最近は、「ペット可」のマンションが増えています。

ペットは飼い主にとって家族同然であり、欠かせない存在ですが、マンション売却時には頭を悩ませる要因になります。

部屋に染み込んでいるペットの臭いや爪や歯でつけられた傷などが、売却価格に影響するのではないかという懸念があるからです。

実際に臭いや毛、アレルギーなどの問題から、ペットを飼っていたマンションを良く思わない人も少なくありません。

キャラ

この記事では、「犬や猫を飼っていると売却価格は下がるのか」から「ペットがいるマンションを売却するときの注意ポイント」について紹介していきます。

犬や猫を飼っているマンションの売却価格は下がるのか

犬や猫の画像

犬や猫などのペットを飼っていると、マンションの売却価格は下がってしまうのでしょうか。

結論から言いますと、マンションの価値が下がる可能性もありますが、値下げせずに売却することも可能です。

ペットを飼っている飼っていないにかかわらず、売却価格に大きく影響があるのは物件の状態になります。

ペットを飼っていても物件の状態が良ければ高く売れ、ペットを飼っていなくても物件の状態が悪ければ高く売ることは困難です。

犬や猫による臭いなどを取り除き、清潔感のあるマンションを目指せば、ペットを飼っていても売却価格が下がることはありません。

ペットを飼っているマンションを売却するときの注意ポイント

ペットがいるマンションを売却するときの注意ポイント

ペットを飼っているマンションを売却するときには、部屋に染み付いたペットの臭いや毛などに注意してください。

いくらペットを飼っていたことに対して寛大な買主だとしても、管理が悪いとなると事情が異なるからです。

ペットを飼っていることによってマンションの価値を下げないためには、管理が行き届いていて部屋に清潔感があるかどうかが重要になりますので、しっかりと対策をしましょう。

部屋に染み付いた臭いを除去する

ペットを飼っているマンションを売却するときに最も気になるのが、部屋に染み付いた臭いだと思います。

外出先から帰宅したとき、住んでいる人でも気になるペットの臭い。他人からすれば、気分が悪くなってしまう可能性があります。

ペットの臭いをそのままにしておくと、臭いを原因に購入者から値引き交渉されかねません。

犬や猫の独特な獣臭やおしっこ、餌による異臭など、マンションについた臭いを除去するのは簡単ではありませんが、マンション売却を決めたら以下の方法を試してみましょう。

  • 脱臭機を利用する
  • 臭いが染み込んでいるカーペットやソファは処分する
  • 定期的にペットをシャンプーする
  • ふん尿はすぐに片付ける
  • 餌を出しっぱなしにしない
  • 頻繁に換気する

マンション売却を決めたら、カーペットやソファなどの臭いが染み込んでいるものは処分することをおすすめします。

臭いが染み込んだものを処分した後は、臭いを発生させないという点に注力しましょう。

ペットの毛をきれいに取り除く

抜けたペットの毛は、きれいに取り除いておきましょう。

カーテンレールやエアコンの上、また本棚の上はたまりやすいので、念入りに掃除してください。

床に毛が落ちているのも印象が良くないため、すべて取り除くことが大切です。

換毛期はきれいに掃除してもすぐに抜け落ちてしまうため、購入希望者の内覧会のたびに徹底的に掃除する必要があります。

猫は3〜4月、犬は2〜7月が毛の抜けかわりの時期になりますので、この時期にマンションを売却する場合は特に気をつけなければなりません。

ブラッシングを日課にしてなるべく毛を落とさないこと、毛がたまる場所を把握しておき、こまめに掃除することを心がけてください。

内覧時には犬は散歩に連れていく

購入者を内覧に迎えるとき、できれば犬は散歩に連れていき、猫はゲージに入れておきます。

犬が内覧者に向かって吠えたり、かまってもらいたくて飛びついたりすると、あまり印象が良くないからです。

内覧の対応には奥さんだけが残れば良いので、旦那さんや子供たちで犬の散歩に出ておくことをおすすめします。

散歩に連れていく人がいない場合はペットホテルに預かってもらうか、知り合いに頼んでおくのがベターでしょう。

内覧時にペットをどうするかについて、事前に話し合って決めておいてください。

ペットがいる事実を隠さない

売却価格が下がるのを懸念してペットを飼っていることを隠す人もいるようですが、隠すのは賢明な売り方ではありません。

もしも購入者に犬や猫のアレルギーがあれば、購入者の体調に悪影響を及ぼしかねないからです。

また近隣住民の話などから、ペットを飼っていたことが購入者の耳に入る可能性も十分に考えられます。

故意に伝えなかったことが原因でトラブルに発展し、損害賠償や違約金を請求されてしまえば、金銭的にも精神的にも相当な苦痛を強いられます。

自分の身を守るためにも、物件を気に入って高いお金を出して購入してくれる買主を裏切らないためにも、ペットを飼っていることは必ず伝えましょう。

ペットがつけた傷なども隠さず買主に伝える

犬や猫が家につけた傷なども、隠さずに買主に伝えておくのがベターです。

フローリングの傷は本来、買主に一つ一つ伝えなくても問題のない部分ですが、ペットがつけた傷となると話は変わります。

内覧時にはペットによる傷や汚れを見えるようにしておき、後からクレームを受けることがないようにしておきましょう。

犬や猫を飼っているマンションを値引きせずに売却するコツ

犬や猫がいるマンションを高く売却するコツ

犬や猫を飼っているマンションを値引きせずに売却するためには、ペットを飼っている人に売却するハウスクリーニングをするのがコツです。

ペットを飼っている人に売却する

ペットの臭いや汚れを完璧に落としたとしても、ペットが暮らしていたという事実に対してマイナスな印象を持つ買主の場合、どれだけ物件の魅力を伝えても値引きされてしまう確率は高いでしょう。

そのためペットを飼っている人、あるいはマンションに引っ越してから飼いたいと思っている人に売却するのが値引きせずに売却するコツです。

自分もペットを飼っている、これから飼うという人は、ペットの臭いや汚れに対して寛大である可能性が高く、物件自体を気に入ってくれれば値引きなしで購入してくれます。

おすすめの散歩コースやドッグラン、近くにある動物病院など、ペットと暮らすのに必要な情報を教えてあげると、より購入を前向きに検討してもらえるきっかけになります。

ハウスクリーニングをする

マンションに内覧者を迎える前に、ハウスクリーニングをすることもおすすめです。

ハウスクリーニングをすれば、掃除のプロが専門的な知識と道具によって、部屋の臭いや汚れを完璧に落としてくれます。

犬や猫を飼っているのがマイナスとなるのは通常よりも傷や汚れ、染み付いた臭いが懸念されるからであり、そのマイナス要因を取り除いておくことが値引きされずに売却するコツです。

ただしペットを飼っている、飼っていないに関係なく、買主から値引き交渉されるのは不動産売却では通例となっています。

ハウスクリーニングに費用をかけすぎると、売主が損をしてしまいかねません。

ハウスクリーニングにかかる費用は、以下を参考にしてください。

1LDK〜2LDK 4万〜7万5千円
3LDK〜4LDK 8万〜10万5千円
5LDK以上 10万5千円〜

ハウスクリーニングの業者によって金額や仕上がりに差がありますので、質の良い業者を選びましょう。

ペット禁止のマンションで犬や猫を飼っていた場合

ペット禁止のマンションで犬や猫を飼っていた場合

ペット禁止のマンションの場合、買主は当然ながらペットはいないものとして物件の内覧にきます。

そのため犬や猫による傷や汚れがなく、部屋の状態が良い場合でも、ペットを飼っているという事実から購入をやめてしまう買主も少なくないでしょう。

またペット不可のマンションで犬や猫を飼っていることを、値引き交渉の材料に使われても仕方ありません。

ある程度の値引き交渉に応じなければ、マンションを売却することは難しいと思います。

後ろめたさからペットを飼っていたことを隠して売却しようと考える人もいますが、ペットを飼っていたことが買主の耳に入ってしまうと、ペット禁止のマンションだからこそ深刻なトラブルに発展しかねません。

ペットを飼っていることを了承してもらったうえで、売却しましょう。

管理人からの一言「ペットを飼っているマンションでも対策次第で高く売却できる」

犬や猫などのペットを飼っているからといって、必ずしも売り出し価格を下げる必要はありません。

対策次第で、ペットを飼っていない物件と同じように売却することが可能だからです。

ペットを飼っている飼っていないにかかわらず、値引き交渉はあるものなので、値引き交渉されるのを前提に値段設定することも大切になります。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。

イエウールで簡単査定(無料)してみる