不動産売却は、大手不動産会社と地元の中小会社、どちらに任せれば良いのでしょうか。

結論から言いますと、自分に合っているほうが良い不動産会社です。

大手には大手の、中小には中小の強みがあり、売却物件や売主のライフスタイル、性格などから向き不向きがあるため、一概にどちらが良いかは断言できません。

実際に不動産会社に出向き、自分自身の目で見て判断しましょう。

キャラ

この記事では、それを踏まえたうえで「大手と中小それぞれのメリットとデメリット」から「大手に向いている物件・中小に向いている物件」を紹介していきます。

大手不動産会社のメリット・デメリット

大手と中小の画像

大手不動産会社の特長は、大手ならではの安心感があるということと、幅広く買い手を探すネットワークの広さがあるということです。

また受け取る書類がきれいで見やすかったり、取引に付帯するサービスについても、保険や税務、法務などからリフォームや引越しまで、自社の中で用意されていることが多いという利点もあります。

一方で、大手不動産会社は地域のミクロな住宅事情に精通していないという欠点があります。

本来の土地の良さを十分に分かっていないことから、大手分譲地やブランド住宅地からはずれているだけで安く見られてしまうケースがあるということです。

大手不動産会社は取り扱っている案件が多いため、一件一件真剣に力を入れて取り組んでもらえない可能性があるというデメリットもあります。

大手不動産会社のメリット

  • 安心感がある
  • 買い手を多くストックしている
  • 書類が見やすく分かりやすい
  • 取引に付帯するサービスが豊富

大手不動産会社のデメリット

  • 地域のミクロな住宅事情に精通していない
  • 取り扱っている案件が多く、個別に力を入れてもらえない

地元の中小会社のメリット・デメリット

地元の中小会社のメリットとデメリット

地元の中小会社のメリットは、地元に密着した仕事をおこなっているため、大手不動産会社には入りにくい、地元ならではのミクロな住宅事情にも精通しているということです。

また地元の中小会社には、その場所で家を探している買い手が多く集まってくるという特長もあります。

大手に比べると従業員は少ないですが、フィーリングが合えば非常に良いパートナーとなり、熱心に売却活動をおこなってもらえるでしょう。

一方で、地元の中小会社は遠方の物件の売却があまり得意ではないため、売主の希望に合った売却活動をおこなってもらえない可能性があります。

レインズという業者間情報交換システムによって売却物件の情報を集めることはできますが、現物やその土地のことをよく知らないまま売却活動をおこなうのは至難の業だからです。

中小の良さを最大限生かすためには、売却物件に近い店舗で売却依頼する必要があります。

中小は会社の質がピンキリで、地元での信頼を築くために親身になってくれるところもあれば、偉そうで態度が横柄な営業マンがいるところもあるので注意してください。

地元の中小会社のメリット

  • 地域のミクロな住宅事情に精通している
  • その場所で家を探している買い手が集まってくる
  • 親身になってくれる

地元の中小会社のデメリット

  • 遠方の物件の売却が不得意
  • 態度が横柄な営業マンがいる会社もある

大手不動産会社と地元の中小会社は両方とも比較することが大切

大手と中小を比較することが大切

冒頭でも述べましたが、大手には大手の、中小には中小の良さがあるため、会社の規模にこだわらず、実際に売主自身の目で見て判断することが大切です。

大手と中小、両方の会社に物件を査定してもらい、話しを聞いてみましょう。

大手と中小の比較には、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。

不動産一括査定サイトとは、ネット上で物件情報を入力するだけで複数の不動産会社に無料で査定依頼できるサービスです。

一括査定サイトを利用すれば、わざわざ不動産会社をまわらなくても良いので手間がかからず、断るときに気まずい思いをしなくて済みます。

大手と中小のどちらがより物件の良さを分かってくれ、高い査定額を出してくれるか、簡単に比較できるというメリットもあります。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

大手不動産会社が向いている物件

大手が向いている物件

会社の規模だけで不動産会社を決めるべきではありませんが、以下のような物件は大手不動産会社のほうが向いているケースが多いです。

ただし「絶対に大手」というわけではありませんので、以下に該当する場合であっても、大手と中小を比較するプロセスは必ずおこなってください。

大手分譲地やブランド住宅地など人気の高い物件

大手分譲地やブランド住宅地など、人気の高い物件は大手不動産会社が高く売ってくれるでしょう。

幅広いネットワークによって情報を広く発信し、より売主の条件に合った内容で購入してくれる買い手を見つけてくれます。

遠方にある物件

多数の店舗を持つ大手チェーン店なら、遠方にある物件でも高く売却してもらうことができます。

たとえば、東京都から愛知県にある実家を売却することも可能です。

その地域での成約事例を自社で持っているため、根拠のある査定額や販売方針を示してもらうことができ、安心して任せることができます。

遠方にあるマンションを売却する場合、通常の売却方法といくつか異なる点がありますので、下記の記事も合わせてご覧ください。

遠方にある不動産を売却する方法とスムーズに売るための手続きの流れ

遠方にある不動産を売却したい場合、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、遠方にある不動産の売却方法とスムーズに売るための手続きの流れ、注意点について解説しています。現地にいくのが難しくても、高く売ることを諦めてはいけません。

地元の中小会社が向いている物件

中小会社が向いている物件

地元の中小会社に任せたほうが良い物件は、以下のとおりです。

築年数が古い物件

築年数が古い物件は、地元の中小会社に売却依頼したほうが良いでしょう。

大手不動産会社は抱えている案件が多いため、報酬が少なそうな物件にはあまり力を入れてもらえない可能性が高いからです。

安くてもいいから早く売却して、次の案件を担当したほうが、営業成績が上がると考えている人も少なくありません。

地元の中小会社なら、その地域の不動産をできるだけ高く売ることを強みにしているケースが多いため、努力して高く売ってくれるはずです。

田舎にある物件

田舎にある物件は、大手ではなく中小の不動産会社に査定依頼することをおすすめします。

なぜなら、地元の住宅事情に精通しているという中小の強みがより発揮されるのが、田舎の物件の売却だからです。

地元で商売をしているからこそ知っている、物件の良さが隠れているかもしれません。

長年、その土地が売りに出されるのを待っていた買主がいて、高く売れるというケースだってあります。

最初から「どうせ高く売れないだろう」と自宅を安く見積もってしまわず、地元の中小会社に査定してもらい、話しを聞いてみましょう。

管理人からの一言「大手と中小どっちが良いかは自分の目で見て判断するべき」

大手と中小どっちが良いかは、売却物件や売主の希望する売却方法などによって異なります。

大手には大手の、中小には中小の良さがあるため、両方ともに査定してもらい、話しを聞き、自分の目で見て判断するのが一番です。

インターネットで査定依頼できる不動産一括査定サイトを利用すれば、大手と中小の比較がしやすく、一番高い査定額を出してくれる不動産会社が見つかります。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。