マンションが売れないことに焦って値下げを検討している人や、不動産屋に「売れないから値下げしたほうが良い」と言われた人もいるでしょう。

しかし本当に値下げするべきなのか、値下げする金額は妥当なのか、心配になりますよね。

せっかく値下げしたにもかかわらず買い手がつかない、という事態を避けるため、しっかりと知識を身につけたうえで値下げしてください。

キャラ

この記事では、「値下げのタイミングと時期」から「正しい値下げの方法」を紹介していきます。

マンション売却で値下げするタイミングと時期

マンション売却で値下げ

マンションの値下げには、適したタイミングと時期があります。

今がマンションを値下げするのに良いタイミングなのか、値下げして効果のある時期なのか、見極めが肝心なのです。

早すぎる値下げや、効果のない時期に値下げをしても損をするだけですので、タイミングと時期を見て値下げに踏み切りましょう。

値下げの一つの目安は3ヶ月

売り出してからまだ3ヶ月経っていないのであれば、値下げを検討するには早すぎます。

不動産会社に値下げをするよう勧められたとしても、応じる必要はありません。

どうして3ヶ月なのかというと、マンション売却にかかる期間の平均が3ヶ月だからです。

3ヶ月以降は売れるのに平均よりも時間がかかっている、ということになりますので値下げを視野に入れても良い時期といえます。

なぜマンション売却の平均期間が3ヶ月なのかについては、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションの売却期間は平均どのくらい?3ヶ月で売れない場合の対策法

マンション売却の手続きにかかる期間は?中古マンションはどれくらいで売れるのが平均?内覧件数が少ないときは売却時期や相場価格を見直すことで早く売ることができます。

買い手の反応を見て値下げする

買い手からの不動産物件の確認がそれなりにあり、内覧希望者もいる場合には、値下げしてしまうともったいないので、もう少し様子を見るようにしましょう。

しかし内覧者が多いにもかかわらず売れないということは、他に購入を検討しているマンションとの競争に負けている可能性があります。

買い手があなたのマンションと他のマンションを比べたときに、何か選ばれない理由があるということです。

比較対象になるであろう周辺の中古マンションと比べて値段が高いのであれば、値下げすることで他のマンションとの競争に勝つことができるかもしれません。

繁忙期まで待ってみる

不動産業界の繁忙期は、進学や就職、転勤などで動きが多い春と、第2の異動シーズンである秋です。

買主の需要が高まる春と秋にマンションを売り出せば、成約をかなり後押ししてもらえます。

もしも売り出したのが夏や冬の動きが良くないシーズンだったのであれば、買主が多くなる繁忙期まで待ってみると、値段を下げることなく売却できる可能性があります。

逆に繁忙期に売り出していたにもかかわらず売れなかったのであれば、値下げを検討しても良いでしょう。

値下げするコツと売却価格の設定方法

値下げするコツと売却価格の設定方法

誰しも、自分のマンションが高く売れたら嬉しいですよね。

しかし、なかなか購入希望者が現れず、値下げせざるを得ない状況になってしまうことがあります。

その際に間違った値下げの仕方をしている人をたびたび見かけますが、ただ安くすれば良いというものではありません。

値下げするにも、正しい価格設定があるのです。

正しいやり方を知ったうえで、値下げに踏み切りましょう。

値引きは1割以上しないと意味がない

値下げするのであれば、売り出し価格の1割程度下げなければ意味がありません。

少額ずつ値下げしたところで買い手からの良い反応はなく、むしろまだ下がるのではないかと思われてしまいかねません。

しかし売り出し価格から1割程度の値下げをおこなえば、買い手にインパクトを与えることができますし、今買わなければ売れてしまうかもしれない、と思わせることができます。

勇気がいるかもしれませんが、値下げをするなら売り出し価格の1割、ということを覚えておいてください。

端数価格効果を利用する

スーパーなどで、「1,980円」などのキリの悪い金額をよく目にしませんか?

これは端数価格効果を利用した戦術で、キリの良い数字よりもお得に感じるという効果があります。

端数価格効果の効果を最大限引き出し、魅力的な値段設定をするためには、

  • キリの良い数字にしないこと
  • 0以外の数字を最初に3桁並べること
  • 末尾を8にすること

に気をつけて値段を決めましょう。

たとえば2,000万円にしたいところを、1,980万円にしてみるのです。

値下げはただ安くすれば良いのではなく、買い手にインパクトを与え、お得であると思わせることが大切です。

値下げは価格交渉(値引き交渉)があることを前提におこなう

「値下げ」と「値引き交渉」が混ざりやすいので、その違いについて簡単に説明しておきます。

値下げとはマンションが思ったように売れないときに、売り出し価格を売主の判断で下げることをいいます。

それに対して値引き交渉は買主に購入の意思があり、売主に売り出し価格からもう少し下げることはできないか、交渉することをいいます。

売主が最初の価格から値下げしていたとしても、さらに買主からの価格交渉で値段が下がることがあるということです。

値下げするときには、あらかじめ値引き交渉があることを考慮して、金額を設定するようにしてください。

買主から価格交渉されたときの対応方法については、下記の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

マンション売却で購入申込書を受け取ってからの流れは?値引き交渉への対応のコツ

この記事では、マンション売却で購入申込書が入ってからの流れについて紹介しています。買付証明書が入ったらキャンセルを避けるために手付金の額などの確認は怠ってはいけません。効力や有効期限、値引き交渉への対応のコツについて知っておくことで、中古マンションの売却がスムーズに進みます。

値下げが本当に必要か考える

ここまで値下げの方法について説明してきましたが、マンションが売れないのは本当に値段のせいでしょうか

確かに値段を下げれば売れるかもしれませんが、それはとても安易な考えです。

マンションが売れない本当の理由を探り、改善すれば、値段を下げなくても売れるかもしれません。

値下げをする前に、値下げ以外に取れる対策はないのか、値下げををすれば本当に売れるようになるのか、考える必要があります。

売れないマンションどうする?売るために見直す5つのポイント

売れないマンションどうする?この記事ではマンションが売れない理由と原因について紹介しています。処分や放棄、値下げをしてしまう前に、売れないマンションの特徴を知ることでどうすれば売却できるようになるのか分かります。

不動産会社に値下げを提案されたらどうすれば良い?

不動産業者は早く売却することに重きを置いているので、早い段階で値下げするよう説得してくる場合があります。

しかし必ずしもそれに応じる必要はなく、まずは値下げ以外の方法でマンションが売れるように対策を講じるべきです。

どうしても値下げが必要になったときには、ただ安くすれば良いと考えるのではなく、今回の記事で紹介したことを意識するようにしてください。

管理人からの一言「マンション売却において値下げは最終手段」

マンション売却において、値下げは最終手段です。

売れない原因が必ずしも価格にあるとは限らず、不動産会社に営業力がなかったり、掃除をして綺麗にすれば売れたりする可能性があります。

なかなか買い手が現れないと不動産会社に値下げを提案されるケースも多いですが、焦って値下げをしてはいけません。

売れない原因が価格ではなかった場合、値下げしても売れ残ってしまう最悪の事態になります。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。