マンション売却において、不動産会社との相性は非常に大切です。

不動産会社の質によってマンション売却が成功するかどうか決まりますので、不動産会社に対して不信感を抱いてしまった場合は、遠慮なく変更しましょう。

キャラ

この記事では、「仲介業者の変更に適したタイミング」から「乗り換えるときの注意点」、「乗り換えるべき不動産会社の特徴」について紹介していきます。

不動産仲介業者の変更は可能なのか

不動産仲介業者の変更の画像

不動産仲介業者は途中で変えることができないと思っている人も多いのですが、実際のところ契約期間内であっても変更可能です。

マンション売却で不動産仲介業者に対して不満や不安を抱いた場合、そのまま任せておく必要はなく、本当に嫌なのであれば仲介業者の変更をおすすめします。

仲介会社の変更で違約金が発生しないのは常識であり、契約期限内の解約でも金銭的なペナルティーを受けることはありません。

ただし売却活動にかかった広告費等を請求されるケースはありますので、その点のみご注意ください。

不動産業者に「変更したい」と伝えるのは気が引ける、という人も多いと思いますが、不信感を抱いたままでは良い売却活動はできません。

マンションが売れないのは不動産会社の責任でもあるのですから、遠慮することなく変更してしまって問題ありません。

不動産屋はそのままで担当者を変えたい場合

仲介業者自体は変えずに担当者を変えてもらうこともできますが、打ち合わせなどで会社を訪れるたびに断った営業マンに会ってしまうので、気まずい思いをすることになります。

また担当者に抱いた不満は、他の営業マンに変更したところで解消されるとは限りません。

依頼する不動産会社全体の経営スタンスに、問題がある可能性が高いからです。

担当者を変えるよりも不動産会社を変更するほうが簡単な場合も多いので、担当者に不満や不安を抱いた場合は、不動産会社ごと乗り換えてしまうのが得策でしょう。

不動産仲介業者を変更できるタイミングは?

不動産業者を変更できるタイミングは?

マンション売却で不動産業者を変えたいと思った場合、いつでも変更して良いのでしょうか。

結論から言いますと、いつでも乗り換えることはできますが、スムーズに変更できるタイミングがあります。

不動産会社を変更するのに適した時期は、媒介契約の形態によって少し異なりますので確認しておきましょう。

専属専任媒介契約・専任媒介契約は3ヶ月の契約期間満了時

マンション売却を専属専任媒介、専任媒介で依頼している場合、契約の有効期間である3ヶ月を待って仲介業者を変更するとスムーズです。

媒介契約は自動更新されることがなく、更新するかしないかは売主が自由に決めることができますので、このタイミングを狙って契約を解消しましょう。

契約期間満了まで待たないと媒介契約を解約する理由を求められたり、それまでにかかった広告費用を請求されたりする可能性がありますので、注意してください。

一般媒介契約は有効期間を確認する

一般媒介契約の場合、複数の不動産会社へ売却依頼しても良いことになっているので、わざわざ変更を申し出る必要はありません。

一般媒介を結んだ不動産会社の中から、良質な会社のみと話を進めていけば良いからです。

しかし媒介契約を結んでいる以上、売却状況について連絡が入ったり、何かと煩わしく思うかもしれません。

一般媒介契約には有効期間の制限はない、というのが一般的に知られていますが、一般媒介も専任媒介と同様に3ヶ月が契約期間となっています。

国土交通省の標準媒介契約約款に、以下のように書かれていますので参考にしてください。

一般媒介契約の有効期間は、3ヶ月を超えない範囲で、甲乙協議の上、定めます。

有効期間を決めていた場合はその期間が満了する時、特に定めていなかった場合は媒介契約締結から3ヶ月経ったタイミングが、契約解消を申し出るベストなタイミングです。

不動産仲介会社を乗り換えるときの注意点

不動産仲介会社を乗り換えるときの注意点

マンション売却を依頼する不動産会社を乗り換えるときの注意点は、契約期間満了を待って乗り換えることと、乗り換え先の不動産会社は慎重に選ぶということです。

契約期間満了を待って乗り換える

マンション売却を依頼した不動産会社に不信感を抱いてしまった場合、すぐにでも変更したいと思われるかもしれませんが、契約期間満了を待たずに乗り換えてしまうとトラブルになる可能性があります。

不動産業界は成功報酬となっており、不動産屋は売主に途中で会社を変更されてしまうとこれまでの売却活動が無駄になってしまうため、変更に難癖をつけるケースがあるからです。

契約期間満了までどうしても待てないという場合、売却活動にかかった費用の請求や損害賠償を求められる可能性がありますので注意してください。

契約期間満了時であれば特に理由を提示する必要もなく契約を解消できるので、トラブルを避けるためには期間満了を待って乗り換えるとスムーズです。

乗り換え先の不動産会社は慎重に選ぶ

同じ失敗を繰り返さないために、乗り換える不動産会社は慎重に選ぶ必要があります。

再び悪質な不動産会社と媒介契約を結んでしまったとしても、二度目の変更は時間的な問題などから困難であることがほとんどです。

高く売るためには良質な不動産会社と出会うことが大切になりますので、複数の不動産会社に話を聞き、見極めたうえで媒介契約を結びましょう。

売主自身で一社一社回って比較するのは難しいですが、不動産一括査定サイトを利用すれば簡単、確実に良質な不動産会社と出会うことができるのでおすすめです。

どの不動産一括査定サイトを使えばいいのかわからない人は、下記の記事を参考にしてください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。自分に適した査定サイトを見つけることで、不動産を高く売却することができます。

仲介業者を変更したほうが良いケース

不動産仲介業者を変更したほうが良いケース

マンション売却を依頼する仲介業者を変更したほうが良いケースは、以下のとおりです。

  • 内覧件数が少ない場合
  • 3ヶ月経っても売れない場合
  • 誠実さに欠ける営業マンだった場合

仲介業者に不信感を抱いたままでは良い売却活動ができませんので、おかしいと思ったらタイミングを待たずに変更することをおすすめします。

たとえ広告費等を請求されたとしても、良質な仲介業者に変更して高値売却してもらったほうが結果として利益を得られます。

内覧件数が少ない場合

内覧件数があまりにも少ない場合に考えられる要因は、囲い込みをされているか、売り出し価格が相場よりも高すぎるかのいずれかです。

囲い込みとは、仲介業者が売主と買主の両方から仲介手数料を受け取るのを目的に、物件情報を他社に公開しない悪質な行為で、囲い込みをされてしまうと物件は売れづらくなります。

自社が仲介する買主しか内覧に連れてこない仲介業者は要注意で、囲い込みされている可能性が非常に高いと思って良いでしょう。

悪徳業者は売主に分からないように囲い込みをおこなうため、実際に囲い込みを立証することは難しく、不審な点があれば変更してしまうのがベストです。

ただし単純に売り出し価格が高すぎて買主からスルーされている可能性もありますので、まずは相場価格を調べなおす必要があります。

相場価格の調べ方について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

【相場価格の調べ方】マンションを売却する前に平均値を知って一番高く売る

マンションの売却相場を調べる方法について紹介しています。最も高い値段で売るにはどうすれば良いのか、相場価格を左右する要素についても解説しています。相場価格を調べずに売却してしまうと、もう少し高く売れたかもしれないという後悔を残す可能性があるので注意しましょう。

3ヶ月経っても売れない場合

媒介契約期間が満了する3ヶ月が経過しても買い手が現れない場合、仲介業者を変更したほうが良いかもしれません。

一般的にマンション売却にかかる期間は3ヶ月が平均と言われており、その3ヶ月を過ぎても売れない場合、仲介業者に営業力がない可能性があります。

特に、売れない理由を物件のせいにする営業マンは要注意です。

駅から遠いから、全面道路が狭いから、など。物件のデメリットのせいで売れないと言い訳する仲介業者は、営業力がないと思って間違いないでしょう。

たとえば駅から遠いマンションであっても、移動手段が車である世帯をターゲットにすれば必ず購入者は現れます。

3ヶ月を目安に、仲介業者の腕を見極めましょう。

誠実さに欠ける営業マンだった場合

誠実さに欠ける営業マンだった場合、契約期間満了を待たずに変更することをおすすめします。

そのまま契約を続けても、売主の希望通りに売却できる可能性は低いからです。

誠実さに欠ける営業マンの特徴は、以下の6つになります。

  • 専門用語ばかり使う
  • 言葉遣いが丁寧でない
  • 価値観を押し付けてくる
  • 不動産についての知識が乏しい
  • 質問したことに対してきちんとした回答がない
  • 売主や物件を否定するような言動がある

担当する営業マンによって、マンション売却が成功するかどうか決まるといっても過言ではありません。

誠実さに欠ける営業マンとはすぐに契約を終了させ、熱心で信頼できる営業マンを見つけましょう。

管理人からの一言「複数の不動産会社を比較することが乗り換え成功のコツ」

不動産会社を乗り換える時期や、新たに契約する会社が良質かどうかには気を付けましょう。

せっかく不動産会社を変更するにもかかわらず、再び悪質な不動産会社を選らんでしまっては意味がありません。

イエウールなどの不動産一括査定サイトを利用し、複数の不動産会社を比較することが乗り換えを成功させるコツです。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。