「マンションってどのくらいで売れるんだろう?」という疑問を抱いている人も多いのではないでしょうか。

特に離婚や転勤、住み替え、相続の納税期限などの都合がある場合には、どれくらいの期間で売れるのか気になるはずです。

キャラ

この記事では、「マンションの売却期間の平均」から「早く売るためのコツ」について解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

マンション売却にかかる期間の平均は3ヶ月

マンションの売却期間

売主がマンションの売却活動を開始してから買主と売買契約を結ぶまでの期間は、3ヶ月が平均といわれています。

ただし物件の条件が良く売却がすぐに決まる場合もあれば、なかなか購入者が現れず1年以上売れない場合もあります。

3ヶ月というのは平均であり、様々な要因でその期間は前後しますので、あくまでも目安として考えてください。

マンション売却の全体の流れを把握しておきたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却の流れ|売る時の注意点や税金まで徹底解説!

マンション売却の流れや注意点、税金について初心者にもわかりやすく解説しています。大切な資産を売るのですから、基礎知識はもちろん、損をしない売却方法についても知っておくべきです。失敗したくない!できるだけ高く売りたい!という人はぜひ参考にしてください。

18,288view

不動産会社は3ヶ月で売却したいのが本音

不動産仲介会社と結ぶ専任媒介契約・専属専任媒介契約の有効期間は3ヶ月であり、売却期間の平均である3ヶ月と一致しています。

これには、仲介会社の都合が関係しているといえます。

専任媒介の有効期間が終わると、売主はマンション売却を依頼する仲介会社を変更することができます。

不動産業界は成功報酬となっているので、ここで売主に仲介会社を変えられてしまうと、売却活動をしていた3ヶ月がタダ働きとなってしまいます。

無報酬を避けるために、仲介会社としては「なんとか3ヶ月で売却したい」という思いがあるということです。

「早期売却=売却成功」ではない

不動産業者が売却のために頑張ってくれるのは良いことなのですが、努力の方向性が「早く売却すること」になってしまうと、どうしても値段を下げられてしまいがちです。

早く売れたとしても値段が売主の希望を大きく下回ってしまっていたら、売却成功とはいえません。

しかし仲介会社からしたら確実に仲介手数料をもらいたいのが本音であり、他の仲介会社に売主を取られるくらいなら、売却価格が多少安くなったとしても自社で成約できたほうが良いと考えます。

なかなかマンションが売れないと、仲介会社は値段を下げるよう説得してくるかもしれませんが、それが仲介会社の都合だと感じれば応じる必要はありません。

売却期間に差が生じるのはなぜ?

売却期間に差があるのはなぜ?

売却活動から成約までの期間に、違いが生じるのはなぜなのでしょうか。

すぐに買い手がつくケースと、なかなか買い手がつかないケース、それぞれ紹介していきます。

すぐに買い手がつくケース

すぐにマンションの買い手が見つかれば、売主として嬉しいと思います。

以下のケースに当てはまれば、比較的早く売却することができるかもしれません。

  • 物件の条件が良い
  • 売り出し価格を相場よりも低くしすぎていた
  • 内覧会の対策がきちんとできていた
  • 不動産会社が熱心に売却活動をおこなってくれた
物件の条件が良い

売却するマンションの条件が良い場合には、すぐに買い手がつきます。

買い手がつきやすい条件としては、以下のことが挙げられます。

  • 駅から近いなどの交通の便が良いこと
  • スーパーやコンビニ、病院などが近くにあり、生活に不便しないこと
  • 学区や通学路などの評判が良いこと
  • 物件の状態が良いこと(雨漏れや設備の故障はないか)

このような良質な物件であれば買主に与える印象が良く、すぐに売却が決まります。

売り出し価格を相場よりも低くしすぎていた

売却活動を始める際、売主はマンションの売り出し価格を設定します。

このとき相場よりも高く設定すれば売れづらく、安く設定すれば早く売れる傾向にあります。

早く売れたとしても相場よりも安く見積もってしまっていた場合には、自分や家族の心にしこりを残してしまいかねません。

たとえば売主が、このマンションは古いから価格なんてつかないだろう、と低めに見積もったとします。

しかし実際には立地が良かったり、間取りが良かったりと買主にとってのメリットは大きく、マンション自体は古くても総合的な価値は高かった、という場合があります。

その家に長く住んでいたからこそ価値がないように思えてしまったケースですが、購入するのは買主なのですから、売主の感覚で値段設定するのではなく、買主にとってどうなのかを考えなければなりません。

マンションの相場価格の調べ方については、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

【マンションの売却相場の調べ方】相場価格より高く売る方法を徹底解説!

マンションの売却相場の調べ方について紹介しています。できるだけ高く売るにはどうすれば良いのか、相場価格を左右する要素は何なのかについても解説しています。もう少し高く売れたかもしれないという後悔を残さないためには、しっかりと相場価格を把握することが大切です。

8,394view

内覧会の対策がきちんとできていた

買主にマンションを購入してもらうためには、内覧時の第一印象を良くすることが大切です。

売主の工夫次第でマンションの第一印象は大きく変わりますので、購入希望者が内覧に来るときには、できるかぎり印象を良くするための努力をしましょう。

内覧会で物件の第一印象を良くするためのコツについては後述でも紹介しますが、下記の記事でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

マンション売却の内覧を成功させるコツと事前準備!やりがちな失敗パターン

この記事では、マンション売却の内覧のコツと注意点について紹介しています。居住中のマンションを売るときに失敗しないための掃除とお茶を出すタイミングのポイントについて押さえておきましょう。

7,395view

不動産会社が熱心に売却活動をおこなってくれた

マンションが売れるかどうかは不動産仲介会社の営業力や、やる気によって大きく左右されます。

売却するマンションがどれだけ良い物件だったとしても、仲介会社が購入候補者に対してしっかり情報提供をおこなわなければ、売却を成功させることは難しいでしょう。

熱心に売却活動をしてくれる、信頼できる仲介会社との出会いが大切です。

なかなか買い手がつかないケース

なかなか買い手が現れないと、焦りを感じると思います。

以下のケースに当てはまる場合、そのまま売れ残ってしまう可能性がありますので、原因を探って対処しましょう。

  • 不動産会社に営業力がない
  • 囲い込みをされている
  • マンションの状態や条件が悪い
  • 値段が高すぎる
不動産会社に営業力がない

仲介会社にはそれぞれ得意とする分野があり、売買を得意としていない仲介会社にマンション売却を依頼してはいけません。

もしも売却を依頼した仲介会社が売買を得意としていなかったとしても、「得意分野ではないので無理です」と断ることはありません。

しかしその場合、仲介会社に売買の経験があまりなくて知識が浅いため、思い通りに買い手を探すことができないかもしれません。

もしも依頼した仲介会社が売買に不慣れだと感じるのであれば、早めに仲介会社を変えることをおすすめします。

囲い込みをされている

囲い込みとは仲介会社が物件の情報を他の不動産会社に公開せず、自社で独占しようとすることです。

なぜ囲い込みをするのかというと、不動産売買には「両手取引」といって売主と買主の両方の代理を務める販売方法があり、両手取引をすると仲介会社は双方から仲介手数料を受け取ることができます。

両手仲介が悪いわけではなく、両手取引を狙って物件の情報を他社に提供しないことで、売主の売買機会が奪われていることが問題です。

もちろんすべての仲介会社が囲い込みをするわけではなく、一部の悪質な仲介会社がおこなっている手法です。

もしも囲い込みをされている可能性を感じたら、仲介会社を変えたほうが良いでしょう。

マンションの状態や条件が悪い

マンションが駅から遠かったり、治安が心配される地域だったり、あるいは築年数が経ってしまっていてボロボロな状態だったりとデメリットが多い場合、すぐには買い手が見つからないかもしれません。

しかし駅から離れている物件だったとしても、普段の移動手段が自動車の人にとってはデメリットではなく、むしろ値段が安くなるのでメリットと感じるでしょう。

その物件の欠点とされる部分を欠点と感じない人と出会えるかどうかが、条件が悪い物件を売却するためには重要になってくるのです。

買主候補がなかなか現れない物件でも、じっくり時間をかけて売却することで、良い買主が現れる可能性があります。

値段が高すぎる

買主もだいたいの相場価格を知ったうえで家を探していますので、相場価格よりも高いと感じた物件には興味を持ちません。

また値段が高い物件は単純に見る人が少ないため、安い物件よりも売れづらいという理由もあります。

買い手は、だいたいの予算を決めてから家探しを始めます。

予算よりも安い物件は検討物件に含まれますが、予算よりも高い物件は検討にも至らないのです。

無理に価格を下げる必要はありませんが、早期売却を狙うのであれば多少の値下げは仕方ないかもしれません。

販売期間が3ヶ月経っても売れない場合の対策法

3ヶ月経っても売れない場合の対策

なかなかマンションが売れない場合、だんだんと焦ってきてしまうと思います。

時間をかければ売れる可能性はありますが、早く売りたいのであれば販売方法を見直す必要があります。

ではどのような点を見直せば買い手がつきやすくなるのかを解説していきますが、より理解を深めたい人はマンションを早く売るためのコツについて紹介している下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションを早く売りたいときの売却のコツ|今すぐ家を売る方法

マンションを早く売りたい、という人も多いと思います。この記事では、不動産を早く売却する方法とコツ、注意点、体験談について紹介しています。家を早く売ることにこだわりすぎると、思いがけない落とし穴にハマってしまう可能性があるので注意してください。

売出価格を値下げする

やはりマンションの値段が高いと、買い手はつきづらくなります。

物件自体の価値が高い場合もあれば、相場よりも高く見積もっている場合もありますが、いずれにしても少し妥協して値下げすることによって、購入候補者が出てくるかもしれません。

マンションの値下げ時期については、下記の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

マンション売却で値下げするタイミングと時期【適切な値下げ設定のコツ】

この記事ではマンション売却で値段を下げるタイミングや時期について紹介しています。中古マンションの値下げは1割が基本。その他の失敗しがちな値下げ設定のミスなどを紹介します。

5,331view

不動産仲介業者を変える

もしかすると、不動産会社の力不足でマンションが売れないのかもしれません。

「駅から遠いから」「全面道路が狭いから」などと売れない理由ばかりを並べて、マンションが売れないことを正当化してくる不動産屋だとしたら、依頼する会社を変えたほうが賢明です。

その物件の特徴をデメリットと感じる人もいれば、メリットと感じる人もいます。

たとえば「全面道路が狭い」というのは不便な反面、小さい子供がいる家庭では、「通行量が少ないため危なくない」ということもできます。

マンションを売却するためには、すべての人にその物件を気に入ってもらう必要はなく、たった一人の買主に気に入ってもらうことができれば良いのです。

買主にどのように物件をアピールできるのか、どのターゲットを狙えばそのアピールポイントが刺さるのか、仲介会社に見極める力がなければなりません。

リフォームをする

マンションを内覧して、そのまま購入を決める買主も少なくありません。

しかし内覧希望者は何人かいるにもかかわらず、なかなか購入に至らない場合には、家に問題があるのかもしれません。

以下の点においては買主の購入意欲を下げる原因となりますので、リフォームしたほうが良いでしょう。

  • トイレなどの水回りが汚い、もしくは故障している設備がある
  • ドアの取っ手が壊れているなど、破損箇所がある
  • 障子や畳、ふすま、壁紙の状態が悪い

過度なリフォームをする必要はありませんが、買主が見たときに購入意欲がさがるような箇所があり、売れない原因となっている場合には、多少お金がかかったとしてもリフォームしたほうが早期売却を望めます。

内覧会で第一印象を良くするための対策をおこなう

マンションの内覧会で買主に良い印象を抱いてもらうために、掃除をしたり、部屋を明るく見せる工夫をすることをおすすめします。

部屋が汚れており、売主の生活感があまりにも感じられると、買主の購入意欲は下がってしまいます。

そのため部屋の汚れや埃などを取り除き、物もできるかぎり少なくしておきましょう。

特に水回りの汚れは目につきやすいので、ハウスクリーニングを頼むのも手です。

また光の入らない暗い部屋も良い印象を持たれませんので、家中の電気をつけ、カーテンや扉はすべて開けておいてください。

特に雨の日は、どうしても部屋が暗くなってしまいますので、必ず部屋を明るくする工夫をします。

以上のことをおこなうだけで格段に印象を良くすることができますので、取り組んでみて損はありません。

そもそも内覧会に買主候補が集まるか心配な場合は、下記の記事で平均的な内覧数と見学者を増やす方法について紹介していますので合わせてご覧ください。

マンション売却での内覧は何回あるのが平均?件数を増やすためのコツ

マンション売却での内覧数は何回あるのが平均?この記事では内覧の件数が少ないときの対処法についても紹介しています。内覧へとつなげるコツを知ることが、マンション売却の成功へと導きます。

5,149view

売却時期を変える

売れづらい時期に売り出していることが原因で、3ヶ月経っても売れないのかもしれません。

一般的に夏や冬は不動産業界の閑散期といわれており、この時期に売り出すと買い手がつきづらいので、避けるのがベターです。

春や秋の人が動くタイミングが、買い手の母数が多い、マンション売却に適した時期です。

マンションの売り時について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

今がマンションの売り時?築年数や東京オリンピックから見る売却時期

マンションの売り時は東京オリンピックを目前としている今なのか?この記事では、マンションが高値売却できる時期や築年数について紹介しています。中古マンションの価格は今後どうなるのか、値上がりはいつまで続き、いつ下がるのか、推移を予想しました。

6,124view

管理人からの一言「売却期間は不動産会社によって大きく差がある」

マンション売却にかかる期間はケースバイケースですので一概には言えませんが、仲介会社のやる気や営業力、売主の工夫次第で大きく変わります。

また売主がどのような工夫をすべきか適切にアドバイスをしてくれる仲介会社であれば、売却は間違いなく満足のいく結果になるでしょう。

つまりマンション売却を成功させるためには、依頼する仲介会社の正しい選択が非常に大切だということです。

営業力があり、熱心に取り組んでくれる仲介会社なのかどうかを判断するには、いくつかの仲介会社を比較する必要があります。

そこで仲介会社を比較するのに便利な、一括査定サイトを利用することをおすすめします。

一括査定サイトは同時に複数の仲介会社を比較することができるので、良い仲介会社を選ぶのに最も適しているといえるでしょう。

マンション売却が成功するかしないかは仲介会社の腕にかかっていますが、良い仲介会社選びができるかできないかはあなたの見る目にかかっています。

複数の仲介会社を比較することで見る目を養い、良い仲介会社かどうかしっかり見極めてください。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。