4LDKのマンションを売却し始めたものの、なかなか売れなくて困っているという人が多く見受けられます。

マンションが売れ残ってしまうのには様々な要因が考えられますが、需要の少ない間取りであることも売れない原因の一つです。

これから4LDKのマンションを売却する人は、売れ残ってしまわないか不安に思われるのではないでしょうか。

なかなか売れないときには、なぜ売れないのか、どうすれば売れるようになるのかを的確に分析する必要があります。

キャラ

この記事では、「4LDKのマンションが売れない理由」から「4LDKマンションの売却相場と需要」「4LDKのマンションを売るときのポイント」について紹介していきますので、参考にしてください。

4LDKのマンションが売れないのはなぜ?

4LDKのマンションが売れないのはなぜ?

4LDKのマンションが売れない最大の原因は、価格が高いというところにあります。

2LDKや3LDKのマンションと比べて広さがあるため、値段が高くなるのは当然ですが、そのぶん需要は減ってしまいます。

マンションを購入する人の多くは夫婦2人と子供2人の4人世帯で、4部屋あれば1人1部屋ずつ割振ることができます。

しかし実際のところ夫婦の寝室で1部屋、子供部屋で2部屋の合計3部屋あれば良いと考える人がほとんどです。

あるいは子供が同性であれば子供部屋は1部屋、夫婦の寝室と夫の仕事部屋で合計3部屋というパターンもあります。

子供が巣立ってしまえば夫婦2人になるため4部屋は多すぎると考える人や、値段の高さから4LDKのマンションを買いたくても買えないという人も少なくありません。

買い手が価格を重要視するということは、国土交通省の下記の調査結果からも分かります。

国土交通省の調査結果

買主は購入金額をある程度決めてから物件を探すため、価格が高い4LDKのマンションは買主の目につかず、スルーされてしまいます。

4LDKマンションの売却相場

4LDKマンションの売却相場

4LDKマンションの売却相場は、以下のとおりです。

単価(万円/㎡) 74.5万円
成約価格 6,705万円

上記の価格はあくまでも目安であり、実際には築年数や駅までの距離、管理状態などによって価格は大きく異なります。

自宅マンションの価値がいくらか知りたい人は、不動産会社に見積もりを出してもらいましょう。

その際、必ず複数の不動産会社の見積もりを集め、適切な売却価格を見極めることが大切になります。

不動産会社が提示する査定額には担当者の主観が大きく影響しているため、不動産会社によって査定額にズレが生じます。

一社の見積もりを鵜呑みにすると、高く売却できたかもしれないチャンスを逃すことになりますので注意してください。

不動産一括査定サイトを利用すれば簡単に複数社に査定依頼できる

不動産一括査定サイトを利用すればネット上で一度、物件情報を入力するだけで、複数社にまとめて査定依頼できるのでおすすめです。

一社一社に訪問、あるいは電話で査定依頼すると、何回も同じ質問に答えたり、勧誘を断ったりする労力がかかってしまいます。

効率が悪いうえに、悪徳業社に騙されるリスクが高くなりますので、優秀な会社だけをピックアップして紹介してくれる不動産一括査定サイトを利用したほうが賢明です。

不動産一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説

不動産一括査定サイト8社を徹底比較しました。この記事では、初心者も安心して利用できる査定サイトの紹介から一括査定のメリット・デメリット、利用する際の注意点まで解説しています。売却不動産に適した一括査定サイトを見つけることで、高く売ることができます。

4LDKのマンションを売るときのポイント

4LDKのマンションを売るときのポイント

4LDKのマンションを売却するときのポイントは、以下のとおりです。

  • 収納スペースの広さをアピールする
  • 部屋割りを教える
  • 優秀な不動産会社に仲介依頼する

収納スペースの広さをアピールする

4LDKのマンションを購入する人は、収納スペースの広さも重要視する傾向にあります。

どんなに部屋が広くても収納スペースが少なければ、後から家具を置いて収納するスペースを確保しなければならず、結果的に部屋が狭くなってしまうからです。

最近では、狭い収納スペースをいかに活用するかということがクローズアップされていますが、もともと収納スペースが広いに越したことはありません。

クローゼットはもちろん、キッチンやお風呂の収納スペースなど、内覧時にはすべて見せられるようにしておき、収納スペースが広い物件であることをアピールしましょう。

部屋割りを教える

どのような部屋割りで暮らしているかを教えることで、買主が購入後のイメージをしやすくなります。

たとえば仕事部屋に憧れを持っていたとしても、値段の高さから妻に反対され、我慢する人も少なくありません。

しかし実際に仕事部屋を見ることで購入意欲が刺激され、妻を説得して仕事部屋を確保しようとする人が出てきます。

マンションを購入した後の生活が具体的に想像できればできるほど、買主の購入意欲は刺激されるため、購入後のイメージができるようなことを積極的に伝えましょう。

優秀な不動産会社に仲介依頼する

マンション売却が成功するかどうかは、不動産会社の力次第といっても過言ではありません。

4LDKのマンションは競争率が低いため、購入希望者を見つけてくることができればスムーズに手続きが進むケースも少なくないからです。

初めての不動産売却で優秀な不動産会社を見極めろ、と言われても難しいと感じる人がほとんどだと思いますが、上述で紹介した不動産一括査定サイトを利用すれば、確実に優秀な不動産会社と出会えます。

実際に、不動産一括査定サイトを利用したことによって優秀な不動産会社に出会い、マンション売却を成功させられたという人は数多くいます。

不動産一括査定サイトのイエウールは、無料で利用でき、利用したからといって売却依頼しないといけないという制限もありません。

本当に優秀な不動産会社と出会えるかは利用してみれば分かりますし、もしも相性の合う不動産会社に出会えなくても複数社の不動産会社を比較できたことは、必ずマンション売却の成功につながるはずです。

4LDKのマンションの需要は?誰をターゲットにして売るのが正解?

4LDKのマンションの需要は?

4LDKのマンションの需要は、以下のとおりです。

  • 広い物件を探している人
  • 1人1部屋欲しい人

4LDKのマンションを購入する人は、値段が高くても部屋数で妥協したくない人です。

多くの人は、仕事部屋や1人部屋が欲しいと思っても、値段の高さから諦めます。

「どうしても仕事部屋が欲しい」「夫婦のプライベートを守るために部屋を別々にすることは譲れない」など、値段が高くても広い家を買いたいという強い気持ちがある人しか、4LDKマンションを購入しないということです。

仕事部屋があるから子供がいても邪魔されない、夫婦別々の部屋があるから1人の時間を作れる、など部屋数が多いことでどんなメリットがあるのかを具体的にアピールすれば、購入意欲を刺激できるでしょう。

物件数が少ないから競争率は低い

4LDKのマンションは3LDKの物件に比べて需要が少ないため、あまり造られていません。

そのためターゲット設定を的確におこなえば、売れ残ってしまうことはないでしょう。

3LDKのマンションと迷いながら内覧に来る人も少なくありませんので、4LDKの良さをしっかりとアピールし、印象付けると良いと思います。

3LDKと4LDKどっちが売りやすい間取り?

3LDKと4LDKのマンションでは、3LDKのマンションのほうが売りやすいと言えます。

上述したとおり、多くの人は3部屋あれば良いと考えるからです。

分譲マンションのほとんどが3LDKであるということからも、3LDKの需要が高いことが分かるでしょう。

ただし見方を変えれば、4LDKのマンションは数が少ないためライバル物件が少ないと捉えることができます。

確かに万人受けする物件のほうが売れやすいかもしれませんが、物件を気に入ってくれる人は一人いれば良いのです。

マンション売却を成功させるのに3LDKのほうが人気で、4LDKは万人受けしないということは関係ありません。

4LDKが原因で売れないとは限らない

4LDKが原因で売れないとは限らない

マンションの間取りが4LDKだから売れない、と決めつけてはいけません。

4LDKだから売れ残っていると決めつけてしまうと、値下げをするか、3LDKに変更するリフォームをおこなうしか対策法が見つからなくなってしまいます。

値下げは最終手段ですし、4LDKのマンションはもともと資産価値が高いため、売れ残ってしまったとしても費用をかけてリフォームする必要はありません。

逆にリフォーム代が売却価格に上乗せされることで、さらに売れづらくなってしまいますので注意してください。

不動産会社の販売活動に問題はないか、内覧会で買主に良い印象を与えられているかなど、他に売れない原因がないかしっかりと吟味することが大切です。

売れない原因とその対策法について詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。

売れないマンションどうする?売るために見直す5つのポイント

売れないマンションどうする?この記事ではマンションが売れない理由と原因について紹介しています。処分や放棄、値下げをしてしまう前に、売れないマンションの特徴を知ることでどうすれば売却できるようになるのか分かります。

管理人からの一言「売却力のある不動産会社に仲介依頼すれば間取りに関係なく高額売却できる」

売却力のある不動産会社に仲介依頼すれば、間取りに関係なく高額売却できます。

売れづらいからといって低く見積もったり、他の売れやすい物件を優先するような不動産会社に仲介依頼しないように気をつけましょう。

イエウールで一括査定したら310万も高くなった

管理人がイエウールで自宅マンションを一括査定したところ、街の不動産会社より310万円も高い査定価格をだしてもらえました。

イエウールはクレームに厳しい会社なので、不動産業者からしつこい営業電話がかかってくることはありません。

物件情報を入力するだけの簡単手続きで、すぐに売却相場が分かる手軽さも好評です。