「不動産の価値が知りたい」という人は、不動産査定書を入手する必要があります。

とはいえ、「どこに相談すればいいの?」「費用はいくらかかるの?」など、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

不動産を売却することになった人や遺産相続、財産分与など、不動産査定書が欲しい理由はそれぞれだと思いますが、入手する方法さえ分かれば作成するのは難しくありません。

キャラ

この記事では、「そもそも査定書とはどんなものなのか」から「不動産査定書を入手する方法」について解説していきます。

不動産査定書とは?鑑定評価書との違いは?

不動産査定書の画像

不動産査定書とは、その名の通り、不動産の査定結果を書面にしたものです。

不動産査定書は一般に、不動産会社が作成する書類を指しますが、不動産鑑定士が作成する「不動産鑑定評価書」も、不動産査定書と呼ばれるケースがあります。

査定書を入手する目的によって、不動産会社による査定書か、鑑定士による鑑定評価書どちらを入手したほうが良いか異なりますので、まずはそれぞれの違いについて理解しましょう。

不動産会社と鑑定士が作成する査定書の違い

不動産会社が作成する査定書と、鑑定士が作成する鑑定評価書の大きな違いは、査定方法にあります。

不動産会社による査定は、仲介業務の一環としておこなっており、過去の売却事例をもとに価格を算出します。

売却事例の選び方や査定額の算出方法に特別なルールはないため、不動産会社によって査定額にバラつきがあるのが特徴です。

一方で、不動産鑑定士は査定に関して国家資格を保有しており、「不動産鑑定評価基準」という法律に則って査定額を算出します。

不動産鑑定評価書は、法的根拠のある書類として、裁判所などで証拠資料として扱われる精度の高いものになります。

「不動産鑑定士による根拠のある査定のほうが良さそう」と思われる人も多いかもしれません。

しかし不動産鑑定士に査定書を作成してもらうのには、15〜40万円の手数料がかかりますし、不動産会社による査定で十分なケースがほとんどです。

鑑定評価書が必要なケースはどんなとき?

鑑定評価書が必要になるケースは、以下のとおりです。

  • 相続税の申告をする場合
  • 遺産分割をする場合
  • 離婚によって財産分与する場合

相続税の申告などの厳正な手続きの際には、鑑定士による鑑定評価書のほうが適切でしょう。

逆に言えば上記以外の場合は、不動産会社に作成してもらう査定書で問題ありません。

むしろ不動産を売却するときには、不動産会社の査定方法で算出した査定額のほうが適切といえます。

不動産会社が提示する査定額は、市場の状況を熟知したうえで出された金額だからです。

不動産鑑定士による査定は、法律に則っているため保守的な金額の場合が多く、市場の相場よりも安い傾向にあります。

しかし不動産は同じものは一つもない商品であり、たった一人、物件を気に入ってくれる人が現れれば良いのですから、保守的な金額を設定する必要はありません。

不動産鑑定士による査定について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

マンションを不動産鑑定士に査定してもらうケース|無料査定との違い

マンションを不動産鑑定士に査定してもらうのはどんな時か、不動産会社による無料査定との違いは何か、鑑定にかかる費用はいくらかについて解説しています。自宅マンションの売却で鑑定士を利用する必要はなく、お金がもったいないので注意してください。

不動産査定書を入手する方法

不動産査定書を入手する方法

不動産査定書を入手する方法は、以下のとおりです。

  • 不動産会社に相談する
  • 不動産鑑定士に相談する
  • 自分で作成する

不動産会社と鑑定士に相談する方法については、上述で説明したとおりです。

売主の状況や作成する目的に合わせて、どちらに相談したほうが良いか判断してください。

また不動産査定書は、自分で作成することもできます。

しかし自分で作成した査定書は法的効力を一切持たないため、公的な手続きに利用することはできません。

所有する不動産を自分で査定する場合、どうしても有利になるような偏った見方をしてしまい、適切な価格を算出できないという落とし穴もありますので注意してください。

自分で作成するのは難しい

不動産査定書を自分で作成するのは難しいため、不動産会社に相談して作成してもらったほうが良いでしょう。

費用をかけたくないという理由から自分で作成する人も多いですが、不動産会社に査定書を作成してもらうのに費用はかかりません。

ただし不動産会社は仲介業務の一環として査定書の作成をおこなっているため、査定書を入手したいだけの場合、対応してもらえないことがあるという点には注意してください。

不動産会社に査定してもらう前に、自分でだいたいの相場を把握するために作成しておきたい人は、インターネットで調べるといくつか雛形が出てきますので、ダウンロードして利用すると効率的です。

しかし売却事例を探し出したり、計算する手間を考えると、最初から不動産会社に作成してもらったほうが良いと思います。

査定額の正確さに不安がある場合であっても、何社かに査定依頼して見積もりを集めれば、素人でも物件の適正価格を見極められるようになります。

不動産査定書を無料で作成してもらいたい人は不動産会社に相談しよう

不動産査定書を無料で作成する方法

不動産査定書を無料で作成してもらいたい人は、不動産会社に相談してください。

その際、不動産一括査定サイトを利用すると、効率的に査定してもらうことができるのでおすすめです。

一括査定サイトを利用するのがおすすめ

不動産一括査定サイトとは、ネット上で物件情報を入力するだけで、複数社にまとめて査定依頼できる便利ツールで、利用者が急増したことによって注目を集めているサービスです。

わざわざ一社一社まわって査定依頼しなくても良いので、時間がない人でも、簡単に複数社の査定書を集めることができます。

またイエウールのような大手一括査定サイトは、優秀な不動産会社とのみ提携しているため、悪質な不動産会社に仲介依頼して失敗する心配がないというメリットもあります。

初心者は、イエウールのように悪質な不動産会社が排除されている、安心安全な一括査定サイトを利用することをおすすめします。

「近所にあるから」「大手だから」という理由だけで仲介依頼する不動産会社を決めてしまうと、不動産売却を失敗させかねませんので、必ず複数社比べてから売却依頼する会社を選びましょう。

不動産査定書を作成してもらうときに必要なものは?

不動産査定書の作成に必要なものは?

不動産査定書を作成してもらうときに必要なものは、以下のとおりです。

  • 物件の地図
  • 建物の面積などが分かる書類
  • 建物の間取りが分かる書類
  • 登記簿謄本
  • リフォームの有無が分かる書類

物件の所在する地域の状況や面積、間取りなどは不動産会社が調べてくれる場合もあるため、絶対に必要なわけではありませんが、提示すれば早く査定書を受け取ることができます。

また現在では、物件情報のみで簡易的に査定する机上査定という方法がありますが、査定書を作成してもらいたいのであれば、物件を直接見て価格をつけてもらう訪問査定のほうが良いでしょう。

管理人からの一言「不動産査定書は不動産会社に相談すれば受け取れる」

不動産査定書は、不動産会社に相談して作成してもらうことをおすすめします。

一括査定サイトを経由して査定依頼すれば、わざわざ事務所に出向く必要がなく、査定の目的について詳しく聞かれることもありません。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。