マンションの画像

自宅や土地の価値が知りたければ、不動産査定書を手に入れる必要があります。

とはいえ、「どこに相談すれば入手できるの?」「費用はいくらかかる?」など、わからないことも多いと思います。

売却したい人や遺産相続、財産分与が必要になった人など、理由はそれぞれあると思いますが、査定書の入手方法は変わりません。

キャラ

この記事では、「査定書の入手方法」から「査定書の見方」について解説していきます。

不動産査定書とは?

不動産査定書とは、その名の通り、不動産の査定結果を書面にしたものです。

不動産会社が作成する書類を指すケースがほとんどですが、不動産鑑定士が作成する不動産鑑定評価書も、不動産査定書と呼ばれるケースがあります。

以下からは、不動産会社が作成するものを「査定書」、不動産鑑定士が作成するものを「鑑定評価書」と呼び分けていきます。

それぞれ何が違うのか、どちらを入手すれば良いのかについては後述で詳しく解説していきます。

不動産査定書を入手する3つの方法

査定書の画像

まず不動産査定書と呼ばれる書類は、以下の3つの方法により入手できます。

  • 不動産会社に相談する
  • 不動産鑑定士に相談する
  • 自分で作成する

3つ目に「自分で作成する」と挙げましたが、実際のところ、おすすめはしません。

所有する不動産を自分で査定する場合、どうしても有利になるような偏った見方をしてしまい、適切な価格を算出できないからです。

また法的効力を一切持たないため、公的な手続きに利用できないというデメリットもあります。

不動産会社に作成してもらう方法なら費用もかかりませんので、自分で作成したところで、節約になるというわけでもありません。

専用のフリーソフトがあれば簡単かもしれませんが、一般人向けに作られたものはないというのが実情です。

不動産査定ソフトを取得する方法は?無料で使えるソフトはある?

不動産査定ソフトを入手する方法は?無料で使えるソフトはある?フリーソフトや、国土交通省が提供する価格査定マニュアルについて紹介しています。自宅の売却は、物件の価値を知ることから始めます。どうやって調べれば良いのか把握しておきましょう。

5,392view

雛形のダウンロードから始まり、売却事例の選択、細かい計算などの手間を考えると、不動産会社に査定してもらうのが一番でしょう。

後述で詳しく解説しますが、鑑定評価書は作成依頼にお金がかかりますので、どうしても必要なとき以外は利用しません。

無料で作成してもらいたい人は不動産会社に相談しよう

マンションがいくらで売れるか知りたい、という人は無料で作成してもらえる不動産会社に作成依頼しましょう。

正確にいうと、家の査定を依頼することで査定書を作ってもらえます。

査定依頼は、不動産一括査定サイトを利用すると簡単なのでおすすめです。

【不動産一括査定サイトとは】

不動産一括査定サイトの説明図

インターネット上から査定依頼でき、簡単に査定書を受け取ることができる

わざわざ事務所に行かなくていいので、時間がない人や、勧誘されたくない人にぴったりのサービスです。

不動産一括査定サイトでの一番人気は「イエウール」なのですが、人気の秘密は、評判の良い不動産会社のみに提携を限定しているという点にあります。

時々、不動産会社の悪行がニュースになりますが、そのような会社は最初から排除されているので安心です。

正確性が求められる場面では「不動産鑑定評価書」のほうがよいケースもある

土地の画像

場合によっては、査定書よりも不動産鑑定評価書のほうが適切であるケースもあります。

鑑定評価書のほうが良いケースは、以下のとおりです。

  • 相続税の申告をする
  • 遺産分割をする
  • 離婚によって財産分与する

このような厳正な手続きをおこなう場合には、不動産鑑定士に作成依頼し、鑑定評価書を入手したほうが良いでしょう。

マンションを不動産鑑定士に査定してもらうケース|無料査定との違い

マンションを不動産鑑定士に査定してもらうのはどんな時か、不動産会社による無料査定との違いは何か、鑑定にかかる費用はいくらかについて解説しています。自宅マンションの売却で鑑定士を利用する必要はなく、お金がもったいないので注意してください。

6,098view

とはいえ、話し合う相手が不動産査定書で納得できるのであれば、わざわざお金をかける必要はありません。

相続税評価額を調べたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションの相続税評価額の調べ方と計算方法について徹底解説!

この記事では、マンションの相続税評価額の調べ方と計算方法について紹介しています。分譲マンションの固定資産税評価額を把握するためには、固定資産評価証明書と課税明細書の見方を知る必要があります。実勢価格についても解説していますので、参考にしてください。

12,593view

査定書とは作成方法が違う!評価書が有料である理由

なぜ利用する場面によって、査定書と評価書を使い分けたほうが良いのか、疑問に感じる人もいると思います。

この2種類は、作成する目的が違うため、査定も異なるやり方をしています。

査定書と評価書の違い

作成の目的 ルール
査定書 仲介業務の一環として 特になし
評価書 法的根拠のある書類として 不動産鑑定評価基準という法律に則って

不動産会社による査定は、仲介業務の一環としておこなっており、過去の売却事例をもとに価格を算出します。

売却事例の選び方や査定額の算出方法に特別なルールはないため、不動産会社によって査定額にバラつきがあるのが特徴です。

一方で、不動産鑑定士は査定に関して国家資格を保有しており、「不動産鑑定評価基準」という法律に則って査定額を算出します。

不動産鑑定評価書は法的根拠のある書類として、裁判所などで証拠資料として扱われる精度の高いものになります。

しっかりとルールに則って作成された不動産鑑定評価書のほうが良さそう、と思われる人も多いかもしれません。

しかし上述したように、不動産鑑定評価書を作成してもらうのには費用がかかります。

仲介業務の一環として査定書を作成している不動産会社とは違い、鑑定士は評価書を作成することを仕事にしているからです。

不動産鑑定評価書の作成にかかる費用は15〜40万円

不動産鑑定評価書の作成には、15〜40万円ほどかかります。

そのため「いくらで売れるか知りたい」という場合なら、不動産会社の査定書(見積書)で十分です。

むしろ不動産を売却するときには、査定書のほうが適切といえます。

不動産会社が提示する査定額は、市場の状況を熟知したうえで出された金額だからです。

不動産鑑定士による査定は、法律に則っているため保守的な金額であるケースが多く、市場の相場よりも安い傾向にあります。

しかし不動産は同じものは一つもない商品であり、たった一人、物件を気に入ってくれる人が現れれば良いのですから、保守的な金額にするべきではありません。

法的根拠のある書類が必要なとき以外は、不動産鑑定評価書ではなく、査定書を入手しましょう。

不動産査定書がほしい人はこちら→https://ieul.jp/

不動産査定書を作成してもらうときに必要なもの

不動産査定書を作成してもらうまでに、以下の書類を用意しておくとスムーズです。

  • 物件の地図
  • 建物の面積などが分かる書類
  • 建物の間取りが分かる書類
  • 登記簿謄本
  • リフォームの有無が分かる書類

物件の所在する地域の状況や面積、間取りなどは不動産会社が調べてくれるため、絶対に必要なわけではありませんが、提示すれば早く査定書を受け取ることができます。

また現在は、物件情報のみで簡易的に査定する「机上査定」という方法があります。

机上査定であれば、これらの書類は必要ありません。

インターネット上で所在地などの基本情報を入力するだけで、査定書を作ってもらうことができます。

上述でも紹介しているイエウールは、机上査定で人気のサイトです。

詳しくは、下記の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

イエウールの机上査定が便利すぎると評判に!しつこい電話を回避しよう

一括査定サイトのイエウールは「怪しい」や「しつこい営業電話があって最悪」という評判がありますが、本当なのか管理人が実際に見積もりを依頼して検証しました。利用する際の注意点についても紹介していますので、確認しておくことで高値売却が可能になります。

10,233view

不動産査定書は見方が難しい?記載事項についてわかりやすく解説

いざ不動産査定書を入手しても、「見方がわからない」という人も少なくありません。

会社によって記載事項は少しずつ異なりますが、業界で決められたマニュアルがありますので、だいたい似たような内容になっています。

ここでは、管理人が作成していた査定書をもとに解説していきます。

  1. 表紙
  2. 物件の概要
  3. 周辺地図・事例位置図
  4. 過去の売却事例および対象物件との比較表
  5. 対象物件の価格水準・個別条件
  6. 査定額および売却のスケジュール
  7. 媒介契約の案内
  8. 都道府県別価格推移グラフ
  9. 対象物件の登記簿謄本
  10. 周辺環境に関するまとめ(最寄駅やコンビニ・スーパーまでの距離など)
  11. 土地に関するまとめ(地震や津波などの危険度など)
  12. 統計に関するまとめ(人口推移や犯罪発生率など)

査定書には、いくらで売れるかだけでなく、なぜその金額になったのかが分かる資料とセットになっていることがほとんどです。

一般の人が難しいと感じてしまう要因になっていると思いますが、査定額の根拠となる資料がない会社は信頼性が低いので気をつけて下さい。

査定額についてずばり書いてあるページが必ずありますので、金額だけわかれば良いという人はそのページを参考にしましょう。

管理人からの一言「査定書は不動産会社に相談すれば入手できる」

不動産査定書について解説しましたが、結局のところ、入手したければ不動産会社に相談しましょうということです。

不動産一括査定サイトを経由すれば、わざわざ事務所に出向く必要がなく、査定の目的についても聞かれることがないので煩わしさがありません。

管理人自身、何度も利用したうえでおすすめしていますので、安心してください。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。