相続したマンション

相続で困ることのひとつに、親が住んでいたマンションをどうするのかという問題があります。

お金なら相続人で分けて終わりですが、マンションとなるとそうはいきません。

しかし、どうするべきか分からないからといってマンションをそのまま放置してしまうのは、問題を後回しにしているだけにすぎず、より深刻な事態に発展しかねません。

キャラ

今回の記事では、なぜ放置してはいけないのか?相続したマンションは売るべきなか?マンションを相続したときの選択肢について説明していきます。

相続したマンションは放置せずに売るべき

まだどうするか決められないからと相続したマンションを放置することは、問題を先送りにするだけです。

そればかりか放置したことにより、さらに問題が深刻になる可能性があります。

ではどんなリスクがあるのか、解説していきます。

家の劣化が早くなる

だれも住んでいないと、家は一気に劣化してしまいます。

換気されずに湿気がこもると木製部分が痛んでしまったり、虫が侵入して住みかにしてしまったりします。

そうならないために定期的に家にいって換気や掃除をする必要がありますが、仕事をしていたり遠方だったりすると、なかなか難しいのが現実です。

維持費がかかる

だれも住んでいなくても、マンションの管理費や修繕積立費、固定資産税は支払わなければなりません。

また水道や電気も一見すると必要ないように思えるかもしれませんが、解約しないで使えるようにしておいたほうが良いです。

なぜなら水道を止めてしまい、排水管をしばらく使わないでいるとサビてボロボロになってしまいますし、水がでないとメンテナンスにいったときにトイレや手を洗うのに困るからです。

電気も水道と同様に使えないと不便ですし、売却することになった場合に設備の作動チェックなどができなくなります。

このように、住んでいなくても家の維持費はかかり、なかなかの痛手になります。

マンションの価値がなくなってからでは売却できない

一般的にマンションの価値はどんどん下がっていきます。

親が長年住んでいたうえに、放置したことで家の老朽化を早めれば、ますます売れない物件となってしまいます。

マンションの売却は相続が発生したときに、すぐにおこなうのがベターです。

マンションを相続したときの選択肢

では実際にマンションを相続したとき、どのような対処をしたらいいのでしょうか。対応の仕方は大きく二つに分けられます。

それは「相続人が住む」か「売却してお金に換える」かのどちらかです。

それぞれの良い点、悪い点を挙げていきますので、行動に移すきっかけとしてください。

相続人が住む

相続したマンションに相続人が住んだ場合の、メリットとデメリットは以下のとおりです。

相続したマンションに相続人が住んだ場合のメリット
  • 家を手放さなくて済む
  • 売却する手間がない
家を手放さなくて済む

親が住んでいた家をすぐに売却するのは気が引けますよね。

自分が住んでいたことがある家であれば愛着もありますし、実家という存在がなくなるのは寂しい気持ちになります。

売却してしまえば他人の物になってしまいますが、相続人のだれかが住めば実家を手放さなくてもよいのです。

売却する手間がない

マンションを売却するのにはどうしても時間と労力が必要になります。

住み続けるなら売却する手間がないので、忙しい中でだれが売却の手続き等をやるのか、と揉めることもありません。

相続したマンションに相続人が住んだ場合のデメリット
  • 住みたい人が他にもいる場合に揉める
  • 現金で分けることを希望する相続人がいたら揉める
  • 家族間で揉める
  • 遺産分割で現金が必要になる
住みたい人が他にもいる場合に揉める

「地元に戻りたいな」と考えていたり、実家のマンションの立地や間取りが魅力的で住み替えたいと考えていたりするかもしれません。

しかし、そう考えているのは自分だけとは限りません。住みたいと考える人が他にもいれば、だれが住むのかで揉めることになるでしょう。

現金で分けることを希望する相続人がいたら揉める

相続したマンションに住むことを希望する人がいる一方、現金化して平等に分けるべきだと主張する人がいれば、言い争いになる可能性があります。

その場合に、相手を納得させるだけの条件を出すことができればいいのですが、できなければ住むのは難しいかもしれません。

家族間で揉める

配偶者や子供がいる場合、住居の変更は自分だけの問題ではありません。

仕事を辞めなければいけなかったり、子供に転校させる必要があったりすれば、簡単に決めることはできません。

家族全員の理解が得られなければ、相続したマンションに住むのは諦めなければなりません。

遺産分割で現金が必要になる

親が残した財産がマンションだけだった場合、どのように遺産分割するのか問題になります。

たとえば相続人が2人で、遺産が2,000万円のマンションだけだったとします。

相続人の2人には半分ずつもらう権利がありますが、マンションを二つに割って分けることはできません。

そのためマンションをもらう側は、もらわない側にお金を渡して清算することになります。

相続したマンションを売却する

相続したマンションを売却する場合の、メリットとデメリットは以下のとおりです。

相続したマンションを売却する場合のメリット
  • 相続税の支払いにあてることができる
  • 平等に遺産分割できる
相続税の支払いにあてることができる

相続発生から10ヶ月以内に相続税を納める必要があるのですが、マンションを売却して現金化してあれば相続税の支払いにあてることができます。

親の資産がマンションしかない場合には、相続税を相続人の預貯金などから支払うことになるので、せっかく貯めていた預金が減ることになり、モヤモヤした心境になるでしょう。

マンションを売却して現金化しておくことで、預貯金を減らすことなく相続税を支払うことができます。

平等に遺産分割できる

マンションは二つに割って分けることができませんが、お金なら平等に分けることができ、不平不満がでません。

マンションを現金化しておくことで、遺産分割が円滑に進みます。

相続したマンションを売却する場合のデメリット
  • マンションを手放さなければいけない
  • 親戚に反対される
  • 近所の目が気になる
  • 譲渡所得税がかかる可能性がある
  • 売却価格が納得のいく金額になるとは限らない
マンションを手放さなければいけない

実家がなくなることで寂しい気持ちになる人がほとんどだと思います。

住む予定がないのであれば持っていても手間や費用がかかるだけなのですが、思い出のある家が他人の手に渡ってしまうことは受け入れがたいですよね。

親戚に反対される

実家をなくしてしまうなんて、と親戚に反対されるかもしれません。なるべく親戚と揉めたくはないですよね。

住む可能性がないのにも関わらず、マンションの売却を反対されるのであれば、放置してしまうことが最も良くないことを説明し、納得させる必要があります。

近所の目が気になる

相続したマンションをすぐに売却することに、近所の人から薄情だと思われるかもしれません。

不本意だとは思いますが、そのような意見が出るのは仕方ありません。

周りの目が気になってしまう気持ちもわかりますが、売却すると決めたらしっかりやり遂げる強い意志が必要です。

譲渡所得税がかかる可能性がある

マンションを売却したことによって譲渡税がかかってしまう可能性があります。

譲渡所得税とは、不動産を売却したことにより得たお金に対して課税される税金で、「譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)」で計算されます。

ただしマンションの場合、購入価格よりも売却価格が高くなることはほとんどないので、譲渡所得税がかかることはあまりありません。

売却価格が納得のいく金額になるとは限らない

売却価格が納得のいく金額になるとは限らず、思ったよりも安値で取引されてしまう可能性があります。

相続で受け取ったマンションの場合、売却した本人だけの問題ではありません。

他の相続人に「もっと高く売れたのではないのだろうか」とモヤモヤを残すことになれば、関係にヒビが入ることも大いに考えられます。

高値で売却できた場合に怒る人はいませんが、逆の場合には注意が必要です。

相続したマンションを売却する流れコンテンツ 登記について

管理人から一言「相続したマンションは売却したほうが良い」

相続したマンションに住むにしても、売却するにしても、相続人全員の同意を得ることが前提になります。

いわゆる遺産分割協議というものなのですが、この遺産分割協議で揉めてしまい、兄弟の縁が切れるなんてことも本当にあるのです。

話し合いがこじれないためには、相手がどんな考えを持っているのかを見通しておきましょう。

いろいろな意見が出る可能性を考えておくことで、「自分と意見が違うなんて」と感情的になることもなくなります。

あらかじめ相続人が住むことと売却すること、それぞれのメリットとデメリットを理解して、話し合いに挑みましょう。

マンションを売却することを推奨して 流れへリンク