不動産売却を成功させるためには、優秀な業者を選び、良好な関係を築くことが大切です。

不動産屋も人間ですので、「この人の役に立ちたい」と思えば頑張りますし、嫌いな客に対してはあまり熱心に動きません。

誰しも、不動産屋に嫌われずに、不動産売却を有利に進めたいと思うはずです。

不動産屋に嫌われる客とは、どんな人なのでしょうか。

キャラ

この記事では、「不動産屋に嫌われる客の特徴」から「不動産屋と良好な関係を築くメリット」について紹介していきます。

不動産屋に嫌われる客の3つの特徴

不動産屋に嫌われる客の画像

不動産屋が嫌がることを続けて嫌われてしまえば、成功するはずの不動産売却も、上手くいかなくなってしまいます。

不動産屋に嫌われる客の特徴は、以下の3つです。

  • 現実を分かっていない
  • 約束を守らない
  • 隠し事をする

自分が当てはまっていないかどうか、チェックしてみてください。

現実を分かっていない

物件相場からかけ離れた希望価格を提示するなど、現実を分かっていない売主は不動産屋に嫌われます。

住宅ローン残債などの問題から「いくら以上で売りたい」という要望はあると思いますが、不動産屋が提示した査定額にケチをつけ、頑なな態度を取ってしまえば「他にいってくれ」と思われてしまいます。

あらかじめ売主自身で相場価格を調べておき、把握したうえで希望価格を伝えるようにしましょう。

また相場価格よりも高めに値段設定するのであれば、売却に時間がかかることを理解しなければなりません。

高く売ることと早く売ることは相反関係にあるため、どちらも要求してしまえば、現実を知らない困った客になってしまいますので注意してください。

相場価格の調べ方について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

【マンションの売却相場の調べ方】相場価格より高く売る方法を徹底解説!

マンションの売却相場を調べる方法について紹介しています。最も高い値段で売るにはどうすれば良いのか、相場価格を左右する要素についても解説しています。相場価格を調べずに売却してしまうと、もう少し高く売れたかもしれないという後悔を残す可能性があるので注意しましょう。

約束を守らない

不動産売却に限った話しではありませんが、約束を守らない人は嫌われてしまいますので注意してください。

連絡すると言ってしなかったり、用意すると言った書類を用意しなかったり、売主の売却に対する姿勢が悪いと印象が悪いのは当然です。

約束したことを忘れていただけという場合もありますが、何度も続くと不動産屋からの信頼を失います。

不動産売却をおこなううえで、不動産屋からの信頼を失って良いことは一つもありません。

不動産売却は不動産屋の力に頼らないと成功させることが難しいという側面があるため、不動産屋が売却活動に消極的になってしまうと、売却チャンスが著しく減ってしまいます。

しっかりと誠実な態度で接し、お互いに信頼できる関係を築くことを大切にしましょう。

隠し事をする

不動産屋から嫌われる客の特徴として、隠し事をするということが挙げられます。

不動産売却では、売主が不動産屋に隠し事をしてしまうと、トラブルに発展する場面がいくつもあります。

たとえば本当は隣人トラブルがあるにもかかわらず、不動産屋に伝えないケースです。

隣人トラブルの有無を不動産屋が見抜くのは難しく、売主の言葉を信じるしかありません。

トラブルなく不動産売買を進めることが不動産屋の役目ですが、売主が真実を隠してしまえば、起こりうるトラブルを防ぐのが難しくなります。

売主の不利になることだとしても、不動産屋には隠さずにしっかりと伝えましょう。

売主が、不動産屋に伝えるべき事柄について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却時の告知義務はどこまで?【隣人トラブル・騒音問題】

マンション売却時の告知義務の範囲について説明しています。隣人トラブルや騒音問題、物件の瑕疵について正しく告知することでトラブルを未然に防ぐことができます。

不動産屋は客を選ぶ?

不動産屋は客を選ぶ?

優秀な不動産会社に仲介してもらうために、複数の不動産会社を比較し、選別するのが一般的だと思います。

しかし不動産屋からも、良い客・悪い客に分けられている可能性があることを念頭に置いておきましょう。

はっきりと選別していないにしても、不動産屋も人間ですので、好き嫌いがモチベーションを左右してしまうのは確かです。

悪質な不動産会社もいるため業者選びに慎重になる気持ちも分かりますが、面倒臭い顧客になってしまうと不動産屋に引かれてしまい、売却がスムーズに進まなくなってしまいます。

人間関係における最低限のルールはしっかりと押さえ、良好な関係を築きましょう。

人間関係における最低限のルール
  • 約束は守る
  • 感謝の言葉を伝える
  • 嘘をつかない
  • メールや電話を無視しない

基本的なことですが、意外とできていない人が多く見受けられます。

顧客だからといって、高飛車な態度を取るのはおすすめしません。

また査定してもらったものの、仲介依頼するに至らなかった不動産屋への断り方にも注意が必要です。

不動産屋への正しい断り方については、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

不動産屋の正しい断り方まとめ|しつこい勧誘を上手に回避する方法

不動産屋の正しい断り方についてまとめました。売却査定してもらったり、媒介契約を結んでいたりすると断りづらいですよね。しかし上手に断れば、しつこく勧誘を受けることはありません。気負いせずに断って良い理由についても紹介していますので参考にしてください。

不動産屋と良好な関係を築くことが売却成功への近道

不動産屋と良好な関係を築くことが売却成功への近道

不動産屋と良好な関係を築くことが、不動産売却を成功へと導きます。

不動産売却時に不動産屋と良好な関係を築くメリットは、以下のとおりです。

  • 買主候補に対して物件を積極的に紹介してもらえる
  • 有益な情報を教えてもらえる(利用できる特例など)
  • 優先的に取り組んでもらえる(後回しにされない)

上記の結果、不動産を高く、そして早く売却することができます。

不動産屋と良好な関係を築き、不動産売却をぜひ成功させてください。

また営業マンと良きパートナーになるためには、営業マンとの相性も非常に重要になってきます。

不動産一括査定サイトを利用すれば、複数の不動産屋をまとめて比較でき、相性の良い営業マンと効率的に出会えるのでおすすめです。

不動産一括査定サイトを利用した不動産屋選びについては、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

不動産屋が嫌がることをしないのと都合が良いのは違う

不動産屋が嫌がることをしないのと都合が良いのは違う

不動産屋に嫌われない客と都合の良い客は違いますので、注意が必要です。

都合の良い客になってしまうと、不動産屋の利益を優先させた売却活動をおこなわれてしまいます。

たとえば買主が現れない場合に、必要以上に値下げを進められたり、売れない理由を物件のせいにされたりします。

不動産屋の言いなりになるのではなく、売主自身の意見はしっかりと持ちつつ、不動産屋のアドバイスや意見を尊重するということを意識しましょう。

管理人からの一言「嫌われる客にならないように気をつけよう」

不動産屋に嫌われる客になってしまうと、売主の知らないところで売却チャンスを逃すことになり、不動産売却の成功から遠のいてしまいます。

なぜ売主の知らないところで売却チャンスを逃すことになるのかと言うと、後回しにされていたり、有益な情報を教えてもらえなかったりしても、素人である売主が気付くのは難しいからです。

ただし不動産屋も仕事ですので、約束を守るなどの基本的なことに気をつけていれば、そこまで不当な対応をされることはありませんので安心してください。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。