マンションがいくらで売れるのか知りたいという人は、マンションの価値を調べるために不動産会社に査定依頼すると思います。

不動産会社に査定依頼する方法には机上査定と訪問査定の2種類あり、どっちで査定依頼すれば良いのか分からない、という人も少なくありません。

キャラ

この記事では、「机上査定と訪問査定の違いとそれぞれのメリット・デメリット」から「状況に合わせたおすすめの査定方法」について紹介していきます。

机上査定と訪問査定の違いは?

机上査定の画像

机上査定と訪問査定の違いは、何なのでしょうか。

名前からなんとなく分かるという人もいるかもしれませんが、具体的にどのように違うのか、詳しく解説していきます。

机上査定は物件情報だけで見積もりを出す査定方法

机上査定は、築年数や間取り、所在地などの基本的な物件情報だけで見積もりを出す査定方法です。

手軽で簡単な机上査定は忙しい現代人のニーズに合っており、不動産会社にいく時間がない、物件のだいたいの価格を知っておきたい、という人に多く利用されています。

査定結果が数時間〜1日で分かる、書類が要らない、という点も机上査定の特徴です。

訪問査定の前に机上査定を利用する、という使い方をしている人も少なくありません。

訪問査定は不動産会社が実際に物件を見て査定する方法

訪問査定は、不動産会社が実際に物件を見て査定する方法です。

物件の細かい条件が査定額に反映するため、より売却価格に近い査定額を出してもらうことができます。

金額に正確性が求められる訪問査定では、必要書類を用意しなければならなかったり、査定結果が出るまで3〜4日待たなければならなかったりします。

机上査定と訪問査定の違いまとめ

机上査定と訪問査定の違いを分かりやすくまとめると、以下のようになります。

机上査定 訪問査定
スピード 早い(数時間〜1日) 遅い(3〜4日)
手間 少ない 多い
物件に関わる書類 不要 必要
正確さ 十分でない場合がある より売却価格に近い金額が分かる

机上査定と訪問査定それぞれのメリット・デメリット

机上査定と訪問査定のメリット・デメリット

机上査定と訪問査定の違いについて紹介しましたが、それぞれのメリットとデメリットについて、さらに詳しく解説していきます。

机上査定と訪問査定それぞれのメリットとデメリットは、以下のとおりです。

使い分け方については後述で分かりやすく紹介してますので、自分は結局どっちを利用すれば良いのか知りたいという人は参考にしてください。

机上査定のメリットとデメリット

机上査定のメリットは、簡単でスピーディという点です。

物件情報だけで査定金額を算出するため、マンションに関わる書類を用意したり、特別な手続きをしたりする必要がありません。

ただし簡易的な査定方法なので、査定額に多少のズレが生じる可能性があるというデメリットがあります。

また机上査定後、不動産会社から訪問査定をするようしつこく勧誘されてしまうかもしれません。

不動産会社からすると、査定だけではお金にならないため、自社を通して不動産売却してくれる顧客を獲得したいと思うのは当然です。

しかし、しつこく勧誘されるのは誰しも嫌だと思います。

しつこい勧誘を避けたい人は、クレームに厳しい運営方針によって「机上査定しても不動産会社からしつこい営業電話がかかってこない」と定評のある、不動産一括査定サイトのイエウールを通して査定依頼することをおすすめします。

机上査定のメリット

  • 簡単でスピーディ
  • 書類や手続きが不要
  • 家族や近所の人に知られずに査定できる

机上査定のデメリット

  • 査定価格が正確でない可能性がある
  • 不動産会社によってはしつこく訪問査定を勧めてくる

訪問査定のメリットとデメリット

訪問査定のメリットは、より売却価格に近い査定金額を知れるということです。

実際に不動産のプロにマンションを見てもらうため、細かい物件の条件を査定額の計算に加味してもらえます。

ただし不動産会社とスケジュールを合わせないといけなかったり、必要書類を揃える手間がかかったりするデメリットがあります。

不動産会社が訪問査定にきた後、査定結果が分かるまでに3〜4日かかるという点も、念頭に置いて利用する必要があります。

訪問査定のメリット

  • より正確な売却価格を知ることができる
  • 不動産会社の良否を判断しやすい

訪問査定のデメリット

  • 訪問査定当日は家にいないといけない
  • 必要書類を揃えておく必要がある
  • 査定結果が出るまでに3〜4日かかる

机上査定はすぐに査定額が知りたい人におすすめ

机上査定はすぐに査定額が知りたい人におすすめ

机上査定は、マンションの査定額をすぐに知りたいという人におすすめの査定方法です。

他にも、家族や近所の人に知られずに査定したいという人や、いくらくらいで売れるのか目安を知っておきたい、という人も机上査定が向いています。

本格的にマンション売却を進めるという場合は、正確な査定額を把握するために訪問査定を選択する必要がありますが、複数社に訪問査定してもらうのは手間と時間がかかりすぎるため、不動産会社を比較する際には机上査定を利用することをおすすめします。

つまり、本格的にマンション売却を検討しているという人も、まずは机上査定で複数社を比較することから始めるのがベターということです。

机上査定に向いている人
  • すぐに査定額を知りたい人
  • だいたいの査定額を知っておきたい人
  • 家族や近所の人に知られずに査定したい人
  • マンション売却前に複数社を比較していない人

机上査定のやり方

不動産会社にマンションを机上査定してもらうやり方は、以下の3つになります。

  • 不動産一括査定サイトを利用する
  • 不動産会社に電話して机上査定してもらう
  • 直接、不動産会社の事務所にいって机上査定を依頼する

上記の中で最もおすすめのやり方は、不動産一括査定サイトを利用する方法です。

不動産会社に電話したり、直接、不動産会社の事務所にいって机上査定を依頼すると、しつこい勧誘を受ける可能性があります。

また自分で不動産会社を探さないといけないため、初心者にはハードルが高いという難点もあります。

物件にぴったりの不動産会社を自動で紹介してくれる不動産一括査定サイトなら、悪徳不動産業者や知識や経験が乏しい会社にマンション売却を依頼してしまうような失敗を避けられます。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

机上査定後、本格的にマンション売却する人は訪問査定する

訪問査定が向いている人

机上査定後、本格的にマンション売却を進めていく場合は、訪問査定でマンションを査定してください。

実際にマンションの売り出し価格を決める際には、物件の細かい条件を加味した査定金額を知る必要があるからです。

訪問査定のデメリットについても紹介しましたが、マンションを売却するためには訪問査定を避けて通ることはできません。

マンション査定に必要な書類を揃え、訪問査定の日程を調整し、物件の印象を良くするための掃除をおこないましょう。

訪問査定について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

訪問査定前にマンションの掃除は必要?不動産会社はどこまで見る?

訪問査定前にマンションの掃除は必要?不動産会社はどこまで見る?この記事では、マンション査定の内容や所要時間、査定額を上げるポイントについても紹介しています。査定方法について知ることで、物件を過小評価されてしまうリスクを避けられます。

管理人からの一言「マンション売却には机上査定と訪問査定どちらも必要」

マンション売却には、机上査定と訪問査定どちらも必要です。

まず複数社に机上査定を依頼し、売却価格の相場観や不動産会社を見極める目を養います。

何社かの査定額や対応を比較しないと、本当にその不動産会社が優良なのか判断できません。

そして机上査定を依頼した不動産会社の中から誠実で、納得できる査定額を提示してくれた不動産会社に訪問査定を依頼します。

マンション売却を成功させるためには、机上査定と訪問査定をうまく使い分けましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。