マンション

  • 自宅がいくらで売れるか知りたい
  • しつこい勧誘を避けたい
  • 安心して任せられる不動産会社を見つけたい

このような人のために作られたのが、不動産一括査定です。

メディアなどでもよく取り上げられているため、利用しようと思っている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、そもそもどんなサービスなのか、本当にしつこい勧誘はないのか、どの不動産一括査定を利用すればいいのかなど。

わからないことだらけで、不安や疑問もあると思います。

この記事では、「不動産一括査定サイトを利用するメリットやデメリット」から「サイトの比較表」「実際に利用した人の口コミ」について紹介していきます。

キャラ

利用するサイトによって査定額や勧誘の度合いなどが変わってきますので、注意してください。

不動産一括査定とは?どんな仕組みなの?

マンション

そもそも不動産一括査定とはどんなサービスで、どのような仕組みなのか、よく知らない人も多いと思います。

【不動産一括査定とは】
不動産一括査定とは

売却したい物件の基本情報を入力するだけで、複数社にまとめて見積もり依頼できる便利ツール

不動産の価格は査定する人によってズレが生じるため、何社かの見積もりを比べないと適切な価格はわかりません。

しかし複数社に査定依頼するのは手間がかかるということで、不動産一括査定のサービスが始まりました。

不動産一括査定の仕組み

査定依頼する手間がかからないだけでなく、売却物件の条件に合った不動産会社をピックアップしてもらえるメリットもあります。

不動産一括査定を利用すれば、より好条件で売却してくれる不動産会社が簡単に見つかるということです。

利用は完全無料!

不動産業界は成功報酬のため、実際に不動産が売却できるまで料金を請求されることはありません。

もちろん不動産一括査定サイトも、完全無料で利用できます。

なぜ無料で利用できるのか不思議に思われた人もいるかもしれませんが、不動産一括査定は不動産会社から受け取る広告費によって運営しています。

不動産一括査定のしくみ

提携会社を掲載したり、利用者に紹介したりする代わりに、謝礼として不動産会社から広告料を受け取る仕組み。

利用者が料金を請求されることは一切ありませんので安心してください。

【比較表】不動産一括査定サイト8社の違いをまとめてみた

不動産一括査定のロゴ

一括で相見積もりができるサービスをおこなっているサイトは、数十社あります。

まずは、よいサイト選びのポイントを押さえておきましょう。

不動産一括査定の選び方のポイント

  • 提携不動産会社が多いか
  • 運営元がしっかりとした会社か
  • 利用者からの評判は良いか
  • パソコンやスマートフォンでの操作がしやすいか
  • すぐに査定してもらえるのか

評判の良い大手不動産一括査定サイトを8社ピックアップしましたので、上記のポイントを踏まえたうえでサービス内容を比較してください。

サイト名 提携不動産会社 顧客満足度 使いやすさ 査定額 スピード
イエウール 1,900社 98%
ホームズ(HOME’S) 1,600社
イエイ 1,085社 97%
オウチーノ 800社 ×
マンションナビ 960社 ×
SRE不動産(旧ソニー不動産) 91.5%
リビンマッチ 1,200社 96%
HOME4U 980社

ホームページなどに掲載がなかった項目については、「—」と表記しています。

比較表を見てもいまいちピンとこない、という人もいると思いますので、物件の条件別におすすめの不動産一括査定を紹介していきます。

結局どのサイトがいい?不動産一括査定おすすめランキング

携帯を操作

大手一括査定サイト8社のサービス内容を比較したうえで、管理人がおすすめするのは以下の3社です。

  • 初心者には「イエウール
  • 都心なら「SRE不動産(旧ソニー不動産)
  • 大手がいい人は「ホームズ(HOME’S)

それぞれ、おすすめできる理由について詳しく解説していきます。

しつこい営業電話なしで使いやすい!初心者には「イエウール」がおすすめ

イエウール

マンションや土地、一戸建てを売却するなら、利用者からの人気が高いイエウールがおすすめです。

【イエウールの特徴】

  • 提携数1,600社以上のネットワークの広さにより、どんな地域、種類でも対応してもらえる
  • 物件に合わせてベストな不動産会社をピックアップしてくれるため、査定額が高い
  • クレームに厳しい運営姿勢によって、不動産会社からしつこい営業電話がない
  • IT企業である株式会社Speee運営しているため、使いやすい(パソコンやスマートフォンの操作が苦手な人でもストレスなく査定申し込みできる)

管理人自身いくつかの不動産一括査定を利用しましたが、イエウールが一番わかりやすくて査定額も高かったですよ。

実際に、東京商工リサーチ社の調査によって最も利用されている、人気の不動産一括査定であることがわかっています。

株式会社Speee(本社:東京都港区、代表取締役:大塚英樹)の運営する、不動産売却・査定サービス「イエウール」は、東京商工リサーチ社の行った「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」において、「利用者数」「提携会社数」「対応エリア数」など全ての項目で1位となりました。

査定依頼したからといって必ずしも売却しなければならない訳ではなく、査定額を知りたいだけでも利用できるので安心してください。

都心にある戸建やマンションなら「SRE不動産(旧ソニー不動産)」もおすすめ

SRE不動産(旧ソニー不動産)

都心にある戸建やマンションを一括査定するなら、東京都を中心に営業しているSRE不動産(旧ソニー不動産)もおすすめです。

SRE不動産は売主主義をポリシーとする営業スタンスのため、売主の不利になるようなことはしません。

売主の立場に立った考えを持っているSRE不動産なら、不動産を高く早く売却してもらえるでしょう。

大手の安心感が欲しいなら「ホームズ(HOME’S)」

ホームズ

大手の安心感が欲しいなら、ホームズ(HOME’S)もおすすめです。

ホームズというと、賃貸物件など住まいを探している人専用のサイトというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は不動産売却にも力を入れています。

提携数1,600社というネットワークの広さを活かして物件に合った不動産会社を紹介してくれるため、高い査定額が期待できます。

不動産一括査定にデメリットはある?

不動産の査定書

不動産一括査定は、複数の不動産会社にまとめて査定依頼できる便利さがある反面、上手に利用しないと意向に沿わない結果をもたらす可能性があります。

利用するうえで知っておきたい不動産一括査定のデメリットについて、解決策と合わせて紹介していきます。

複数社から連絡がくる

不動産一括査定は売主と不動産会社をつなげることが役割なので、査定依頼後はサイトを介さず不動産会社と直接やり取りをすることになります。

あまりにも査定依頼する会社の数が多いと、対応するのが大変になるかもしれません。

また、最終的に売却を依頼する不動産会社以外は断る必要があります。

断ることが苦手という人にとって、ストレスを感じるかもしれませんので注意してください。

ただしクレームに厳しく、しつこい営業電話がない不動産一括査定のイエウールを利用すれば、断るのが苦手な人でも気負いしなくて済みます。

解決策

  • 査定依頼する不動産会社を3社に絞る
  • 応募フォームでメールでのやり取りを希望しておく
  • クレームに厳しく、しつこい営業電話がないイエウール(https://ieul.jp/)で査定依頼する

評判の悪い不動産会社とも提携している可能性がある

不動産一括査定サイトの中には、より多くの報酬を受け取るために評判の悪い不動産会社とも提携している場合があるため注意が必要です。

悪徳業者は排除するために、提携時にしっかりと審査している不動産一括査定を選びましょう。

イエウールやホームズなどの良質なサイトは、提携する際に厳しい審査をおこなうだけでなく、提携後もクレームの多い不動産会社は契約を解除するという誠実な営業姿勢なので安心です。

イエウールの公式サイトに記載されている、以下の記載を参考にしてください。

お客様からのクレームの多い企業は、イエウールが契約を解除することができるため、優良な不動産会社が集まっています。

解決策

  • イエウール(https://ieul.jp/)やホームズ(https://www.homes.co.jp/)のような良質な不動産一括査定を利用する

全国すべての不動産会社と出会えるわけではない

国土交通省の調べによると、不動産業社は全国に123,416社あるということですが、不動産一括査定で出会える不動産会社はそのうちの500社〜1,900社程度です。

悪徳業社を排除しているという前提条件があることを考えても、提携しているのはごく一部ということになります。

不動産一括査定によって全ての不動産会社を比較できるわけではなく、もしかすると提携していない不動産会社の中に優良企業が隠れているかもしれない、ということです。

しかし自分でその優良企業を見つけ出すのは非常に困難ですし、売主自身で比較できる会社数には限界があります。

全国すべての不動産会社から見ると一部だとしても、不動産一括査定なら悪徳業社があらかじめ排除されているうえに売主自身では比較しきれない数の不動産会社を比べることができるのですから、あまり気にしなくてよいと思います。

解決策

  • 優良企業を知っているのであれば合わせて比較する
  • 提携数の多いイエウール(https://ieul.jp/)で査定依頼する

不動産一括査定で自宅を見積もってもらう3つのメリット

計算機

不動産一括査定のデメリットについて解説しましたが、それを上回るメリットがありますので安心してください。

  • 高値売却できる条件が揃っている
  • オンライン申し込みで手間がかからない
  • 値段を知りたいだけでも利用できる

高値売却できる条件が揃っている

物件を高値売却するためには、良質な不動産会社に出会うことが最重要ポイントになります。

営業力のない不動産会社に売却を依頼しても、売れ残るか安く売却されるかのどちらかだからです。

不動産一括査定で高く売ってくれる不動産会社に出会える理由
  • 悪徳業社が排除されている
  • 複数の不動産会社を比較することができる
  • 不動産会社同士で競争意識が働いて手を抜かれない

また売主の不動産売却に関する知識量が多いか少ないかによっても、売却価格に差が出る可能性があります。

不動産一括査定サービスがあることを知っているかどうかで、売却結果に何百万も差が出るというのが良い例です。

不動産一括査定サイトは不動産売却に関する知識の提供をしていることが多く、基本的なことから高く売る秘訣まで知ることができます。

必要な知識を得たうえで売却へと進める点も、不動産一括査定で高値売却できる理由の一つです。

オンライン申し込みで手間がかからない

不動産一括査定を利用すると、オンライン申し込みで査定依頼が完了するので、手間がかかりません

不動産一括査定

通常であれば、自分で不動産会社を探し、一社一社回って査定依頼しなければなりません。

慎重な人であれば、評判が悪くないかどうか、査定依頼する前に口コミを探したり、知り合いに聞いたりする人もいるのではないでしょうか。

不動産一括査定のイエウールなら、物件情報を一度入力するだけの簡単手続きで複数社にまとめて見積もり依頼できるうえに、悪質な業者が排除されているというメリットがあります。

不動産売却の経験がある人は不動産一括査定の良さに気づいてリピートする人も多いのですが、「はじめての不動産売却」という人こそ利用するべきです。

値段を知りたいだけでも利用できる

不動産一括査定は、これから売却する人はもちろん、値段が知りたいだけの人でも気軽に利用することができます。

不動産一括査定に登録している不動産会社は、他社と比較されることを分かっていますし、断られるのにも慣れています。

直接、事務所に出向くとしつこく勧誘を受ける可能性があるため、不動産一括査定で見積もり依頼し、不本意な営業電話を回避しましょう。

とはいえ、売却が決まっていないにもかかわらず不動産一括査定を利用することに抵抗を感じる人もいると思います。

イエウールの公式ホームページに、利用目的について調査した結果が記載されていましたので参考にしてください。

不動産一括査定を利用した理由のグラフ

地域によって、グラフの形は多少異なりますが、「価格によって売却を検討したいから」という理由で査定する方は全国的にも多くいらっしゃいます。無料一括査定なので、検討段階でも気軽に出来るところにメリットを感じている方が多いです。

価格によって売却を検討したいという理由で査定依頼する人がもっとも多いことがわかります。

査定依頼したからといって売却しなければならない制約はありませんので、気軽に利用してみてください。

イエウール

【取材】不動産一括査定の運営者に利用者の疑問や不安をぶつけてみた

不動産一括査定の運営者に取材

不動産売却は人生で一度あるかないかのことですので、周りに相談できる人がいないケースも少なくありません。

ネット上では良いと話題の不動産一括査定ですが、実際に利用するとなると以下のような疑問や不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

  • どの不動産一括査定を利用しても同じなのでは?
  • しつこい営業電話がかかってくるのでは?
  • 不動産一括査定を利用したぶん仲介手数料に上乗せされるのでは?
  • 実際はあまり利用する人がいないのでは?

不動産一括査定(イエウール)の運営者を取材し、これらについて聞いてきましたので参考にしてください。

どの不動産一括査定サイトを利用しても結果は変わらないのでは?
利用する不動産一括査定サイトによって、査定結果は異なります。

査定結果には不動産会社の能力が大きく影響するため、提携している不動産会社の数や規模、質などが違えば、必然的に結果も変わってきます。

イエウールは顧客の幅広いニーズに対応できるように、業界最多の1,600社と提携を結んでおり、会社の規模も大手から小手まで様々です。

そのため、他社よりも高い査定額を提示できると自負しています。

不動産一括査定を利用するとしつこい営業電話がかかってくるのでは?
イエウールと提携している不動産会社には、執拗な勧誘は逆効果であると指導しているため、多くの人が懸念するしつこい営業電話をかけてくる不動産会社はいません。

ほとんどの不動産一括査定サイトは提携するだけでフォローをおこないませんが、イエウールは提携後にもしっかりと提携会社とつながりを持ち、どうすれば顧客に選ばれるかアドバイスしています。

弊社はデジタルコンサルタント事業を主としている会社のため、ネットユーザーが求めていることを読み解く力があります。

しつこい営業電話は悪印象を与え、次につながる可能性を断ってしまう行為であると考えており、提携会社にはおこなわないよう指導していますので、安心してご利用ください。

不動産会社が不動産一括査定サイトに支払う掲載料の分、仲介手数料が高くなるのでは?
不動産一括査定を利用したからといって、仲介手数料が高くなることはありません。

仲介手数料は宅地建物取引業法によって上限が設定されているため、多めに請求することはできないからです。

また掲載料と物件売却にかかる手数料は決済上、別会計になっているため、掲載料がかかったからといって不動産一括査定を利用した人から回収することはありません。

テレビCMを見ないけど、マイナーなサービスなのでは?
テレビCMを放映するためには、一気に利用者が集まることを想定した準備が必要になります。

不動産一括査定を利用する人が増えても、それにしっかりと対応できなければ意味がありません。

弊社は提携不動産会社との連携を強めつつ、ネットユーザーを大切にすることを第一に考えています。

評判はどうなの?不動産一括査定を利用した人の口コミを紹介

不動産一括査定を利用した人のリアルな評判も気になると思いますので、掲示板などから口コミを集めてみました。

40代・男性の口コミ

どの不動産会社に相談すれば良いのか分からず、とりあえず近所の不動産会社に売却相談にいったのですが、「そんなことも知らないのか」というような高圧的な態度を取られ、売却に対してネガティブになっていました。しかしネットで不動産一括査定を知り、利用してみたところ、とても親切で丁寧な対応をしていただき、分からないことをなくしたうえで売却に挑めました。不動産会社との付き合いがない人にとって、不動産一括査定はとても良いサービスだと思います。

50代・女性の口コミ

不動産一括査定は知っていましたが、あまり良いイメージを持っていなかったため、利用せずに最寄り駅にある大手不動産会社に相談にいきました。しかし、築年数が古すぎるという理由で売却を断られてしまいました。築35年のマンションだったため、売るのは難しいと判断したようです。そこで、半信半疑ではありましたが、不動産一括査定を使ってみることに。4社に査定依頼したうちの1社は見積もり不可の連絡が来ましたが、残りの3社には査定額を出してもらうことができました。査定してくれる会社を一社一社まわって探していたら大変だったと思うので、利用して良かったです。

30代・男性の口コミ

急に転勤が決まってマンションを売却することになったのですが、忙しくてなかなか不動産会社にいけず、困っていたところ、会社の人から不動産一括査定を教えてもらいました。ネット上で査定依頼できるので、仕事の合間に手続きすることができ、大変便利だと思いました。電話である程度の説明を受けたうえで、空いた時間に事務所に伺い、売却手続きを進めました。こちらの都合に合わせてくれる、とても親切な不動産会社に出会えたので良かったです。転勤までに売却でき、すっきりと赴任先に向かう事ができました。

不動産一括査定の利用方法を画像付きで解説

不動産一括査定で査定依頼の申し込みをする流れは、以下の通りです。

最近、管理人の実家をイエウールを通して売却しましたので、そのときに撮った写真を用いて説明していきます。

Step.1 物件情報を入力する

まずはじめに売却物件が一戸建てなのか、マンションなのかを選択して住所を入力します。

次に専有面積や間取りなど、物件の基本情報を入力していきます。

不動産一括査定の使い方

専有面積などは、査定時に不動産会社がしっかりと調べ直してくれますので、だいたいで問題ありません。

次に、査定依頼する人の情報の入力画面に進みます。

個人情報を入力している間、物件に合わせて不動産会社をピックアップしてくれます。

不動産一括査定の使い方

ネット上で個人情報を入力することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、イエウールは以下のように厳重な管理をおこなっていますので安心してください。

(1)当社は個人データの漏えい、滅失又は毀損の防止その他の個人データの適切な管理のために、個人データの管理者を定め、担当職員以外による個人データの参照を禁じるなど、個人情報保護に必要な対策を実施します。
(2) 個人情報を入力するときなど、ユーザーと本サービスの間で保護すべき通信が行われる場合、通信を暗号化して第三者の不正アクセスを防ぐ技術であるSSL(Secure Sockets Layer)を用いてデータの安全性を確保しております。その他ウイルス対策やファイアウォールの設置など、個人情報を保護するために必要となる安全管理措置の維持・継続的改善に努めてまいります。

ここまできたら、あとは訪問査定か机上査定のどちらで査定依頼するか決めるだけです。

不動産一括査定の使い方

訪問査定は、物件を不動産会社に見てもらい、しっかりと見積もり金額を出してもらう方法です。

一方で机上査定は、物件情報だけで見積もり金額を出してもらう簡易的な方法になります。

  • とりあえず売却金額の目安が知りたい人は机上査定
  • より正確な金額が知りたい人は訪問査定

まずは机上査定で見積もりを出してもらってから訪問査定で話をつめていくと煩わしさもなく、効率的です。

なぜ室内を見ずに査定できるのか疑問を感じた人もいるかもしれませんが、不動産会社は過去の取引事例や周辺環境などの様々なデータを持っています。

不動産の価値は、室内の状況よりも立地や築年数、広さ、方角などによる影響のほうが大きいため、物件情報があれば査定額の算出が可能です。

机上査定と訪問査定の違いについては、下記の記事でも詳しく解説しています。

机上査定と訪問査定の違いとそれぞれのメリット・デメリットを解説!

机上査定と訪問査定の違いとそれぞれのメリット・デメリットを解説!この記事では、どっちを利用するべきか、その人の状況に合わせた査定方法についても紹介しています。机上査定のやり方を間違えると、不動産会社からしつこく勧誘される可能性があるため、注意が必要です。

5,968view

Step.2 査定依頼する不動産会社を選択する

応募フォームの入力が完了すると、売却物件に合った不動産会社を紹介してもらうことができますので、査定依頼する不動産会社を選択します。

不動産一括査定の使い方

管理人の実家は田舎にあるのですが、それでも2社紹介してもらうことができました。

無料査定スタートというボタンを押し、査定依頼は完了です。

不動産一括査定の使い方

査定依頼にかかる時間は、だいたい1分程度です。

パソコンやスマートフォンの操作に慣れていない人であっても、難しい操作はないため2〜3分もあれば完了できると思います。

あとは、不動産会社からの連絡を待ちます。

結果については査定依頼する時間帯や不動産会社にもよりますが、早ければ2時間後、遅くても3日程度で分かります。

注意点|査定依頼する不動産会社は3社に絞ろう

あまりにも比較対象が多いと迷ってしまいますし、対応が大変になるため、査定依頼する不動産会社は3社に絞るのがベストです。

選び方としては、大手と地域密着型の地元不動産会社、売却物件の種別に合った会社、それぞれ1社ずつ選出するとよいでしょう。

よい不動産会社を見極めるためには信頼度買い手のつきやすさを比較することが重要になるからです。

2つの観点から考えるとやはり大手は間違いありませんし、その地域で物件を探している買い手が集まってくるという長所がある地元密着型の不動産会社も外せません。

大手には大手の、中小には中小の良さがあり、どちらが良いと一概には言えないため、売主自身の目で判断することが大切になります。

不動産売却は大手と地元の中小どっちに任せる?メリット・デメリットは?

不動産売却は大手と地元の中小会社どちらに任せれば良いのでしょうか。大手には大手の、中小には中小の良さがあるため売りたい物件などから自分に合う会社を選ぶのが一番です。それぞれのメリット・デメリットと選び方について紹介していますので参考にしてください。

5,226view

査定価格だけでなく営業姿勢も重視する

不動産一括査定を利用するとどうしても査定価格に目が行きがちですが、査定価格だけでなく営業姿勢も重点的にチェックしてください。

上述でも説明しましたが、査定価格はあくまでも推測値であって、売却できる確定価格ではありません。

査定額が高いからといって必ずしも営業力のある不動産会社とは限らず、口先だけで結果が伴わない可能性がありますので、営業姿勢や金額の根拠を示してもらうことで判断する必要があります。

管理人からの一言「不動産一括査定を使わないのは勿体ない」

インターネット社会である現在、不動産会社選びも携帯やパソコンで簡単にできる時代になりました。

一から不動産会社を探すのは、かなり非効率です。

不動産一括査定を利用すれば、簡単に複数社を比較できるだけでなく、利用しなかった場合と比べて査定額が高くなるというメリットもありますので使わないのは勿体ないですよ。

この記事で紹介した不動産一括査定のポイントをおさらいしておきますので、ぜひ参考にしてください。

この記事のおさらい

  • 売却の予定がなく、物件の価格が知りたいだけでも利用できる
  • 不動産会社同士を競争させることができるから査定額が高くなる
  • 利用する不動産一括査定によって査定結果が違う
  • 利用料を取られたり、仲介手数料が高くなることは一切ない
  • 査定依頼するのは3社程度にしておくのがベター

上述したとおり、管理人がおすすめする不動産一括査定は、利用者数と提携不動産会社数が一番多いイエウールです。

実際に利用してサービスの良さを体感しているからこそ、自信を持っておすすめできます。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。