産会社は売主が決めた売り出し価格をもとに売却活動をおこない、その結果、購入希望者が現れて売買契約となります。

しかし「思ったより買い手がすぐについたから」、「購入希望者がたくさん現れたから」といって値上げをしてしまえば、不動産会社がせっかく見つけてきた購入希望者は、購入をやめてしまう可能性があるだけでなく、不動産会社に対して悪い印象を持つことも考えられます。

そうなれば、不動産会社の努力を裏切ることになりますので、不動産会社は積極的に動くのをやめるかもしれません。

情報を拡散せず小出しにして、少し時間が経ってから購入希望者が現れたほうが良い、ということになってしまうからです。

売り出し活動を始めてからの値上げは、頑張って購入希望者を見つけてきてくれた不動産会社に対して不誠実であり、今後の不動産取引に影響が出ますので、避けるべきといえます。

売り出し価格から値上げすることは滅多にない

売り出し価格の値上げは滅多にない

そもそも、売り出し価格から値下げすることはあっても、値上げすることは滅多にありません。

なぜなら売り出し価格は、少し高めで設定するのが一般的だからです。

売り出し活動を開始してから値上げするということは、最初の価格設定が間違っていたということになります。

マンション売却時における値下げについて知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却で値下げするタイミングと時期【適切な値下げ設定のコツ】

この記事ではマンション売却で値段を下げるタイミングや時期について紹介しています。中古マンションの値下げは1割が基本。その他の失敗しがちな値下げ設定のミスなどを紹介します。

5,829view

売り出し価格の設定に失敗している

売り出し価格は、相場価格から離れてはいけません。

売り出し価格が相場価格よりも高すぎれば、良い物件であったとしても買い手に見向きされなくなってしまいますし、安すぎれば売り手が損をしてしまいます。

「値上げしたい」ということは、最初の売り出し価格が安すぎたと考えられます。

人生で一度あるかないかのマンション売却を成功させるためには、高すぎたり安すぎたりしない、適切な売り出し価格を見極めることが大切です。

売り出し価格の決め方については、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

マンションの売り出し価格の決め方!成約価格との差をなくすために

この記事では、マンションの売り出し価格の決め方について紹介しています。マンションを売却するときに誤った価格設定をすると成約価格が下がってしまい後悔します。相場価格を調べて値段を決めることが安値売却を防ぐコツです。

5,963view

購入希望者がいなければタイミングをみて値上げ可能

購入希望者がいなければタイミングをみて値上げ可能

購入希望者がいない場合も、値上げすることは滅多にありません。

マンションが売れない状況において、値段を上げるということは考えにくいからです。

ただし以下のタイミングであれば、プラス要素となる値上げができるかもしれません。

不動産業界の繁忙期を狙う

物件を多くの人に見てもらうことが、売却成功の近道であり、高く売るコツになります。

そのため不動産の取引が多くなる春や秋であれば、多くの人に物件情報を見てもらうことができるので、値上げしても買ってくれる人が現れるかもしれません。

しかし繁忙期はライバルとなる売却物件も増えるため、単純に売りやすくなるとは限りませんので注意が必要です。

リフォームをして物件の価値が高まったとき

マンションをリフォームして、目立つ傷や汚れをなくせば、売主に与える印象が良くなります。

その結果、売れる物件となり、高く売ることができるかもしれません。

リフォーム代も回収しなければなりませんので、リフォームしたときには必然的に値上げすることになります。

しかしマンションが売れない場合にリフォームするのではなく、売り出し活動をする前にリフォームしておくのがベストです。

マンション売却時のリフォームについては、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

マンション売却はリフォームして売るべき?費用はいくらかけるのが妥当?

マンションはリフォームして売るべき?この記事では、マンション売却でかかるリフォーム代について紹介しています。諸費用はなるべくおさえて中古マンションを高値売却するコツを確認しておきましょう。

6,298view

販売力のある不動産会社に変えたとき

マンション売却がスムーズに進まなかったり、不動産会社に不信感があったりする場合に、不動産会社を変えることがあります。

そのタイミングであれば不動産会社と相談のうえ、値上げしても良いでしょう。

不動産会社の腕次第で、値上げしても売れる可能性は十分にあるからです。

本当に力のある不動産会社を選ばないと、売れ残るリスクが高いので気をつけてください。

不動産会社を変えたい場合は一括査定サイトを利用し、複数の業者を比べたうえで変更することをおすすめします。

不動産一括査定サイトについては、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

8,982view

管理人からの一言「マンション売却での値上げは極力避けるべき」

売り出し活動の途中で値上げすると、買い手にも不動産屋にも悪い印象を与えます。

買い手がいなければ不動産売買は成立しませんし、不動産屋はマンション売却を成功させるために共に頑張るパートナーです。

その買い手と不動産屋に悪い印象を与えてしまえば、マンションは売れづらくなり、売主にとっても良い結果を招きません。

売り出し価格を適切な金額で設定していれば値上げすることにはならないはずですので、最初の価格設定は非常に重要であるということです。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。