「買主にマンションを気に入ってもらって、早く、高く売りたい」という人は、内覧前に徹底的に掃除しましょう。

誰しも、汚い家には住みたくありません。

一度悪いイメージを持たれてしまうと払拭するのは難しいため、第一印象をよくするために最大限、清潔感を演出することが大切です。

キャラ

この記事では、「内覧前におこなうべき掃除箇所」について解説していきますので、参考にしてください。

マンション売却で内覧前にしておくべき6つの掃除箇所

内覧前の掃除の画像

マンションの内覧前にしておくべき6つの掃除箇所は、以下のとおりです。

  • 玄関
  • キッチンやお風呂などの水回り
  • リビング
  • 押入れ
  • バルコニー
  • エントランスやゴミ捨て場

内覧者がよくチェックする箇所になりますので、最低でもこの6箇所は徹底的にきれいにすることをおすすめします。

たとえマンションが狭くて古い物件だとしても、清潔感があれば必ず売れますので手を抜かずに掃除しましょう。

最初に入る玄関の印象は大切

玄関

入ってすぐの玄関の印象はとても大切ですので埃を取り除き、靴はなるべくしまっておきます。

靴の収納スペースをチェックしたいと言われることもありますので、収納箱の整理整頓も忘れずにおこなってください。

マンションの玄関は暗い印象になりがちなので、白い花を置いて明るい印象にさせることも第一印象を良くするのに効果的です。

また自分だと気付きにくいかもしれませんが、家に入った際の臭いにも気を配ると良いでしょう。

無香性の消臭スプレーや消臭剤などを多用し、家の中の生活臭をなくします。

人間は本能的に自分の臭いを好み、他人の臭いを嫌う性質があるため、マンションを臭いのない状態にしておくことは内覧会において意外と重要なのです。

特に水回りは念入りに掃除する

水回り

どうしても目がいってしまうのがキッチンやトイレ、お風呂などの水回りです。

汚れやカビ、水アカなどをなるべくなくし、できるだけキレイに磨いておきます。

水回りがキレイで清潔感のあるマンションは、内覧者からの印象が格段に良くなるので、念入りに掃除をしておいて損はありません。

人間は初めての場所では上を見てしまう習性があるため、天井部分など上にある箇所も気を抜かずにキレイにしてください。

また内覧会のときにはカラッとした状態にしておいたほうが良いので、水気が残っていれば拭き取り、しっかり換気しておきましょう。

水回りの掃除についてもっと詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

水回りの掃除はマンション売却で重要!水回りのメンテナンスで値下げを防止

この記事では、マンション売却で重要な水回りの掃除のコツについて紹介しています。水回りをメンテナンスすることで値下げの必要がない良質な家にすることができます。

6,172view

リビングの印象を良くして買主の購入意欲を刺激する

リビング

家族が集まるリビングを気に入ってもらうことができれば、他の部屋が多少狭くても購入してもらうことができます。

リビングはできるだけ広く見せたいため物は減らしておき、内覧会当日はカーテンや扉を開けて開放感を演出します。

売主の生活感が残っていると購入後のイメージがしにくいため、モデルルームのような部屋を目指して配置換えも検討しましょう。

ホームステージングの実施も検討する

売却物件に家具レンタルなどを使ってインテリアコーディネートを加えるホームステージングを実施すれば、より買い手の購入意欲を刺激できます。

ホームステージングは物件の魅力を最大限引き出す売却方法で、早く、そして高く売却したいのであれば、費用をかけてでもおこなったほうが良い結果につながるでしょう。

ホームステージングをおこなったリビングを写真に撮って不動産ポータルサイトに掲載すれば、買主の目を引くことができ、内覧者が増えるという効果も見込めます。

ホームステージングについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

ホームステージングで中古マンションの魅力をアップ!費用の目安は売却価格の1%

ホームステージングとは?この記事では、マンション売却でホームステージングを利用することで得られる効果と費用について紹介しています。マンションを高く売却したい人はぜひ参考にしてください。

5,238view

押入れも整理整頓しておく

押入れ

内覧者に押入れを見せることに抵抗を感じるかもしれませんが、収納スペースの広さは購入を決める判断材料となるものです。

収納物が乱雑で今にも崩れそうな状態になっていると、どうしてもイメージが悪くなってしまいます。

掃除の際には押入れから収納物をすべて取り出して不要な物を処分し、埃や汚れも取り除いておくと良いでしょう。

すっきりした押入れは広く見えますし、きれいに使っているという印象を与えることができますので、押入れの整理整頓は必ずおこなってください。

バルコニーも見られる可能性がある

バルコニー

外の景色や洗濯物が干しやすいかどうかのチェックで、バルコニーを見たい内覧者もいます。

不要な物があるとバルコニーに出してしまいがちですが、要らない物がいくつも放置されていると印象が良くありませんので、対処しておいてください。

また窓ガラスや網戸の汚れは、既存の家の古さを強調してしまいますので、事前にキレイにしておくことをおすすめします。

エントランスやゴミ捨て場などの共有部分にも気を配る

ゴミ捨て場

内覧会でマンションを気に入ってもらうためには、マンション全体の印象も大切です。

共有部分まで気を配るのは大変だと思いますが、内覧者が最初に必ず通るエントランスはできるだけきれいな状態にしておいたほうが良いでしょう。

ゴミが落ちていたら拾っておき、ポスト付近にチラシが散乱していないかチェックします。

またごみ捨て場が汚れていると「管理が行き届いていないマンション」という印象を与えてしまいますので、もしも汚れがひどいようであれば管理会社に連絡し、掃除を依頼しておきます。

掃除が行き届いていない汚いマンションは内覧者にがっかりされて売れ残る

掃除しておかないと内覧者にがっかりされる

掃除が行き届いていない汚いマンションは、内覧者をがっかりさせ、売れ残ってしまうリスクが高くなります。

売主からすれば内覧はめんどくさいものかもしれませんが、買主からすると大きな買い物のため慎重になっている反面、とても楽しみにして内覧にきてくれます。

にもかかわらず、見学にいった先が掃除も行き届いていない汚い状態であったら、興醒めして買う気にならないのは当然です。

以下のグラフは、家を購入するときに中古マンションを選ばなかった理由について国土交通省が調査した結果になります。

中古マンションを選ばなかった理由(複数回答)

新築の方が気持ち良いから 65.3%
リフォーム費用などで割高になる 30.1%
隠れた不具合が心配だった 27.5%
給排水管などの設備の老朽化が懸念 26.7%
見た目が汚いなど不満だった 8.1%

最近は予算などの関係で中古マンションを選択する人が増えていますが、もともと日本人はきれいで汚れていない新築を好む傾向にあります。

中古マンションの購入を検討して内覧に参加する人は、ある程度の汚れなどは承知のうえで来ますが、あまりに清潔感がない場合「やっぱり中古は汚くて嫌だな」とがっかりされてしまいます。

掃除をして部屋をきれいにすることで選んでもらえる

売主の生活感があまりに残ったまま内覧会をおこなってしまうと買主にがっかりされてしまいますので、できるだけ掃除をして清潔感を演出しましょう。

掃除をして部屋をきれいにすることで、買主に選んでもらうことができるのです。

もしも掃除をすることが負担なのであれば、ハウスクリーニングを利用しても良いかもしれません。

費用はかかりますが、プロの技術で掃除してもらば新品同様のきれいな状態にしてもらうことができますので、結果として高値売却が可能になります。

ハウスクリーニングについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却で費用を負担してまでハウスクリーニングするべき?

マンション売却で費用を負担してまでハウスクリーニングするべき?この記事では、ハウスクリーニングをするべき理由と相場費用について紹介しています。家をきれいに清掃することで高値売却が可能になります。

5,319view

きれいな部屋は少ない内覧数でも買い手がつく

きれいな部屋は、少ない内覧数でも買い手がつきます。

マンション売却時の内覧件数は10件程度と言われていますが、第一印象が良い物件であれば、たとえ2人目の内覧者であっても成約するかもしれないということです。

逆に掃除をしていない汚い物件は、内覧件数はあるのになかなか成約に至らないという状況になりかねませんので注意してください。

マンション売却時の内覧数について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却での内覧は何回あるのが平均?件数を増やすためのコツ

マンション売却での内覧数は何回あるのが平均?この記事では内覧の件数が少ないときの対処法についても紹介しています。内覧へとつなげるコツを知ることが、マンション売却の成功へと導きます。

6,973view

管理人から一言「内覧会で全ての部屋を見せられるように掃除する」

内覧会では、全ての部屋を見せられる状態にしておくことが大切です。

押入れや子供部屋、寝室、お風呂場など、できれば見せたくない箇所もあるかもしれませんが、見ることができない箇所は内覧者にとってリスクでしかありません。

「何か隠したい劣化があるから見せなかったのではないか」と思われてしまい、購入を見送られてしまう可能性が高くなりますので注意してください。