東急リバブルは、東急不動産グループの中で仲介業務を中心に事業をおこなっている不動産会社です。

中には大手というだけで東急リバブルに売却依頼する人もいますが、不動産売却において信頼できる不動産会社選びはとても重要になります。

東急リバブルが信頼できない会社というわけではなく、大手だからという理由だけで決めてしまわず、良い不動産会社かどうか売主自身で判断する必要性があるということです。

売却依頼する前に、どんな会社なのか、評判や口コミはどうなのか、確認しておきましょう。

キャラ

この記事では、「東急リバブルの強み」から「東急リバブルで売却・査定した人の評判と口コミ」「東急リバブルに支払う仲介手数料」について紹介していきます。

東急リバブルの他社との違いと強み

東急リバブルの画像

東急リバブルが大手不動産会社として長年、顧客から選ばれ続けている背景には、誠実な営業姿勢、売主の利益を最優先する社風があります。

時代の流れとともに変化していく世の中のニーズに合わせ、常に変革している東急リバブルは、これからも成長し続けていくでしょう。

東急リバブルの強み、他社との違いは、以下のとおりです。

長年の経験で培ったノウハウで不動産を高く売却できる

東急リバブルは、営業歴46年という長年の経験で培ったノウハウによって、不動産を高く売却することができます。

素人からすると、どの仲介会社に売却依頼してもそんなに違いはないのでは、と思われるかもしれませんが、高く売るためのノウハウやトラブルを避けるためのリスク管理能力は、すべての仲介会社が持っているわけではありません。

多種多様の物件を取り扱ってきた実績のある東急リバブルだからこそ、売主のケースに合わせた的確なアドバイスをすることができます。

宅建保有率97%だから安心

東急リバブルは宅建保有率97%のため、安心して不動産売却を任せることができます。

不動産業界では、ひとつの事務所に5人に1人以上の割合で宅建資格保有者がいなければ、営業することができないルールとなっています。

逆に言えば、宅建資格保有者が2割以上いれば営業できるということです。

宅建資格保有者の少ない不動産会社に売却を任せた場合、専門的な知識を持っていない、不動産に精通していない営業マンに、大切な資産である自宅の売却を任せることになる可能性が高くなります。

しっかりとした知識を持った人に売却してもらったほうが良い結果になるのは、言うまでもありません。

東急リバブルのように、宅地建物取引士が多い不動産会社に売却を任せましょう。

開業に必須の宅建取引責任者の設置条件 | 公益社団法人-全日本不動産協会

質の高いサービスを提供している

東急リバブルは、売主をサポートする質の高いサービスを用意しています。

サービス内容は、以下のとおりです。

  • 建物保証・住宅設備保証…瑕疵が見つかった際に上限500万円までの費用を負担してもらえる
  • あんしん引っ越しサービス…引っ越しサービスを30%割引で利用できる
  • マンション売却プレミアムサポート…水回りのクリーニングや壁・床の補修などが無料で受けられる
  • 相続税立替払サポート…相続税を立て替えてもらえる(売却時に返金)

豊富な経験と万全のサポート体制のある東急リバブルなら、初心者でも安心です。

東急リバブルで不動産売却・査定した人の評判と口コミ

東急リバブルの評判・口コミ

東急リバブルで不動産売却・査定した人の評判と口コミを紹介していきます。

50代・女性の口コミ

築年数の古いマンションだったので、買い手が現れるか心配だったのですが、営業担当者のかたが一生懸命に売却活動をおこなってくれ、すぐに数件の内覧を決めてきてくれました。結果、1ヶ月で売却することができ、なにより査定額満額ということで、大変驚きました。

50代・男性の口コミ

営業担当者の人はとても明るくてコミュニケーション能力が高く、知識も豊富だったので、この人なら安心だと感じ、売却をお願いしました。さすが名の知れた会社なだけあって、すぐに問い合わせが数件入り、驚きました。内覧の準備では、重点的に掃除したほうが良い場所や明るい印象にするためのコツについて丁寧に教えてくださり、内覧者3人から購入申し込みが入りました。東急リバブルさんの的確なアドバイスのおかげで、スムーズに売却でき、感謝しています。

40代・男性の口コミ

買主にマンションを引渡した後、1週間ほどで設備に不具合が生じてしまいました。引き渡す時は問題ありませんでしたが、引き渡してすぐだったので売主である私が修理費を支払うことになりました。売買代金はローン返済に充てたためほとんど残っておらず、いくらかかるのか非常に不安だったのですが、東急リバブルの住宅設備保証によって修理費を負担してもらうことができ、とても助かりました。売却後のサポートまでしっかりしていて、東急リバブルに任せて本当に良かったです。

東急リバブルに支払う仲介手数料はいくら?

東急リバブルに支払う仲介手数料はいくら?

東急リバブルに支払う仲介手数料は、以下のとおりです。

売却価格×3%+6万円

たとえば売却価格が5,000万円だった場合、「5,000万円×3%+6万円=156万円」となります。

もっと安くならないのかと思われる人もいるかもしれませんが、仲介手数料の値引きは営業マンのモチベーションを下げ、売却活動の質を落としてしまう可能性があるため、おすすめしません。

上記は上限額となっていますので、もしも上限額を超える仲介手数料を請求されたら、しっかりと断りましょう。

不動産会社に支払う仲介手数料について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法は?値引きすると損をする?

マンション売却にかかる仲介手数料の計算方法は?値引きはできる?この記事では、仲介手数料の相場や割合、仕組みについても解説しています。早見表も掲載していますので、いくらかかるのか一目で分かります。家を売る際にかかる費用を把握するために、事前に確認しておきましょう。

東急リバブルは信頼できる会社?

東急リバブルは信頼できる?

大切な資産である不動産を任せる会社が、信頼できるかどうか気になる人も多いと思います。

東急リバブルは営業歴46年の大手不動産会社で、常に売主の利益を最優先にした営業姿勢によって、顧客から選ばれ続ける信頼できる会社です。

より専門的な知識が求められる宅地建物取引士の資格を、従業員の97%が保有しているというのも、売主からの信頼を得るための企業努力といえます。

会社名 東急リバブル株式会社
本社所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立 1972年3月10日
事業内容 不動産仲介業、新築販売受託業、マンションの分譲・リノベーション事業など
顧客満足度 91%
宅建保有率 97%

管理人からの一言「東急リバブルは誠実で営業スキルのある会社」

東急リバブルは誠実で、営業スキルのある会社なので、安心して不動産売却を任せることができます。

全国12万社以上ある不動産会社の中で大手不動産会社として長年、顧客に選ばれ続けていることからも、これまでの功績が多くの人に認められていることがわかります。

不動産売却を成功させたければ、豊富な経験と実績のある東急リバブルがおすすめです。