不動産売却中、定期的に不動産業者から「営業活動報告書」を受け取ります。

営業活動報告書は、不動産業者がどのような販売活動をおこなったか、買主からどんな反響があったかなどが記載されている重要な書類です。

書類の内容を見れば、不動産業者の熱心さや誠実さ、営業スキルなどをチェックすることもできます。

不動産業者から営業活動報告書を受け取ったら、内容を確認するのはもちろんですが、しっかりと売却活動に生かすことが大切です。

キャラ

この記事では、「営業活動報告書の記載内容とチェックポイント」や「営業活動報告書をどのように販売活動に反映させるか」について紹介していきますので参考にしてください。

不動産業者による営業活動報告書(業務処理状況報告書)の提出は義務

営業活動報告書の画像

不動産業者は媒介契約を結んだ売主に対して、定期的に営業活動報告書を提出することが義務付けられています。

メールやFAX、または電話で報告を受ける場合もありますが、活動内容や買主からの反響をしっかりと把握し、売却活動に生かすためには、書面で受け取ることをおすすめします。

営業活動報告書はマンション売却が完全に終わるまですべて保管しておき、活動内容が最初から最後まで分かるようにしておきましょう。

媒介契約ごとの業務報告書提出ペース

不動産会社から営業活動報告書を受け取れる頻度は、契約形態によって異なります。

売主と専属専任媒介契約を結んだ不動産会社は1週間に1回以上、専任媒介契約では2週間に1回以上の頻度で、販売活動の経過を報告しなければいけません。

一般媒介契約の場合、不動産会社に法令上の義務はありませんが、売主は任意で報告を求めることができます。

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の義務なし

義務付けられたペースに関係なく頻繁に活動報告してくれる不動産会社は、誠実で熱意があるといえるでしょう。

上記のペースで報告してくれない不動産会社は、最低限やるべき仕事さえできていないことになりますので、販売活動の内容も期待できないでしょう。

毎回、代わり映えのない活動報告をしてくる不動産会社も、良い不動産会社とはいえません。

専任媒介の報告義務に違反する不動産会社は見切りをつける

専任媒介や専属専任媒介を結んでいる不動産会社が報告義務に違反する場合、早い段階で見切りをつけて業者を変更しましょう。

不動産会社が契約内容に違反しているのですから、契約期間が満了していなくてもペナルティなしで契約解除できます。

誠実ではない不動産会社に大切な資産である不動産の売却を任せておくべきではありませんので、活動報告がなく、不信感を抱いたのであれば速やかに新しい不動産会社を探し始めてください。

良質な不動産会社を見つけるためには、不動産一括査定サイトを利用すると良いと思います。

不動産一括査定サイトはネット上で1回、物件情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定依頼できるサービスで、複数社を比較することで優秀な不動産会社を見分けられる目を養えます。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

不動産業者から受け取る営業活動報告書のチェックポイント

活動報告書のチェックポイント

営業活動報告書は、マンション売却における重要な情報が記載された資料です。

記載内容は不動産会社によって異なりますが、チェックポイントは以下のとおりになります。

  • どのような販売活動をおこなったか
  • 問い合わせが何件あったか
  • 何件の内覧があったか
  • 内覧者の感想や手応えの有無

もしも問い合わせや内覧が少ないのであれば、それに対してどのような対策が必要なのかまで説明してもらいましょう。

ただ報告を受けるだけでなく、自宅マンションが置かれている状況を踏まえたうえで、どうするべきか担当者としっかり話し合うことが大切です。

不動産業者からの営業活動報告書をもとに販売活動を見直そう

営業報告書をもとに販売活動を見直す

一定期間経ってもなかなか買主が現れない場合には、活動報告書をもとに販売活動を見直しましょう。

営業活動報告書は売却できない原因を分析し、今後の販売活動をより良いものにするのに役立ちます。

問い合わせや内覧件数が少ない

問い合わせや内覧件数が少ない場合に考えられる原因と対策法は、以下の通りです。

問い合わせ・内覧件数が少ない原因

  • 相場より値段が高い
  • 広告活動が十分でない
  • レインズが魅力的でない

問い合わせ・内覧件数が少ないときの対策法

  • 値段を下げる
  • 広告範囲を広げてもらう
  • レインズを作り直してもらう

内覧はあるのに成約しない

内覧はあるのに成約しない場合に考えられる原因と対策法は、以下の通りです。

内覧はあるのに成約しない原因

  • 物件のメリットが買主に伝わっていない
  • 好印象を与えるための準備を怠っている
  • 修繕したほうがよい箇所がある

内覧はあるのに成約しないときの対策法

  • 物件の良さをアピールする
  • 物件を片付ける
  • 壊れている設備などを修繕する

販売活動に不満があるなら不動産業者を変更する

販売活動に不満があるなら不動産業者を変更する

活動報告書は販売活動の進捗を把握するだけでなく、不動産業者の良否を判断するための書類でもあります。

不動産会社の販売活動に納得がいかない場合、不動産業者の変更を検討しましょう。

熱心さや誠実さが感じられなかったり、売主の希望を無視したりする不動産業者は、良いパートナーとはいえません。

素人が最初から不動産会社の良し悪しを見極めるのは難しいと思われるかもしれませんが、複数社を比較することで、良い不動産会社とそうでない不動産会社がわかってくると思います。

不動産会社選びで失敗しないためには、不動産会社の比較が必須であるということです。

上記でも述べたとおり、不動産会社を比較するためには不動産一括査定サイトを利用すると良いでしょう。

初心者には、厳しい審査によって優秀な不動産会社のみと提携しているイエウールがおすすめです。

イエウールは悪質な不動産会社が排除されているため、無知な売主を騙そうとする不動産会社に引っかかるリスクがありません。

イエウールで簡単査定(公式サイト)はこちら

管理人からの一言「営業活動報告書を軽視してはいけない」

不動産会社から受け取る営業活動報告書を、重要視していない売主も少なくないようです。

しかし営業活動報告書は販売活動、また不動産会社の良否を判断するための重要な書類になります。

しっかりと記載内容を確認し、販売活動に生かしましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。

イエウールで簡単査定(無料)してみる