売却するマンションは新築で購入しましたか?中古でしたか?

もしも新築で購入した場合には、新築プレミアムが上乗せされた金額で購入しているはずです。

キャラ

この記事では、「新築プレミアムとは」から「新築で購入したマンションを売却する際の注意ポイント」について紹介していきます。

新築プレミアムとは

新築プレミアム

そもそも、新築プレミアムとは何なのでしょうか。

日本人は中古よりも新品を好む傾向にあり、新品であることに価値を見出します。

マンションも同様に新築を好む人が多く、「誰も使っていない」ということに値段がつけられます。

そのため新築マンションに入居した瞬間、そのマンションは「誰かが使った」ということになり、価値が下がってしまいます。

新品ではないという理由で下がる金額が、新築プレミアムとして実際のマンションの価値に上乗せされていた金額であり、販売価格の1〜3割ほどが相場です

3,500万円で新築マンションを購入した場合、350〜1,050万円は新築プレミアムで上乗せされた金額ということになります。

新築で購入したマンションを売却するときはローン残高に注意

新築でマンションを購入した場合、購入金額の1〜3割は新築プレミアムとして上乗せされた金額です。

つまり実際のマンションの価値は、マンションの購入金額から新築プレミアムを差し引いた金額ということになります。

そのため新築で購入したマンションをすぐに売却するときは、住宅ローンの残高に気をつけなければなりません。

新築のマンションは住んだ瞬間に負債を背負う

新築マンションを購入するときのローンの頭金が新築プレミアムを下回っていた場合、その差額はマンションを売却してもまかなえないお金ということになります。

ようするに住んだ瞬間に、負債を背負っているということです。

たとえば3,500万円のマンションを新築で購入したにもかかわらず、1ヶ月後に離婚などを理由に売却することになったとします。

購入してから時間が経っていないため、そこまで値段が下がらずに売却できると思うかもしれませんが、新築プレミアムが2割の700万円だったとすると、700万円を差し引いた2,800万円が売却価格の相場ということです。

この場合に頭金0でローンを組んでいたとすれば、購入してすぐに売却したとしても、新築プレミアムの700万円は負債ということになります。

つまり新築で購入したマンションはすぐに売却したとしても、マンションの売却価格よりも住宅ローンの残高が多くなってしまう可能性があるということです。

新築プレミアムを考慮して売り出し価格を決める

新築プレミアムを考慮して売り出し価格を決める

マンションの売り出し価格を決めるときに、購入金額にとらわれてはいけません。

実際のマンションの価値は、購入金額から新築プレミアムを差し引いた金額なのですから、売り出し価格を決める際は、購入金額にとらわれずそのマンションの相場で価格を設定する必要があります。

仮にマンションの状態が購入時と変わらなかったとしても、「新築と変わらない」だけであって「新築」ではありません。

購入してから時間が経っていないとしても、中古物件であることに変わりはなく、相場価格で売り出さなければ買い手がつかずに売れ残ってしまう可能性が高いでしょう。

購入金額よりも1〜3割も差し引かれてしまうのは悔しいかもしれませんが、新築プレミアムを考慮した売り出し価格を設定することで、結果的に早く、高く売却することができます。

マンションの売り出し価格の決め方については、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

マンションの売り出し価格の決め方!成約価格との差をなくすために

この記事では、マンションの売り出し価格の決め方について紹介しています。マンションを売却するときに誤った価格設定をすると成約価格が下がってしまい後悔します。相場価格を調べて値段を決めることが安値売却を防ぐコツです。

管理人からの一言「新築プレミアムがいくらか知りたい場合は査定してみる」

新築で購入するマンションは実際の相場よりも高いということを頭に入れておき、売却するときには新築プレミアムの分は諦めなければなりません。

現在のマンションの価値を知りたい場合には、一括査定サイトで見積もりを出してもらうと良いでしょう。

一括査定サイトは、複数の不動産業者に同時に見積もりを依頼することができるので、相場価格を知るにはとても便利なツールです。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。