オープンルーム(オープンハウス)は、非常に効果的な中古マンション売却方法です。

あらかじめ見学日を決めてその日は誰でも自由に家の中を見学してよい、とする方法で、モデルルームの中古マンション版と考えるとわかりやすいと思います。

オープンルームをおこなうと比較的、早く、そして高くマンションを売却することができます。

ただし、あらかじめ上手な家の見せ方や注意点について確認しておかないと、「オープンルームをやったけど人が来ない…」ということになりかねません。

キャラ

この記事では、「オープンルームのメリットと注意点」から「成功させるためのコツ」について解説していきますので参考にしてください。

オープンルーム(オープンハウス)は効果的な販売方法!

オープンルームの画像

オープンルームはマンション売却を優位にする、効果的な販売方法です。

マンションを売り出してからすぐにオープンルームをおこない、その日に買主が決まったという売主も大勢います。

オープンルームに来る人は、購入意欲が高い人ばかりではありません。

むしろ「予約が要らないなら」「近くだから」という軽い気持ちで見に来る人のほうが多いでしょう。

しかし実際にマンションを見学することで、購買意欲が高まり、購入を決める人も少なくありません。

オープンルームをおこなうメリット

オープンルームのメリット

オープンルームをおこなうメリットは、以下のとおりです。

  • 多くの人にマンションを見学してもらえる
  • 成約率が上がる
  • マンション売却における問題点がわかる
  • 希望金額で売却できる

多くの人に見学してもらえる

オープンルームをおこなうことで、多くの人にマンションを見学してもらえます。

オープンルームをやらなかった場合、内覧者は3ヶ月でだいたい10組程度です。

10組集まれば、多いほうかもしれません。

しかしオープンハウスは、1日で10組以上の集客が見込めます。

多くの人にマンションを見学してもらえれば、それだけ売却チャンスが広がります。

成約率が上がる

オープンルームは多くの人にマンションを見学してもらえるため、成約率が上がります。

単純に買主候補が増えるからというだけでなく、「購入を検討しているのは自分だけじゃない」「今日決めないとこのマンションは売れてしまうかもしれない」という焦りを与えることができるからです。

そのため、オープンルーム当日に購入申込をして帰る人も少なくありません。

マンション売却における問題点がわかる

オープンハウスをおこなうことで、マンション売却における問題点が分かります。

たとえば、オープンルームを開催したにもかかわらず人が集まらなかった場合、価格が相場よりも高い、あるいは不動産会社の宣伝活動が十分でなかったということが考えられます。

問題点が分かれば、解決策を練ることが可能です。

上記の例でいえば、価格を下げたり、不動産会社を変更するという行動をとることができます。

また、人は集まったけど購入希望者が現れなかったという場合であれば、マンションの内装や見せ方に問題があることが分かるため、部屋を魅力的に見せる工夫を凝らすことで売れるマンションにすることができます。

より問題点を発見しやすくするために、オープンハウスに来た人にアンケートをお願いするのも良いかもしれません。

希望金額で売却できる

オープンルームをおこなうことで、希望金額で売却できる可能性が高くなります。

マンション売買では買主から値下げ交渉されるのが一般的であり、それに応えてある程度の値下げをしないと円滑に取引が進みません。

オープンルームをおこなうと同日に複数の人から購入申込が入るため、買主主導の値下げ交渉に応じずに、より高い金額で買ってくれる人と売買契約を結ぶことができます。

中古マンションの売却でオープンルームをおこなう注意点

オープンルームの注意点

中古マンションの売却でオープンルームをおこなうことには、どの不動産会社もオープンルームに対応してくれるわけではないマンションを売却することが近隣に知れ渡る、という注意点があります。

どの不動産会社も対応してくれるわけではない

オープンルームの実施を嫌がる不動産会社は、少なくありません。

なぜならオープンハウスをおこなうための費用は、すべて不動産会社が負担しなければならないからです。

人を集めるための広告宣伝費や、オープンハウス当日に対応する営業マンの人件費など、オープンルームには相当な費用がかかります。

費用をかけて実施しても購入者が決まる保証はないため、オープンルームに消極的な不動産会社がほとんどです。

そのためオープンルームを開催するためには、まず実施してくれる不動産会社を探す必要があります。

オープンルームを開催してくれる不動産会社を見つけるためには、不動産一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

オープンルームを実施してくれる業者は一括査定で見つかる

不動産一括査定サイトとはネット上で物件情報を一度、入力するだけで複数の不動産会社に査定依頼できるサービスです。

不動産一括査定サイトを通して査定依頼すると、不動産会社に競争意識を働かせることができるので、「オープンルームをやりたい」と伝えれば応えてくれる可能性が高くなります。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

マンションを売却することが近隣に知れ渡る

オープンルームをおこなうと、マンションを売却することが近隣に知れ渡ることになります。

多くの人を集めるために、「オープンルーム開催中」というような看板を出したり、新聞チラシなどで告知をするからです。

マンション売却を周りに知られずに進めたいという場合、オープンルームを開催することはできません。

オープンルーム成功のコツ

オープンルーム成功のコツ

オープンルームを成功させるためには、多くの人に見学に来てもらうのはもちろん、買いたくなるような魅力的な部屋にすることが大切です。

人が集まらなければ実施する意味がありませんし、せっかく人が集まっても買いたいと思ってもらえなければ売却まで至りません。

オープンルームはやれば良いというわけではなく、成功させるために工夫を凝らす必要があります。

周辺の賃貸マンションやアパートにチラシを投函する

周辺の賃貸マンションやアパートには、必ずオープンルーム実施のチラシを配りましょう。

なぜなら、マイホームを持ちたいけど今住んでいる地域から引っ越したくない、という人が一定数いるからです。

やみくもにチラシを配るくらいなら、売却物件の周辺に的を絞って配布したほうが、多くの集客が期待できます。

またチラシ作成は不動産会社に任せても良いですが、配る前に必ず確認させてもらい、内容に間違いがないか、魅力的な仕上がりになっているか等、チェックしてください。

入念な事前準備をおこなう

オープンルームを成功させるためには、入念な事前準備が欠かせません。

見学者が部屋を見たときに買いたいと思ってもらえるよう、魅力的な部屋にしましょう。

魅力的な部屋にするための事前準備のコツは、以下のとおりです。

  • モデルルームを見にいって、部屋をより良く見せるテクニックを習得する
  • 部屋を飾る前に、まずは余分な荷物を捨てる
  • 掃除は、見学者の目にとまりやすい水回りを徹底的におこなう
  • 飾りになる家具を一足先に購入する
  • 観葉植物を友人などから借りてくる
  • 新品のスリッパを用意する

オープンルームが終わったら使わなくなるようなものに、お金をかける必要はありません。

モデルルームを見にいって勉強し、お金ではなくアイディアによって、家をどう変えるか家族で話し合ってください。

オープンハウスを成功させるために当日できることは?

オープンハウスを成功させるために当日できることは?

オープンルームを成功させるために売主が当日できることは、以下のとおりです。

  • 入りやすい工夫を凝らす
  • 説明係は妻がする
  • BGMを流す

見学者が入りやすい工夫を凝らす

常に見学者がいるわけではないため、他に見学者がいない様子を見て玄関前でおじけづいてしまう人も少なくありません。

そこで見学者がマンションに入りやすいよう、玄関に靴を並べておくという手法がよく使われます。

いかにも見学者がいます、という風に男女のよそいきの靴を置き、外から見えるようにしてください。

見学している人がいるなら一緒に、と思わせることができ、家の中に入ってきてくれる確率が上がります。

説明係は妻がする

見学者に対する説明は、夫ではなく妻がおこないましょう。

妻のほうが、見学者は質問しやすいからです。

主に妻が説明し、妻が分からないことだけ夫が補足するという形がベストになります。

感じの良い夫婦という印象を与えることができれば、必然的にマンションに対する印象も良くすることができます。

BGMを流す

マンションに入ってきたからといって、すぐに近寄ってしまうと見学者は引いてしまうため、とりあえず好きに見てもらい、質問があれば答えるというスタンスが丁度いいと思います。

しかしそうなると売り手、見学者、仲介業者の社員の全員がただ黙っているという時間が長くなってしまいます。

気まずい雰囲気にならないよう、BGMを流しておくと良いでしょう。

BGMが流れていると、玄関に立った見学者が中に入りやすいというメリットもあります。

マンション売却のオープンルームQ&A

オープンルームの集客方法は?
オープンルームの主な集客方法は、以下のとおりです。

  • チラシ
  • 看板やのぼり
  • 不動産会社の見込み客に連絡してもらう

チラシや看板などの宣伝も効果的ですが、見た人が必ず見学に来てくれるとは限りません。

そのため、不動産会社が連れてくる見込み客の数が重要になります。

より多くの見込み客を連れてきてくれる、集客力のある不動産会社と契約を結びましょう。

オープンルームにかかる費用はどれくらい?
オープンルームにかかる費用は、だいたい5〜10万円です。
ただしオープンルームにかかる費用は仲介手数料に含まれるため、別途、請求されることはありません。

管理人からの一言「オープンルーム成功のコツは集客力のある会社を選ぶこと」

オープンルームを成功させるためには、不動産会社の力に頼らざるを得ません。

そのため、集客力のある優秀な不動産会社を見つけることが大切です。

良い不動産会社は、複数の会社をまわり、話を聞くことで見つけることができます。

不動産会社の事務所を一社一社まわるのは大変、と思われるかもしれませんが、不動産一括査定サイトを利用すれば手間も時間もかかりません。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。

イエウールで簡単査定(無料)してみる