中古マンションを築10年で売却して良いのか、まだ住んだほうが良いのか、迷っている人も多いと思います。

結論から言いますと、築10年はマンションの売却適齢期です。

築10年のマンションは中古物件の中でも人気が高く、場合によっては購入したときと同額、あるいは購入金額以上の値段で売れることもあります。

キャラ

この記事では「築10年のマンションのニーズが高い理由」から「築10年のマンションを売却する3つのポイント」について紹介しています。

築10年のマンションはニーズが高い

築10年の画像

築10年のマンションは買主からのニーズが高いため、売りに出せばすぐに売却できる可能性があります。

築年数10年のマンションが人気なのは、以下の理由からです。

きれいな物件が多い

築浅マンションのニーズが高い理由は、見た目がきれいな物件が多く、瑕疵のリスクが少ないということが挙げられます。

本当は新築を買いたい買主が予算の関係上、中古マンションを検討する場合も多く、そういう人は築浅物件の中から優先的に探します。

築10年のマンションは新築が買えなくて中古物件に流れてきた人も購入者候補になるので、買主の母数が多いということです。

住宅ローン控除が使える

住宅ローン控除が築年数25年までしか適用されないことも、築10年のマンションが人気な理由の一つです。

住宅ローン控除は購入してから10年間まで適用できるので、多くの人は築15年以下のマンションを購入して最大限、控除を受けたいと考えます。

そのため築10年前後のマンションを探している人が多く、最もニーズが高い時期といえます。

築10年のマンションを売却する3つのポイント

築10年のマンションを売却する3つのポイント

築10年のマンションを売却するポイントは、以下の3つです。

  • 売却を決めたら早く行動する
  • 大規模修繕の予定を確認する
  • 売り出し価格は慎重に決める

売却を決めたら早く行動する

築10年のマンションの売却を検討したら、とにかく早く行動に移すことをおすすめします。

なぜなら築10年と築11年では、買主の母数が違うからです。

大手ポータルサイトを見るとわかりますが、条件を絞って物件を検索するとき、築年数は「5年以下、10年以下、15年以下…」と分かれています。

圧倒的に10年で検索する人が多いのですが、実際には築10年と築11年で物件にそこまで差はありません。

しかし築11年になってしまうと、築10年以下の物件を検討している人の目に入らなくなってしまいます。

大規模修繕の予定を確認する

だいたいどのマンションも、築10年を目安に大規模修繕がおこなわれます。

直近で大規模修繕の予定があるのであれば、終わってから売却したほうが高く売れる可能性があります。

マンションの見た目がよくなるのはもちろん、管理がしっかりしていることをアピールできるという意味でも有効です。

大規模修繕は今まで支払ってきた修繕積立金でおこなうため、どうせなら修繕後、物件価値が高くなってから売却したほうが賢明でしょう。

売り出し価格は慎重に決める

築10年のマンションの売り出し価格は、慎重に決める必要があります。

立地が良い場合などは購入時から値下がりしていないケースがあり、購入金額と同じ、あるいはそれ以上の額で売却できるかもしれないからです。

購入時から値下がりしていることを前提に売り出し価格を決めてしまうと、損をしてしまう可能性がありますので、売り出し価格はしっかりと情報を集めたうえで慎重に設定することをおすすめします。

売り出し価格の設定方法について詳しく知りたい人は、「マンションの売り出し価格の決め方!成約価格との差をなくすために」の記事も合わせてご覧ください。

築年数10年を目安に売却したほうが良い理由

築年数10年を目安に売却したほうが良い理由

マンションを売却するタイミングは、築10年を目安にするのが良いと言われています。

築10年というタイミングは高値売却できる確率の高さ、買い手のつきやすさから、一般的には相反する関係にあるといわれている「高く、早く」が実現可能な時期だからです。

管理費・修繕積立金が安い

管理組合に支払う管理費と修繕積立金が15年を目処に増額されるケースが多く、16年目から倍になったという事例も少なくありません。

修繕積立金や管理費はマンションを売却しても戻ってこないお金なので、高い管理費を払うことになる前に売ったほうがお得です。

管理費や修繕積立金は住んでいる間ずっと支払うお金なので、いくらなのか気になる買主も多く、高いと敬遠されてしまいます。

管理費が増額される前、築10年を目安に売却するのが賢明です。

築11年になると買主の母数が減る

上述でも説明しましたが、築11年になると買主の母数が減るというデメリットがあります。

築10年以下という条件で物件を探す買主が多く、築年数が1年増えるだけで物件を見てもらえる人数が減ってしまいます。

築10年のときに売りに出したほうが多くの人の目に入るため、売却を決めたらなるべく早く行動に移すことをおすすめします。

築10年のマンションの値下がり率は?

築10年のマンションの値下がり率は?

築10年のマンションの値下がり率は、だいたい20〜30%です。

ただし売却物件が所在する地域や交通利便性、管理状態から値下がり率は異なります。

中には購入した時と同額、あるいは購入金額以上の値段で売れるケースもあります。

特に立地が良い物件はほとんど値下がりしないケースが多いため、「買ったときから20%安くするのが妥当だろう」と安易に金額を決めてはいけません。

必ず売却する前にマンションの相場を把握し、適切な価格設定をしましょう。

マンションの相場価格の調べ方については、「【相場価格の調べ方】マンションを売却する前に平均値を知って一番高く売る」の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

築10年のマンションにリフォームは不要

築10年のマンションにリフォームは不要

築10年のマンションは、売却前にリフォームする必要はありません。

ただし水回りや暖房機器の設備点検は必須で、もしも壊れている箇所があれば修補しておきましょう。

買主がリフォームを考えているケースも多いので、修補せずにそのぶん値下げするという方法もあります。

手元にお金がない場合は、無理に修補せず値下げという手段のほうが良いかもしれません。

ハウスクリーニングはおすすめ

築10年のマンションにリフォームは不要ですが、掃除やハウスクリーニングで部屋をきれいにして、印象を良くすることは大切です。

築10年のマンションでしたら、プロに掃除を依頼するハウスクリーニングを利用すれば、新築同様にしてもらえるのでおすすめです。

いくら築浅マンションでも清潔感がないと買主に与える印象が悪く、内覧件数は多いのになかなか売却が決まらないという状態に陥りかねません。

キッチンやお風呂など、買主の目につきやすい部分だけでもハウスクリーニングを利用すると良いでしょう。

管理人からの一言「築10年のマンションはニーズが高い」

築10年のマンションはニーズが高いので、売却を決めたらなるべく早く行動することをおすすめします。

どのような流れでマンション売却を進めていけば良いのか知りたい人は、下記の記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

マンション売却の流れや売る時に失敗しないための注意点を解説!

マンションの売却の流れや気をつけるポイントなど簡単ステップで解説しています。初めてマンションを売るときに知っておきたい注意点や少しでも高く売るコツを、管理人の体験談も踏まえて分かりやすく解説します。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。

イエウールで簡単査定(無料)してみる