築30年のマンションは買主から敬遠されてしまい売れないのでは、と不安を抱く人も多いと思います。

確かに築浅マンションに比べると売れづらい傾向にありますが、売れないわけではありません。

ただし売却方法によって、値段に大きな差が生じますので注意が必要です。

キャラ

この記事では、「築30年のマンションは資産価値がほとんどないって本当?」から「築30年のマンションをできるだけ高く売却するコツ」、「築30年のマンションの強み」について紹介していきます。

築30年のマンションは資産価値がほとんどないって本当?

築30年の画像

残念ながら、マンションの資産価値は築20年でゼロになるといわれています。

建物の程度の良し悪しに関係なく、資産価値は一律で下がっていくという考え方が一般的です。

ただし建物自体の資産価値はなくなっても、土地部分の資産価値は下がりません。

築20年で資産価値がゼロになると言われているのは、あくまでも建物部分であって、築30年のマンションでも売却できます。

買い手がつくのか心配な人も多いと思いますが、物件によっては築浅マンションよりも買い手にとってのメリットが大きいケースもあります。

(買い手の立場に立って考える築30年のマンションを購入するメリットについては、後述で詳しく説明します。)

寿命は資産価値とは別

マンションの資産価値は築20年でゼロ査定になってしまうと説明しましたが、資産価値と寿命は違います。

マンションの寿命は一般的に50年と言われており、管理状態が良ければ100年持つという見解を発表している専門家もいます。

したがって築30年のマンションでも、まだ20年以上は住むことができるということです。

「資産価値がゼロだと買い手は見つからないのでは」と思われるかもしれませんが、マンション自体にはまだまだ住めるため、時間はかかったとしても住みたいと言ってくれる買い手が必ず見つかります。

ただし、きちんと戦略を立てて売りに出すことが大切です。

築30年のマンションを相場よりも高く売却するコツ

築30年のマンションを相場よりも高く売却するコツ

築30年のマンションを相場よりも高く売却するコツは、以下のとおりです。

  • 適切なパートナー選び
  • 相場価格を把握する
  • リフォームできれいにして売る
  • 売却不動産の万全の調査・資料準備
  • 分かりやすいメリットを提示する

適切なパートナー選び

マンション売却で最も大切なことは、適切なパートナー選びです。

不動産会社によってどのような不動産に強いのかは大きく異なるため、「築30年のマンション」の売却を得意とする不動産会社を見つけ出す必要があります。

築30年のマンションを高く売ってくれる不動産会社かどうか見極める3つの質問を紹介しますので、ぜひ不動産会社に聞いてみてください。

不動産会社に聞くべき3つの質問
  • 築30年以上のマンションを売却したことはありますか?
  • どうすれば私のマンションは高く売れると思いますか?
  • 具体的な戦略はありますか?

不動産会社の回答の仕方から、今までの実績や誠実さが見えてくると思いますので、ぜひ複数社に同じ質問をしてみてください。

複数の不動産会社の話を聞くには、不動産一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

わざわざ不動産会社をまわらなくてもインターネット上で査定依頼でき、その後メールまたは電話で話しを聞くことができます。

相場価格を把握する

マンションを相場よりも高く売却するためには、相場価格を把握する必要があります。

相場価格を知らなければ、適切な戦略を立てることができないからです。

相場を知らないまま作戦を立ててしまうと、売却できたときに本当に高く売れたのかわかりません。

相場価格を調べる方法は、以下のとおりです。

  • レインズで周辺物件や類似物件の成約価格を確認する
  • ポータルサイトで市場価格をチェックする
  • 不動産一括査定サイトを利用する

相場価格の調べ方について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

【相場価格の調べ方】マンションを売却する前に平均値を知って一番高く売る

マンションの売却相場を調べる方法について紹介しています。最も高い値段で売るにはどうすれば良いのか、相場価格を左右する要素についても解説しています。相場価格を調べずに売却してしまうと、もう少し高く売れたかもしれないという後悔を残す可能性があるので注意しましょう。

リフォームできれいにして売る

築30年のマンションは、リフォームをして見栄えをよくすることをおすすめします。

マンションの売買価格に影響を及ぼす要素は、築年数や立地、部屋の広さ、そして見栄えです。

リフォームして見栄えを良くしたことで売却価格が高くなったり、売却にかかる期間が短くなったりするケースが多く、見た目が良いマンションは買い手がつきやすいといえます。

「築30年=汚い」というイメージを払拭し、買主の購入意欲を刺激しましょう。

ただしリフォーム代にお金をかけすぎて、他の物件よりも値段が高くなってしまってはいけません。

水回りを綺麗にしたり、古い設備を新しくしたりする程度にとどめておくのがベターです。

マンション売却時のリフォームについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンション売却はリフォームして売るべき?費用はいくらかけるのが妥当?

マンションはリフォームして売るべき?この記事では、マンション売却でかかるリフォーム代について紹介しています。諸費用はなるべくおさえて中古マンションを高値売却するコツを確認しておきましょう。

売却不動産の万全の調査・資料準備

マンションを売却する前に物件調査と資料準備をして、買主にとって分からないことや不安なことを極力なくしてあげるのが、築30年のマンションを高く売却するコツです。

分からないことが多い不動産は、「買った後にとんでもない問題が見つかるのでは」と、買い手側に不安やためらいを生じさせてしまいます。

購入してくれたとしても、リスクがあるぶん買い手側はできるだけ安く買おうと考えるため、リスク相応分の値引きを申し出てくるでしょう。

一方で、あらゆる情報が詳細に分かる不動産であれば、どのような問題があるのかも含めて、買主に購入を検討してもらいやすくなります。

物件調査や資料準備をしっかりとおこない、買主の購入に対する不安を取り除いてあげましょう。

分かりやすいメリットを提示する

当然ながら買主は、不動産について知識を身につけたうえでマンションを購入します。

しかし素人が身につけられる知識には限りがあり、本当に住宅の質を判断できるだけの情報は持っていません。

そのため分かりやすいメリットを提示して、購入意欲を刺激します。

価格や立地、間取りの広さ、見栄えなど。素人でも分かる売却物件の強みを見つけ、買主にアピールしましょう。

築30年のマンションの強み

築30年のマンションの強み

築30年のマンションは新築や築浅物件と比べるとデメリットしかないのでは、と思っている人もいるかもしれませんが、物件によっては新築や築浅物件よりも買い手にとってメリットが大きいケースもあります。

買主の立場から見た築30年のマンションの強みは、以下のとおりです。

  • 物件価格が安い
  • 固定資産税が安い
  • 値崩れの心配がない
  • 立地が良い傾向にある
  • 新耐震基準で建てられた物件である
  • 部屋が広くて間取りに余裕がある
  • 管理実態が分かる

物件価格が安い

中古マンションを選ぶ人のほぼ全員が、新築よりも値段が安いことを理由に中古物件の購入を検討します。

中古マンションは価格が安いので、買主にとって手が届きやすい物件です。

上述でも説明しましたが、リフォームにお金をかけすぎて物件価格が高くなってしまった、とならないように注意しましょう。

固定資産税が安い

築年数が経過しているマンションは、新築や築浅マンションに比べて固定資産税が安いというメリットがあります。

固定資産税は物件の評価額によって決められるため、建物部分の資産価値がゼロとして考えられる築30年のマンションは、固定資産税が安くなります。

買主にとって固定資産税はずっと払っていかなければならないお金なので、安いに越したことはなく、固定資産税がいくらか気になる買主も少なくありません。こちらから提示してあげると、親切です。

値崩れの心配がない

マンションの価値は、築20年までは下がり続けますが、その後は横ばいになります。

建物部分の市場価値が築20年でゼロになっても、土地の価値は下がることがないからです。

築30年のマンションを購入した買主は、売却するとき、購入時とほぼ同額で売却できる可能性があります。

立地が良い傾向にある

駅の近くなどの良い立地は、早い者勝ちで埋まっていきます。

そのため築浅マンションよりも中古マンションのほうが、立地が良い傾向にあります。

交通利便性の良い場所に建てられたマンションは古くても人気があり、多少高くても買いたいと思っている買主も少なくありません。

新耐震基準で建てられた物件である

築30年のマンションは新耐震基準で建てられているため、強い耐震性があります。

中古マンションは耐震性に不安を抱く人も少なくありませんが、今建てられている新築マンションと同等の耐震性を兼ね備えており、耐震性がネックで売れないということはありません。

新耐震基準で作られたマンションであることを証明する書類を用意しておき、買主に提示できるようにしておくと良いでしょう。

部屋が広くて間取りに余裕がある

30年前に建てられたマンションは、現在建てられているマンションよりも部屋が広くて間取りに余裕がある傾向にあります。

新築で広いマンションを買おうと思うとどうしても値段が高くなってしまうので、手が届かない買主が多く、中古マンションを求める人は少なくありません。

管理実態が分かる

築30年のマンションは、どのような管理をしてきたかが目に見えて分かります。

きちんとメンテナンスされていたマンションは、築年数が経過していても見栄えはきれいです。

一方でメンテナンスがされていないマンションは、築10年でもヒビが入っていたり、塗装が剥げていたりと見た目が良くありません。

築30年でもきれいなマンションは管理がしっかりとされているということが分かるので、管理実態が分からない築浅物件よりも良いと感じる買主もいます。

築30年のマンションは賃貸に出さないほうが良い

築30年のマンションは賃貸に出さないほうが良い

買ってくれる人を探すよりも賃貸に出して借主を探すほうが簡単そうだからと、築30年のマンションを賃貸に出す人もいますが、あまり賢明な判断ではありません。

築年数が経過すればするほど買主からマイナスイメージを持たれてしまうため、いざ処分したいときに売れなくなるからです。

また借主がきれいに住んでくれるとは限らず、せっかく大切に住んでいたマンションが汚れて帰ってくる可能性があります。

賃貸に出す前だったら売却できたにもかかわらず、賃貸に出したことによって売却できない物件になってしまえば元も子もありません。

築30年のマンションは空室リスクや設備不良が起こる確率も高いので、賃貸よりも売却のほうが良いでしょう。

管理人からの一言「築30年のマンションも戦略次第で高く売却できる」

一般的に売れづらいとされている築30年のマンションも、戦略次第で高く売却することができます。

どんな物件でも値段を下げれば売れると言われていますが、大切な資産が買い叩かれるのは気分が良いものではないはずです。

この記事を参考に戦略を立てていただき、高値売却できるよう頑張って下さい。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。